会社を辞める時に考えるべき唯一のことは何だろうか?

今働いている会社を辞めたいと考えている人は多いと思います。その時に考えるべき大切なことは何だろうか?

今回はこの件について紹介していく。

会社を辞める時に考えるべき唯一のこと

最初に書いておきますが、ここから書くことは転職の方法ではありません。あくまで会社を辞める時に考えるべきことの紹介です。

方法を知りたい方は、この後を読んでもあまり参考にはならないでしょう。

 

「会社を辞めたい人は何を考えているでしょうか?」

おそらくは今働いている会社の悪い点、もしくは不満点ばかりを考えていると思います。そしてそれは、その人にとっての真実なのでしょう。

 

「転職先の会社について何を考えているでしょうか?」

おそらくは今働いている会社の悪い点、もしくは不満点が解消された姿を想像していると思います。そしてそれは、その人にとっての真実なのでしょう。

 

その通りになる人がいるのは事実です。しかし多くの人は「こんなはずでは無かった」という結論に達するでしょう。

 

もし悪い点しか無い会社だとしたら現在まで続いていない。よほどのブラック企業でなければ、あくまで悪い点とは「あなたにとっての悪い点」となります。

 

ここで例を一つ考えてみます。

今の会社は「安定している」が「未来が無い」と不満を感じている。
転職先の会社もしくは独立した場合、「安定していない」が「可能性がある」と感じてる。

 

初めにも書きましたが、よくあるパターンとして、今の会社は不満点を、未来の会社は良い点を考えがちになる。

 

逆の言い方をすれば次になる。

今の会社は「未来は無い」が「安定している」
転職先の会社もしくは独立した場合、「可能性はある」が「安定していない」

同じ言葉なのに、全然イメージが変わってくる。

 

これはコップの水理論で知ってる人も多いだろう。

コップに水が半分入っていた場合、「まだ半分残っている」と考えるか、「もう半分しか残っていない」と考えるか。

事実は「コップに水が半分入っている」だが、真実は人によって異なるのだ。

 

ここまできて身も蓋も無いことを書くが、会社を辞めること、転職すること、独立することが成功するかなんて分からない。

何をもって成功なのか、何をもって失敗なのか、現実的な問題が解消するのかなど、そんなものは実際にやってみなければ分からない。

 

ここからが今回の主題だが、なら会社を辞める時に考えるべきことは何だろうか?

それは「結果がどうなろうと、後悔することはあるだろうか?」という結論となる。

 

私は高校卒業後、上場企業で働きましたが、25歳の時に退職しています。その後もたくさんの転職をしましたので、人から見れば失敗となるでしょう。

しかし私自身は失敗と考えたことはありません。なぜなら「初めの会社を辞めなければよかった」と後悔したことが一度も無いからです。

 

安定は無くなりました、苦労もしました。しかし「だからこそ今がある」と考えて、日々を過ごせています。

 

最後に繰り返しますが、会社を辞める時に「失敗しても後悔することは無い」と考えられたら、自信を持って次に進めるはずです。

逆に「失敗したら後悔する」とか「失敗するはずがない」と考えているなら、今の場所にいる方が幸せでしょう。

 

実際の転職先の決め方は別の記事に書いていますので、興味があったら読んで下さい。

→就職先を決める時に一番大切なこと

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

13_感想・紹介・思考
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました