インデックスファンドのドルコスト平均法は正しいのだろうか?

インデックスファンドの運用方法では「ドルコスト平均法」が推奨されていることが多い。では「ドルコスト平均法」が正解であり正しいのだろうか?

今回はこの件について考えていく。

ドルコスト平均法は正しいのか?

最初に結論を書いておくが、「ドルコスト平均法」が正しいか間違いかは分からない。

いきなり身も蓋もない結論だが、そうとしか言えないのが事実である。
また投資方法に正しいも間違いも存在しない。あるのは、結果として得をしたか損をしたかだけである。

 

「ドルコスト平均法」について細かい説明は省くが、簡単にメリットを言えば次になる。

経済は右肩上がりのため損失が出る時期はあっても、定額を定期的に購入していれば将来的にプラスになる。

上がるか下がるかを短期的に判断するのは困難のため、売買時期を考えても返って損失を出す可能性の方が高い。

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

「ドルコスト平均法」は最適解では無い。あくまで長期的に考えれば損失が出にくく、またプラスになりやすい方法であるに過ぎない。

 

当たり前だが、最適解は一番安いときに購入し、一番高い時に売ることを続けることである。これを繰り返すのが理想的なのは言うまでもない。

ただこれはプロでも困難のため、素人は考えない方が得をすることが多いのも、現状における事実といえるだろう。

 

ここまでの考え方から、「ドルコスト平均法」が方法として正しいかを論じるのは無意味である。

必要なのは、まず自分にとっての正解(求めるもの)が何かを知ることとなる。

 

現状で1000万円以上持っているのに、「ドルコスト平均法」が正しいと考えて毎月10万円ずつ購入することが正しいとは思えない。

もちろん間違いではないが、他に方法があるように考える。

 

いま現在(2020年12月11日)は、株価が以前よりも高値になっているため、上昇する可能性もあるが、下降する可能性も高いため、投資判断は難しい所だ。

 

これは余談だが、素人が「ドルコスト平均法」を実行するのは、プロにとって都合がよい。なぜなら、売らずに買うばかりなので上昇傾向になりやすく、また下降リスクが減るからだ。

そういう側面があることも覚えておきたい。

 

インデックスファンドにおける「ドルコスト平均法」を批判的に書いて来たが、分かりやすく失敗しにくい方法であることも事実である。

20年以上の長期視点に立てるなら、間違いなくおすすめの方法である。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

→お金の増やし方を教えてください(山崎元)
→ウォール街のランダム・ウォーカー
→敗者のゲーム(チャールズ・エリス)

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

13_感想・紹介・思考
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました