銀河英雄伝説ヤン・ウェンリーの名言まとめました

5巻 風雲篇

世のなか

「世のなかは、やってもだめなことばかり。どうせだめなら酒飲んで寝よか」

ヤンの鼻歌になる。ユリアンも今はいないので酒は飲み放題?

スポンサーリンク

上司

「持つべきものは話のわかる上司だね」
「くえない親父さんだ...給料分以上に働かせようっていうんだな」

ビュコック大将からの命令を受けたヤンが考えたこと。
「行動の自由」を与えられたのだが、同時に二つのことが頭をよぎった...

放棄

「...せっかく費用と人手をかけて要塞をつくりながら、他人にそれを奪われた帝国軍のほうが、よほど無念だっただろうね」

行動の自由を手に入れるため、イゼルローン要塞を放棄することを決定したヤン。
幕僚たちは悔しがるが、ヤンは物にこだわらない。

勝機

「ローエングラム公は独身だ。そこがこの際はねらいさ」

現在の帝国軍と同盟軍の戦力差は圧倒的であり、勝利は難しいと誰もが考えている。
しかしヤンは唯一の勝機として、この言葉を語るのだった。

政治権力

「私にとっては政治権力というやつは下水処理場のようなものさ。なければ社会上、困る。だが、そこにすみついた者には腐臭がこびりつく。近づきたくもないね」

ヤンが考えている政治権力になる。
今回もシェーンコップの煽動に対して、ヤンは軽く受け流す。

民主主義

「人類が火を発見してから100万年、近代民主主義が成立してから2000年たらずだ。結論を出すには早すぎると思う」

民主主義の欠点を話すシェーンコップに対して、ヤンが語ったこと。
またこの前に「誰も解答できないだろうね」とも言っている。制度が良くても運用が悪ければ意味がない。

ひっかけ

「目前の急務があるわけだから、まずそれをかたづけよう。夕食の用意ができてもいないのに、明日の朝食について論じてもはじまらない」
「相手はロイエンタールだ。帝国軍の双璧のひとりだ。ひっかけがいがあるというものさ」

イゼルローン要塞を放棄することは決めたが、ただでは返さない考えのヤン。
こういう時のヤンは少し楽しそうだ。

「戦略および戦術の最上なるものは、敵を喜ばせながら罠にかけることだろうね」

ヤンがユリアンに話した、敵を罠にかける方法になる。
誰も罠にかかりたいとは思わないのに、それでも詐欺に引っかるのはなぜですかね?

昇進

「返上するほど無欲にもなれないからもらっておくが、いまさら大してありがたくもないな。まあ、ビュコック提督のおすそわけと思うことにしようか」

同盟軍史上最年少の元帥に昇進したヤン。
しかし滅亡が目の前に迫っている状態での昇進に、何の感慨も浮かべなかった。

約束

「約束して勝てるものなら、いくらでも約束したいのですが...」

政治家から「勝つと約束」と言われた時、ヤンが返したこと。
こういう時は嘘でも約束する人は多いが、ヤンにはその感覚は存在しない。

心理学

「まあ戦略や戦術というより心理学の問題ですがね、こいつは」

帝国軍との戦いに対して、どのような戦略で臨むかを話しているヤン。
それは相手の心理を利用したものだった。

正論

「それは正論だ。だが、正しい認識から正しい行動が生み落とされるとはかぎらないからね」

正論とは正しい意見だが、誰もが正しいと感じるかは分からない。
そして正論を正しいと考える人は、それを否定する人が間違っていると考える...

ゆりかご

「ユリアン、吾々はチグリス・ユーフラテスのほとりにはじめて都市を築いた人々とくらべて、それほど精神的に豊かになったわけではない。だが、よしあしは別として、知識は増え、手足は伸びた。いまさら揺籠(ゆりかご)にもどることはできない」

現在広がっている「地球教」に対するヤンの考え方になる。
「聖地」的な考え方を持つと、人は普通ではいれなくなる...

民衆

「ユリアン、戦っている相手国の民衆なんてどうなってもいい、などという考えかただけはしないでくれ」

戦いに勝つことを優先しているユリアンに対して、ヤンが語ったこと。
結果として被害が出るとしても、初めから無視するのは違うことになる。

時間

「では二時間で敵を破り、一時間で逃げ出すとしようか」

敵の援軍が来ていたので、時間的距離を正確に聞いたヤンが決断したこと。
「敵が接近している」とか「挟撃の可能性」などという、曖昧な表現を嫌っている。

ユリアン

「お前にむけて閉ざすドアは私は持っていないよ。はいりなさい」

ラインハルトとの決戦の前、ユリアンが訪ねてきた時にヤンが話したこと。
いかなる時であっても、ギスギスした感じが表面に出ることはない。

大丈夫

「大丈夫だよ。無理するのは私の趣味じゃない。心配してくれてありがとう」

ユリアンからの提案を真摯に聞くヤンだったが、その案を採用することは無かった。
常に勝算を持って戦うのがヤンの流儀だが、今回は五分以上には持って行けなかった。

求婚

「...返事をまだしてもらってないんだが、どうなんだろう」
「ありがとう。何と言うか...何と言ったらいいのか...何と言うべきか...」

決戦の前、意を決して副官のフレデリカに求婚したヤン。
周りから見ると明らかだったが、ヤン本人は不安の塊であり、また不器用でもあった。

「あれは運がよかったのさ。それだけではないが、とにかく運がよかった」

帝国軍の艦隊に連勝したことに対して賞賛された時、ヤンが返したこと。
自分の実力は知っていても、自惚れることは無いヤンだった。

優劣

「...私は最悪の民主政治でも最良の専制政治にまさると思っている」

民主政治と専制政治について比較するヤン。
自国を「最悪」と言わないといけない所に、ヤンの苦しさが有る。

表現

「表現は正確にすることだ。ローエングラム公が何を考えているかということと、何をやっているかということ、この両者の間には一光年からの距離があるよ」

幕僚達が集まっている場所で、ユリアンが自分の意見を言おうとしたため、少し厳しい口調で対応するヤン。
公の場所では、ユリアンと言えど公私の別をつけている。

良将

「良将だな。よく判断し、よく戦い、よく主君を救う、か」

帝国軍のミュラーが戦列に参加したため、ヤンが評したことになる。
人物としての判断に敵味方の区別は付けないヤンだった。

停戦

「...うん、その策もあるね。だけど私のサイズにあった服じゃなさそうだ」

戦いはヤンが勝利を目前にしていたが、同盟政府より停戦命令が届いた。
その命令を無視すれば「独裁者」になることも可能だが、その全てを捨て後退するのだった。

謝罪

「他人がこんなことをしたら、あほうにちがいないと私も思うだろう。だけど、私は結局こんな生きかたしかできないんだ。かえって、私の好きな連中に迷惑をしいるとわかりきっているのになあ...」

戦いの後、ある決断をしたことをフレデリカに謝るヤン。
しかしフレデリカはその全てを受け入れる。

敵艦

「四万隻の敵艦にかこまれて紅茶を飲むのは、けっこう乙な気分だな」

各地に散っていた帝国軍艦隊が戻ってきたため、ヤンの周りは敵艦だらけになる。
しかしその状況も、受け入れている感じになっている。

出身

「私が帝国に生を享けていれば、閣下のお誘いを受けずとも、すすんで閣下の麾下にはせ参じていたことでしょう。ですが、私は帝国人とはちがう水を飲んで育ちました。飲みなれぬ水を飲むと身体をこわすおそれがあると聞きます」

ラインハルトとの会談において、部下として誘われたヤンが断った言葉になる。
人物ではなく、制度に重きを置いている。

否定

「失礼ですが、閣下のおっしゃりようは、火事の原因になるという理由で、火そのものを否定なさるもののように思われます」
「人民を害する権利は、人民自身にしかないからです」

民主主義に否定的な意見を話すラインハルトに対して、ヤンが反論したこと。
自分で失敗するのと、失敗する権利すら与えられないのでは、全然違いますからね。

銀河英雄伝説〈5〉風雲篇 (創元SF文庫)
田中 芳樹
東京創元社
売り上げランキング: 29,537

スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク