コロナ禍の感染者数は倍以上に増えることを前提に計画しないといけない

2020年12月以降もコロナ禍の感染者数は増え続けている。個人的にはこれから2月ぐらい迄の間に2倍以上になる可能性は高いと予想している。

今回はこの件について考えていく。

コロナ禍の感染者数はまだまだ増える?

コロナ禍の感染者数増加で、医療崩壊を含むいろいろなことが言われている。そのため感染者数を減らすことばかりがアピールされている。

 

もちろん減らす努力をするのは当たり前だが、現実問題としてまだまだ増える可能性の方が高いと予想する。
インフルエンザのピークと重ね合わせると、2月頃には今の倍になっていても特に驚かない。

 

今は「これ以上感染者数が増えれば医療崩壊だ」という所で止まっているが、考えるべきは「倍になっても医療崩壊しないにはどうすればいいか」ではないだろうか?

 

もちろん国や政府が積極的に動くのが好ましい。しかし現状を一番把握しているのは医療関係の人達だろう。

そのため医療関係の人は「このままでは医療崩壊」をアピールするだけでなく、具体的に「医療崩壊しないための方法」を提案しないといけない。

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

お金かもしれない。人員かもしれない。国民の医者や看護師に対する対応かもしれない。どれをどのようにすればいいのかは、医療関係の人達しか分からない。

 

お金の問題にしても、どのように配分すればいいのかは非常に難しい。

医院に対して一律に行えばいいのか?
コロナ禍患者の受け入れ数によって行えばいいのか?
赤字の医院に対して積極的に行えばいいのか?
期間はどの程度を目安にすればいいのだろうか?

さらに問題は医院に予算を配分しても、末端のメンバーまで行き渡るとは思えない。「医療関係者を助けろ」という声は多いが、具体的には難しいのが現実だろう。

 

「指定感染症」の分類を変えるという案をよく聞くが、この決断をするのは限りない困難と責任がつきまとう。

これを行えば現状における医療現場の負担は減るだろう。しかし感染者数は増加傾向になる可能性が高い。
そうなると「どうなってるんだ!」と批判する人が増大するのが目に見えるようだ。

 

少し話は変わるが、分類変更は高速道路の最高速度問題に似ているように感じる。最高速度を100キロから120キロに変えれば、確実に全体の流れは良くなるだろう。

しかしこれによって事故が増える可能性は必ずしも否定できない。

「これで事故が増えたらどうするんだ!」
「死亡者数が増えても責任が負えるのか!」
「効率だけを求めて、人の命をないがしろにしてもいいのか!」

という感じの「人命最優先」的なコメントに反論するのは難しい。反論すると人格を否定されかねない。

 

多くの人の発言は正しい。しかしほとんどの人の発言は綺麗事だとも感じている。
ただ綺麗事=正論であることが多いため、お互いの妥協点が見つからず、ただ延々と不毛な議論が続いている。

 

結論として、コロナ禍に対する100点の方法は存在しない。60点でもいいので、出来る限りのより良き案を多くの人が選択することを望んでいる。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→コロナ禍による医療崩壊は本当に起きるのか? 数値面から考えてみる
→コロナ禍の発症者数について調べてみる

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

13_感想・紹介・思考
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました