銀河英雄伝説ヤン・ウェンリーの名言まとめました

8巻 乱離篇

皇帝

「皇帝ラインハルトは、私と戦うことを欲しているらしいよ。その期待を裏切るような所業をしたら、彼は私を永久に赦さないだろうよ」

ラインハルトは敵を無くしたいのではない、前回直接対決で負けたヤンに勝ちたいのだ。
その点をヤンは正確に把握していたと言えるが、目的だけを達することを考えた冷徹な政治家でないことも露呈している。

スポンサーリンク

宿命

「運命というならまだしも、宿命というのは、じつに嫌なことばだね。二重の意味で人間を侮辱している。ひとつには、状況を分析する思考を停止させ、もうひとつには、人間の自由意志を価値の低いものとみなしてしまう。宿命の対決なんてないんだよ、ユリアン、どんな状況のなかにあっても結局は当人が選択したことだ」

ユリアンが「宿命」という言葉を使った時、ヤンが返したこと。
常に自分の選択であり、自分の責任と考えている。

味方

「半数が味方になってくれたら大したものさ」

ヤンが過去にユリアンに話したこと。ただ残念なことに、批判する声の方が大きい...

未熟

「いや、お前はべつに未熟じゃないよ。いわばまあ半熟だな」

未熟さを自覚しているユリアンが訪ねて来た時、ヤンが返したこと。
特別な意味はなく、気を紛らわしているだけ?

敵将

「さすがに疾風ウォルフだ。あの用兵は奇をてらわないが、凡将のよくするところではない」

敵将の動きに対して、賞賛しているヤン。
ただ敵は双璧のミッターマイヤーのため、当たり前といえば当たり前だが...

部下

「ああ、その指揮官は鉄壁ミュラーにちがいないよ。異名にふさわしく、主君を守ろうとしているのだ。彼を部下に持ったという一事だけで、皇帝ラインハルトの名は後世に伝えられるだろうな」

敵の行動から、指揮官を予想したヤンになる。まったく褒めるのは敵ばかり...

「つまりは、人は人にしたがうのであって、理念や制度にしたがうのではないということかな」

帝国軍のラインハルトと部下の関係について、ヤンが考えたこと。
制度と人のどちらが優先されるべきかは、永遠の課題かもしれない。

脳細胞

「脳細胞がミルク粥になってて、考えごとどころじゃない。とにかく、すこし寝ませてくれ」

長時間の戦闘の後、ヤンが話したこと。意味は良く分からないが、状況はよく分かる。

作戦

「作戦をたてるだけでは勝てない。それを完全に実行する能力が艦隊になくては、どうしようもない」

艦隊運用の名人であるフィッシャーが戦死したため、ヤンが今後の不安を語っている。
「知っている」のと「出来る」のは、まったく次元が違いますからね。

思想

「きらいな奴に好かれようとは思わない。理解したくない人に理解される必要もない」

ヤンの人に対する接し方になる。良く言えば「達観している」と言えるが...

戦略と戦術

「戦略は正しいから勝つのだが、戦術は勝つから正しいのだ。だから、まっとうな頭脳を持った軍人なら、戦術的勝利によって戦略的劣勢を挽回しようとは思わない。いや、正確には、そういった要素を計算に入れて戦争を始めたりはしないだろうよ」

ヤンの考える戦略と戦術の基本になる。
しかしヤン個人は、常に戦略的マイナスの立場から、戦術のみに特化していたが...

政治と経済

「戦術は戦略に従属し、戦略は政治に、政治は経済に従属するというわけさ」

ヤンの考える社会の流れになる。
そして経済は「人」に従属するため、全ての力は「人」が基本となる。

銀河英雄伝説 〈8〉 乱離篇 (創元SF文庫)
田中 芳樹
東京創元社
売り上げランキング: 15,325

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク