銀河英雄伝説ヤン・ウェンリーの名言まとめました

5巻 風雲篇

世のなか

「世のなかは、やってもだめなことばかり。どうせだめなら酒飲んで寝よか」

ヤンの鼻歌になる。ユリアンも今はいないので酒は飲み放題?

上司

「持つべきものは話のわかる上司だね」
「くえない親父さんだ...給料分以上に働かせようっていうんだな」

ビュコック大将からの命令を受けたヤンが考えたこと。
「行動の自由」を与えられたのだが、同時にもう一つの思惑が頭をよぎった。

放棄

「...せっかく費用と人手をかけて要塞をつくりながら、他人にそれを奪われた帝国軍のほうが、よほど無念だっただろうね」

行動の自由を手に入れるため、イゼルローン要塞を放棄することを決定したヤン。
幕僚たちは悔しがるが、ヤンは物にこだわらない。

勝機

「ローエングラム公は独身だ。そこがこの際はねらいさ」

現在の帝国軍と同盟軍の戦力差は圧倒的であり、勝利は難しいと誰もが考えている。
しかしヤンは唯一の勝機として、この言葉を語るのだった。

政治権力

「私にとっては政治権力というやつは下水処理場のようなものさ。なければ社会上、困る」
「だが、そこにすみついた者には腐臭がこびりつく。近づきたくもないね」

ヤンが考えている政治権力になる。
今回もシェーンコップの煽動に対して、ヤンは軽く受け流す。

民主主義

「人類が火を発見してから100万年、近代民主主義が成立してから2000年たらずだ」
「結論を出すには早すぎると思う」

民主主義の欠点を話すシェーンコップに対して、ヤンが語ったこと。
またこの前に「誰も解答できないだろうね」とも言っている。
制度が良くても運用が悪ければ意味がない。

スポンサーリンク

ひっかけ

「目前の急務があるわけだから、まずそれをかたづけよう」
「夕食の用意ができてもいないのに、明日の朝食について論じてもはじまらない」
「相手はロイエンタールだ。帝国軍の双璧のひとりだ。ひっかけがいがあるというものさ」

イゼルローン要塞を放棄することは決めたが、ただでは返さない考えのヤン。
こういう時のヤンは少し楽しそうだ。

「戦略および戦術の最上なるものは、敵を喜ばせながら罠にかけることだろうね」

ヤンがユリアンに話した、敵を罠にかける方法になる。
誰も罠にかかりたいとは思わないのに、それでも詐欺に引っかるのはなぜですかね?

昇進

「返上するほど無欲にもなれないからもらっておくが、いまさら大してありがたくもないな」
「まあ、ビュコック提督のおすそわけと思うことにしようか」

同盟軍史上最年少の元帥に昇進したヤン。
しかし滅亡が目の前に迫っている状態での昇進に、何の感慨も浮かべなかった。

約束

「約束して勝てるものなら、いくらでも約束したいのですが...」

政治家から「勝つと約束して欲しい」と言われた時、ヤンが返したこと。
こういう時は嘘でも約束する人は多いが、ヤンにその感覚は存在しない。

心理学

「まあ戦略や戦術というより心理学の問題ですがね、こいつは」

帝国軍との戦いに対して、どのような戦略で臨むかを話しているヤン。
それは相手の心理を利用したものだった。

正論

「それは正論だ。だが、正しい認識から正しい行動が生み落とされるとはかぎらないからね」

正論とは正しい意見だが、誰もが正しいと感じるかは分からない。
そして正論を正しいと考える人は、それを否定する人が間違っていると考える。

ゆりかご

「ユリアン、吾々はチグリス・ユーフラテスのほとりにはじめて都市を築いた人々とくらべて、それほど精神的に豊かになったわけではない」
「だが、よしあしは別として、知識は増え、手足は伸びた」
「いまさら揺籠(ゆりかご)にもどることはできない」

現在広がっている「地球教」に対するヤンの考え方になる。
「聖地」的な考え方を持つと、人は普通ではいれなくなる。

民衆

「ユリアン、戦っている相手国の民衆なんてどうなってもいい、などという考えかただけはしないでくれ」

戦いに勝つことを優先しているユリアンに対して、ヤンが語ったこと。
結果として被害が出るとしても、初めから無視するのは違うことになる。

時間

「では二時間で敵を破り、一時間で逃げ出すとしようか」

敵の援軍が来ていたので、時間的距離を正確に聞いたヤンが決断したこと。
「敵が接近している」とか「挟撃の可能性」などという、曖昧な表現を嫌っている。

ユリアン

「お前にむけて閉ざすドアは私は持っていないよ。はいりなさい」

ラインハルトとの決戦の前、ユリアンが訪ねてきた時にヤンが話したこと。
いかなる時であっても、ギスギスした感じが表面に出ることはない。

大丈夫

「大丈夫だよ。無理するのは私の趣味じゃない。心配してくれてありがとう」

ユリアンからの提案を真摯に聞くヤンだったが、その案を採用することは無かった。
常に勝算を持って戦うのがヤンの流儀だが、今回は五分以上には持って行けなかった。

求婚

「...返事をまだしてもらってないんだが、どうなんだろう」
「ありがとう。何と言うか...何と言ったらいいのか...何と言うべきか...」

決戦の前、意を決して副官のフレデリカに求婚したヤン。
周りから見ると明らかだったが、ヤン本人は不安の塊であり、また不器用でもあった。

「あれは運がよかったのさ。それだけではないが、とにかく運がよかった」

帝国軍の艦隊に連勝したことに対して賞賛された時、ヤンが返したこと。
自分の実力は知っていても、自惚れることは無かった。

優劣

「...私は最悪の民主政治でも最良の専制政治にまさると思っている」

民主政治と専制政治について比較するヤン。
自国を「最悪」と言わないといけない所に、ヤンの苦しさがある。

表現

「表現は正確にすることだ。ローエングラム公が何を考えているかということと、何をやっているかということ、この両者の間には一光年からの距離があるよ」

幕僚達が集まっている場所で、ユリアンが自分の意見を言おうとしたため、少し厳しい口調で対応するヤン。
公の場所では、ユリアンと言えど公私の別をつけている。

良将

「良将だな。よく判断し、よく戦い、よく主君を救う、か」

帝国軍のミュラーが戦列に参加したため、ヤンが評したことになる。
人物としての判断に敵味方の区別は付けないヤンだった。

停戦

「...うん、その策もあるね。だけど私のサイズにあった服じゃなさそうだ」

戦いはヤンが勝利を目前にしていたが、同盟政府より停戦命令が届いた。
その命令を無視すれば「独裁者」になることも可能だが、その全てを捨て後退するのだった。

謝罪

「他人がこんなことをしたら、あほうにちがいないと私も思うだろう」
「だけど、私は結局こんな生きかたしかできないんだ」
「かえって、私の好きな連中に迷惑をしいるとわかりきっているのになあ...」

戦いの後、ある決断をしたことをフレデリカに謝るヤン。
しかしフレデリカはその全てを受け入れる。

敵艦

「四万隻の敵艦にかこまれて紅茶を飲むのは、けっこう乙な気分だな」

各地に散っていた帝国軍艦隊が戻ってきたため、ヤンの周りは敵艦だらけになる。
しかしその状況も、受け入れている感じになっている。

出身

「私が帝国に生を享けていれば、閣下のお誘いを受けずとも、すすんで閣下の麾下にはせ参じていたことでしょう」
「ですが、私は帝国人とはちがう水を飲んで育ちました」
「飲みなれぬ水を飲むと身体をこわすおそれがあると聞きます」

ラインハルトとの会談において、部下として誘われたヤンが断った言葉になる。
人物ではなく、制度に重きを置いている。

否定

「失礼ですが、閣下のおっしゃりようは、火事の原因になるという理由で、火そのものを否定なさるもののように思われます」
「人民を害する権利は、人民自身にしかないからです」

民主主義に否定的な意見を話すラインハルトに対して、ヤンが反論したこと。
自分で失敗するのと、失敗する権利すら与えられないのでは、全然違いますからね。

スポンサーリンク

6巻 飛翔篇

仕事

「仕事をせずに金銭をもらうと思えば忸怩たるものがある」
「しかし、もはや人殺しをせずに金銭がもらえると考えれば、むしろ人間としての正しいありかたを回復しえたと言うべきで、あるいはけっこうめでたいことかもしれぬ」

ヤンが退役後に書いたと思われるメモになる。
仕事をしないでいられる収入源を得たいが、それが一番難しいですね。

給料

「ああ、気にしないでください、大佐、誰しも給料に対しては相応の忠誠心をしめさなくてはなりませんからね。私もそうでした」
「あれは紙でなくじつは鎖でできていて人をしばるのですよ」

ヤンが自分を監視している帝国軍の大佐に話したこと。
本心だが、専制国家の軍人には伝わりにくい?

規律

「レンネンカンプという人は規律の信徒であるらしい」
「規律に反するものは善でも認めないし、規律どおりであれば悪でも肯定するんだろう」
「嫌いじゃない、気にくわないだけだ」

自由惑星同盟を実質的に監視している帝国のレンネンカンプについて、ヤンが評したこと。
「気にくわない」に全てが含まれていますね。

堕落

「吾々は敵の堕落を歓迎し、それどころか促進すらしなくてはならない」
「情けない話じゃないか。政治とか軍事とかが悪魔の管轄に属することだとよくわかるよ」
「で、それを見て神は楽しむんだろうな」

常駐している帝国軍に対して、ヤンが考えていること。
争いを無くすには規律正しい帝国軍が好ましいが、取り返すには堕落した帝国軍が好ましい。
まったく自由を求めるには、争いを必要とするのだろうか?

労働

「これ以上、働いてたまるか。私は頭を使った。身体はべつの誰かに使ってほしいね」

これからの展望や方策を、提案し推し進めるヤン。
しかし実際の行動の全ては、別の人が行っていた。

信念

「信念とは、あやまちや愚行を正当化するための化粧であるにすぎない」
「化粧が厚いほど、その下の顔はみにくい」
「信念のために人を殺すのは、金銭のために人を殺すより下等なことである」
「なぜなら、金銭は万人に共通の価値を有するが、信念の価値は当人にしか通用しないからである」

信念について、ヤンの考え方になる。信念に限らず、「正しさ」や「正義」も同じですね。

「ほしいと思うのは、身体がそれを求めているからだ」
「だからほしいものをすなおに食べたり飲んだりするのが、いちばん健康にいいんだよ」

食に対するヤンの考え方だが、これは明らかに言い訳ですね。
「身体に悪いものほど美味しい」とは、よく言われることで。

冗談?

「世のなかには達眼の士がいるものだ。ちゃんとわかっている」
「そのとおり、私はなまけ心で寝ているのじゃなくて、人類の未来に思いをはせているのだ」

ヤンの行動にあらゆる意味を求めている人に対して、ヤンが同調している。
もちろんこの後には、ユリアンの逆襲が待っている。

戦争

「戦争の90%までは、後世の人々があきれるような愚かな理由でおこった」
「残る10%は、当時の人々でさえあきれるような、より愚かな理由でおこった...」

戦争の理由について、ヤンの考え方になる。
戦争の理由など、ほとんどが作られたものですからね。

連行

「心配しなくてもいいよ。何の罪やら見当もつかないが、まさか裁判なしで死刑にもしないだろう」
「ここは民主主義国家だ。すくなくとも政治家たちはそう言っている」

突然理由も分からず連行されるヤンが話したこと。
理想と現実は、なかなか噛み合わない。

風聞

「ほう、もしかして私は何らの証拠もなく、風聞によって逮捕されたのですか」

尋問を受けるヤンは、「自身の風聞」について聞かされる。
たとえそれが事実であろうと、風聞で逮捕するのは恐ろしいことである。

「法にしたがうのは市民として当然のことだ」
「だが、国家が自らさだめた法に背いて個人の権利を侵そうとしたとき、それに盲従するのは市民としてはむしろ罪悪だ」
「なぜなら民主国家の市民には、国家の侵す犯罪や誤謬に対して異議を申したて、批判し、抵抗する権利と義務があるからだよ」

法に対するヤンの考え方になる。
個人的には「国家のために個人が犠牲になるのは間違っている」と解釈している。

救援

「生命のさしいれ、ありがとう」

拘束されていたヤンのピンチを救ったフレデリカに対して、ヤンが話したこと。
自分の生命が危険にさらされていても、感情の起伏があまり変わらないヤンだった。

超過勤務

「超過勤務、ご苦労さま」

同じく救援に駆けつけたシェーンコップに対して、ヤンが話したこと。
この言葉が出るところがヤンらしい?

エゴイズム

「だとすると、私もエゴイズムの使徒になるしかありませんね」
「必要とあれば私の属していた国家を、二束三文で帝国に売りわたすかもしれませんよ」

同盟の元首を拘束し、自分たちの意志を伝えているヤン。
その気になれば、この程度の駆け引きは行えるヤンだった。

新婚生活

「二ヶ月、たった二ヶ月!」
「予定どおりならあと五年は働かないで生活できるはずだったのになあ...」

予想以上に自体が急変し、穏やかな新婚生活は幕を降ろした。
これからは激動の時間が始まる。

7巻 怒濤篇

歴史

「宇宙はひとつの劇場であり、歴史は作者なき戯曲である」

ヤンが書きたかった歴史書の、一部分の言葉になる。
この言葉より、ヤンが自分すら客観的に見ていたのが分かる。

最高指導者

「最高指導者は文民でなくてはならない。軍人が支配する民主共和制など存在しない」
「私が指導者なんかになってはいけないんだ」

ヤンが考える指導者の立場になる。しかしこれは難しい問題だ。
多くの民衆が軍人を最高指導者に選んだら、それはどうなるのだろうか?

任命

「さあてね、両手に贈物をかかえたところにナイフを突き出されたら、よけようがないからね」

同盟が高位を持ってヤンの帰還を願った時、どうするかをヤンが考えたこと。
高位や贈物を提示されるほど、怖いものは無い。

帰還

「イゼルローンに帰るか...」

ヤンの勢力は現在、拠点もなく明確な予定も立たない状態になっている。
その全てを達成するためにイゼルローンへの帰還を考えているが、現在は敵が占拠している。
「帰るか」というのは、絶対の自信から来ているのだろうか?

価値

「鷹と雀では視点がちがう」
「金貨の一枚は、億万長者にとってとるにたりないが、貧乏人には生死にかかわるさ」

ローエングラム公がイゼルローン回廊を軽視していたことに対する、ヤンの見解になる。
もちろん上下ではなく違いを示している。

スポンサーリンク

未来

「...だが、いずれ必ず枯れるからといって、種をまかずにいれば草もはえようがない」
「どうせ空腹になるからといって、食事をしないわけにもいかない」

ヤンのこれから行おうとしている行為が、未来につながるかを懸念するボリス・コーネフに対して、ヤンが語ったこと。
意味や必要性ばかりにこだわると、本当に必要な時には無くなっている。

低能

「何が智将だ。私は救いがたい低能だ」

ある訃報を聞いた時、ヤンが叫んだこと。
自分の限界を知っているヤンだが、今回は許せなかった。

命令書

「それでは彼らは自分自身の処刑命令書にサインしたことになる」
「皇帝ラインハルトは彼らの醜行をけっして赦さないだろうよ」

軍人の一部が元首を暗殺し帝国に降伏した時、ヤンが話したこと。
いつの世でも同じことは行われるが、上手くいくこともあるので繰り返されるのだろう。

テロリズム

「陰謀やテロリズムでは、結局のところ歴史の流れを逆行させることはできない」
「だが、停滞させることはできる」
「地球教にせよ、アドリアン・ルビンスキーにせよ、そんなことをさせるわけにはいかない」

陰謀やテロがいかに無意味かを、ユリアンに話すヤン。
しかし個人にとっては意味があることが多いのも、問題の一つになる。

軍人

「ユリアン、吾々は軍人だ。そして民主共和政体とは、しばしば銃口から生まれる」
「軍事力は民主政治を産み落としながら、その功績を誇ることは許されない」
「それは不公正なことではない」
「なぜなら民主主義とは力を持った者の自制にこそ真髄があるからだ」
「強者の自制を法律と機構によって制度化したのが民主主義なのだ」
「そして軍隊が自制しなければ、誰にも自制の必要などない」

民主主義と軍隊の関係について、ユリアンに話しているヤン。
軍事力は必要だが、軍事力を持つものは軍事力を使う決断をしてはいけない。

8巻 乱離篇

皇帝

「皇帝ラインハルトは、私と戦うことを欲しているらしいよ」
「その期待を裏切るような所業をしたら、彼は私を永久に赦さないだろうよ」

ラインハルトは敵を無くしたいのではない、前回直接対決で負けたヤンに勝ちたいのだ。
その点をヤンは正確に把握していたと言えるが、目的だけを達することを考えた冷徹な政治家でないことも露呈している。

宿命

「運命というならまだしも、宿命というのは、じつに嫌なことばだね」
「二重の意味で人間を侮辱している」
「ひとつには、状況を分析する思考を停止させ、もうひとつには、人間の自由意志を価値の低いものとみなしてしまう」
「宿命の対決なんてないんだよ、ユリアン、どんな状況のなかにあっても結局は当人が選択したことだ」

ユリアンが「宿命」という言葉を使った時、ヤンが返したこと。
常に自分の選択であり、自分の責任と考えている。

味方

「半数が味方になってくれたら大したものさ」

ヤンが過去にユリアンに話したこと。ただ残念なことに、批判する声の方が大きい。

未熟

「いや、お前はべつに未熟じゃないよ。いわばまあ半熟だな」

未熟さを自覚しているユリアンが訪ねて来た時、ヤンが返したこと。
特別な意味はなく、気を紛らわしているだけ?

敵将

「さすがに疾風ウォルフだ。あの用兵は奇をてらわないが、凡将のよくするところではない」

敵将の動きに対して、賞賛しているヤン。
ただ敵は双璧のミッターマイヤーのため、当たり前といえば当たり前だが。

部下

「ああ、その指揮官は鉄壁ミュラーにちがいないよ」
「異名にふさわしく、主君を守ろうとしているのだ」
「彼を部下に持ったという一事だけで、皇帝ラインハルトの名は後世に伝えられるだろうな」

敵の行動から、指揮官を予想したヤンになる。まったく褒めるのは敵ばかり。

「つまりは、人は人にしたがうのであって、理念や制度にしたがうのではないということかな」

帝国軍のラインハルトと部下の関係について、ヤンが考えたこと。
制度と人のどちらが優先されるべきかは、永遠の課題かもしれない。

脳細胞

「脳細胞がミルク粥になってて、考えごとどころじゃない。とにかく、すこし寝ませてくれ」

長時間の戦闘の後、ヤンが話したこと。意味は良く分からないが、状況はよく分かる。

作戦

「作戦をたてるだけでは勝てない」
「それを完全に実行する能力が艦隊になくては、どうしようもない」

艦隊運用の名人であるフィッシャーが戦死したため、ヤンが今後の不安を語っている。
「知っている」のと「出来る」のは、まったく次元が違いますからね。

思想

「きらいな奴に好かれようとは思わない。理解したくない人に理解される必要もない」

ヤンの人に対する接し方になる。良く言えば「達観している」と言えるが。

戦略と戦術

「戦略は正しいから勝つのだが、戦術は勝つから正しいのだ」
「だから、まっとうな頭脳を持った軍人なら、戦術的勝利によって戦略的劣勢を挽回しようとは思わない」
「いや、正確には、そういった要素を計算に入れて戦争を始めたりはしないだろうよ」

ヤンの考える戦略と戦術の基本になる。
しかしヤン個人は常に戦略的マイナスの立場から、戦術のみに特化していたが。

政治と経済

「戦術は戦略に従属し、戦略は政治に、政治は経済に従属するというわけさ」

ヤンの考える社会の流れになる。
そして経済は「人」に従属するため、全ての力は「人」が基本となる。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
銀河英雄伝説全15巻BOXセット (創元SF文庫)

→「銀河英雄伝説」の名言まとめました

→インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク