シャーロック・ホームズの名言まとめました

回想のシャーロック・ホームズ(2/2)

スポンサーリンク

海軍条約事件

「警察というところは、事実を集めるという点では、なかなか有能ですから」
「ただあいにく、集めたそれを有効に使いこなせるとは、必ずしも言いきれない」

ホームズによる警察評になる。相変わらず辛辣ですね。

「疑っていますよ、ぼく自身を」
「あまりにも早く結論に到達してしまったことについて、です」

依頼人から疑っている人を聞かれた時、ホームズが返したこと。
ホームズ本人は事実を話しているだけだが、言われている方はイラッとするかも?

「およそ犯罪のうちでももっとも追求の困難なのは、無目的な犯罪だ」
「だが、今度のこれは、けっして無目的じゃない」

無目的の犯罪の解決が難しいことを語るホームズ。
「なぜ?」が分からないと判断が難しい。

「ひとつの可能性というだけだよ」
「ただしその可能性をまったく排除してしまうわけにもいかない」

可能性は低いがゼロではない点をワトスンに語るホームズ。
事実ではなく感情で排除してしまうと論理的とは言えない。

「なに、ほんのかすり傷だ──しかもぼく自身のどじで、自業自得さ」

少しケガをした状態で帰ってきたホームズ。自分の失敗は意外と隠さない。

「こんなやりかたでいきなり持ちだすのは、ちょっと悪戯が過ぎましたか」
「しかし、このワトスンならよく知ってますが、ぼくはなにかにつけて、芝居がかったおまけをつけずにはいられない性分でね」

ある悪戯を実行したホームズ。相手が驚く姿が、何より好きなホームズだった。

「この事件でなによりむずかしかったのは、あまりにも証拠がありすぎるということでした」
「そのため、肝心な点が、がらくた同然の筋ちがいなものに埋もれ、隠されてしまっている」
「示された多くの事実のうちから、われわれはまず本質的と思えるものを抜き出し、しかるのちにそれをつなぎあわせて、ひとつながりの筋の通ったものに再構築する必要があった」
「そして再構築した結果がこの、じつに驚くべき出来事の連鎖だったわけです」

証拠が多すぎることによって、返って混乱していたことを話すホームズ。
「情報は多ければいい」と考えている人への、警鐘とも言えますね。

最期の事件

「いいかいワトスン、きみはぼくという人間をよく知ってるから、ぼくが神経質な男なんかじゃぜんぜんないことぐらい承知してるだろう」
「だが反面、危険が身に迫っているのに、それを顧みないというのは、勇気じゃなくて蛮勇、ただの愚か者にすぎない」

何かを恐れているように見えるため、ワトスンが聞いた時にホームズが返したこと。
何を達成しても、自分が害されたら意味ないですからね。

「その男はロンドンをわがもの顔に支配しているのに彼のことを聞いたことのあるものは、だれひとりいない」
「彼を犯罪界における最高峰たらしめているのは、まさにその点なのさ」
「ぼくはね、ワトスン、あの男を打ち負かし、社会から排除することができたら、そのときこそがわが職業生活の頂点となるだろうし、以後は安んじてもうすこし平穏な生活にひきこもれる、そう思ってもいるんだ」

宿命のライバルとも言える、モリアーティー教授のことを話すホームズ。
その存在を驚異と感じているのと同じぐらい、倒すべき敵として認めている。

「ねえワトスン、これまでの双方の沈黙の闘いをもし詳細に書き綴ることができたら、それこそ探偵術の歴史上最高の、丁々発止の名勝負物語になっていたはずだよ」

モリアーティー教授との闘いについて、ワトスンに語るホームズ。
自分自身にとっても、最高に楽しい時間なのかもしれない。

「あのねえワトスン、あの男はぼくと知的に同水準にある、そう言っただろう」
「その意味がまだよくわかっていないようだな」
「かりにぼくが追う側だったら、この程度の障害であきらめてしまうなんて、きみだってまさか思やしないだろう?」
「それじゃあんまりあいつを見くびりすぎてるというもんだ」

モリアーティー教授の追跡から、必死で逃れているホームズが語ったこと。
認めているがゆえに、それの驚異も理解していた。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク