稲盛和夫の名言まとめました

稲盛和夫の名言を作品別にまとめていきます。

掲載作品
「実践アメーバ経営」「活きる力」

実践アメーバ経営

経営の目的

私にとって経営の目的とは、すべての社員の幸せを追求することである。

稲森さんの基本となる考え方。
よく経営の目的に「社会貢献」を挙げる経営者がいる。
しかしそれは手段であって目的ではない。
やはり会社や経営の基本は、利益を上げて社員を含めて還元することである。

人生や仕事

人生・仕事の結果は、「考え方」「熱意」「能力」の掛け算である。

正しい考え方ですが、少し昔風のイメージです。
昔風が正しくて今風が間違いとは考えていない。
またその逆もしかり。
少しひっかかるのが「熱意」の部分。昔と今では熱意の方向性が違うように感じる。
あくまで違うだけなのだが、上手く理解してもらえない。

育成

アメーバ経営の目的のひとつは、一般従業員を、経営者意識を持った共同経営者に育成していくことである。

アメーバ経営は組織を細分化し、それぞれ独立して採算を行う。
そのためアメーバ単位のリーダーは、小さな経営者となる。
言い方を変えれば、経営者的な感覚を持たないとリーダーになれない。
実践を持って育成していくことになる。

方向性

アメーバ経営を実践するにあたり、経営者と従業員が同じ考え方や哲学を共有することが欠かせない。

小さな組織単位が、それぞれの方向性を向けば収集がつかなくなる。
アメーバ経営は細かくて把握しやすくなるが、制御が難しいといえる。
そのため他の企業では、この方式を採用するのが難しい。
もし採用するなら、経営者と従業員の方向性を合わせないといけない。

スポンサーリンク

知識

皆さんは知識をたくさん持っていたかもしれませんが、人間として正しいことを追求するという最も基本的な考え方さえ身につけていなかった。

経営再建を依頼されていた日本航空の幹部に対して、稲森さんが語ったこと。
言い方を間違えれば、かなり相手を怒らす発言です。
実績のある稲森さんだからこそ言えること。
知っているけどプライドのせいなのか、やらない人は多い。
理由を聞いたら、細かい理屈を付けて反論してきそうな感じ。
ただ経営が上手くいっていない事実から認めるしかないですけどね。

限界

これが限界だといってあきらめるのではなく、すべての社員がそれぞれの現場で「売上最大、経費最小」の努力を積み重ねていけば、企業は長期にわたって高収益を実現することができるのである。

これを読んで「我が社にも」という感じで、社員に号令を掛ける経営者がいるかもしれない。
その件について、はっきり断言できることある。
「確実に失敗する!」
これを成功させるには、社員への強制では絶対に出来ない。
社員が考えたいと思うような環境を整えることで、始めてスタート出来ること。
世の中には環境も整えずに、無理ばかり言う経営者が多すぎる。

組織づくり

アメーバの組織づくりの要諦は「まず機能ありき」である。

これは非常に大切なことだが、疎かにされることが多い。
多くの企業は組織を決めた後、何をやるかを考える。
しかし本来は何をやるかを決めた後、必要な組織を考えるべき。
機能のために組織を作るのである。
組織のための組織を作るから、日本では無駄な人員ばかりになる。

過ち

人は、魔が差したとしかいいようのない過ちをおかすことがある。

これは凡ミスなどのことではない。ノルマや目標がある場合、誤魔化す件についてである。
そのためダブルチェックをして、誤魔化すことが出来ない体制の必要性を訴えている。
人は「信用している」という言葉を使用して、放置することがある。
それは双方にとって決して好ましいことではない。

スポンサーリンク

数字

数字は、採算管理に活用されてこそ意味を持つ。

よく数字に表して、まとめることがある。
そして膨大な数字を保管していることだろう。しかし活用できているだろうか?
よく数字をまとめて満足し、実際の経営には活かされていないことが多い。
数字も活用方法を決めた後、まとめたいものである。

経営者の器

会社は経営者の器より大きくならない。

反論のしようがない事実ですね。
正確には経営者の器より大きくなった会社は潰れていく。

周囲の目

行動が変われば、それを見る周囲の目も変わる。

自分の行動が変われば、周りの反応が変わる。
反応が変われば、さらに自分に自信を持つことが出来る。
そうすると更に反応が変わってくる。
結局全ては自分の行動に掛かっている。
もちろんマイナスの行動をすれば、逆の変化が起こっていく。

継続

経営の原点を忘れ、一度アメーバ経営の仕組みをつくりあげたら後は現場の社員たちがやる気になって働いてくれるだろうと勘違いしていると、アメーバ経営はいつの間にか形骸化してしまう。

どのような組織やシステムでも、メンテナンスは欠かせない。
小さいうちなら対応も出来る。しかし問題が大きくなると制御が効かなくなる。
作り上げるより継続させることの方が困難である。

活きる力

若者へ

若い人たちをして、意識的に奮い立たせるような機会をつくることもまた、今後は社会全体で考えていかなければならないことではないでしょうか。

若い人は満たされた現状のため、チャレンジする気持ちが薄れていると感じている。
そのため「社会として対策を!」となるが、ここに矛盾した難しさがある。
「満たされている現状でチャレンジは難しい」
それでは「満たされない状況にするのか?」となる。
意識的に逆境を作るのは難しい。逆境は仕方なく出来るもの。
また意識的に逆境を作れば、歪も生まれる。
言うのは簡単だが、実行はかなり困難である。

始まり

人間の行動は、まず心に「思う」ことから始まるわけです。

非常に当たり前のこと。それでいながら非常に意味深い。
また別の表現として、「思いつき」とも書かれている。
発明の全ては、思いつきがあってこそ出来たもの。
「思いが無ければ始まらない!」

手入れ

利他的な心を発揮するには、「手入れ」が欠かせない。

まず前提として、人の心には「利己」と「利他」がある。
利己とは、「自分だけ良ければいい」という考え方。
利他とは、「他の人を助けたい」という考え方。
これは人によって分かれているのではなく、すべての人が両方持っている、と書かれている。
あるとすれば比率が違うぐらい。
人はワガママなもの。すぐ利己的な考え方が生まれてくる。
そのために利他的な考え方が多くなるように、「手入れ」は欠かせない。
本心ではない善なる行動を「偽善」と呼ぶ。
個人的には、悪意のない偽善は正しい行動と考えている。

心の持ち方

何か新しいこと、困難なことに取り組むときほど、少しでも「これは難しいな」と思ったら、絶対に事は成就しません。
他のことは何も考えないで、自分はこうしたいという一点に「思い」を定めて、ひたむきに思い続けなさい。
それも気高く強い心、つまり純粋で美しい心で、一直線に思い続けなさい。
そうすれば成功しないものはない。

新しいチャレンジをする時の心の持ち方が書かれている。
「思いは通じる」というところですかね?
ただ個人的な補足を入れたい。この考えは、あくまでスタートした後の話。
スタートするかどうかの判断時に「難しいな?」と考えることは当然であり、また考えないといけない。
難しく、また確率が低いことを実行することには慎重になるべきだ。
また予想しなかった自体が発生し、継続が困難な場合もある。
その場合、変更できる柔軟さは持ち合わせたい。
失敗を認めるのは恥ずかしいことではないのだから。

動機

動機善なりや、私心なかりしか。

何かを始める時、著者自身が問いかけること。
「動機は善なのか?」「私心はないのか?」
人は判断基準を損得で考えることが多い。
しかし、それでは成功は難しいと著者は考えている。
ただ善であり正しいからといって成功するわけではない。
「成功するものが善であり正しいのか?」が問題になる。

足るを知る

「足るを知る」というのは、欲望が過剰であったかどうかというのは、実は結果が出てからなのです。
それがだめになってからなのです。

少し分かりにくいので補足する。
「足るを知る」とは余り欲張ってはいけない、ということ。
しかし何を持って「足る」なのかは人それぞれ。
稲盛さんのように世界的な大企業を作る人もいる。
1店目の店が上手くいったため、2点目を出すが失敗する人もいる。
このように「足る」の限界は実際にしてみないと分からない。
そこに「足るを知る」という言葉の難しさがある。

一生懸命

一生懸命働くということを除いて、私は人生の成功はありえないと思っています。

戦後日本で頑張ってきた人らしい言葉です。
ただ、この全文を捉えると少し反論したくなる。
人生の成功とはなんだろうか?
一生懸命働くとは、どこまでを指しているのだろうか?
働けない人に成功はないのだろうか?
そもそも働いて大企業を作った人や、高収入を稼ぐ人は全て成功者なのか?
個人的には「ある一面」に過ぎないと考える。
そして一生懸命と長時間労働が直結しないことだけは真実である。

小善・大善

小善は大悪に似たり、大善は非情に似たり。

少し分かりにくいので、本書内に書かれている子供の教育の例を紹介する。
子供に甘く、そして優しく接する小善の結果、子供が道を間違えることがある。
子供に非情ともとれる態度で接する大善の結果、子供が正しい道を進むことになる。
必ずしもそのようにはならないが、本当の優しさと甘さが異なるのは間違いない。
目の前に見えるものだけに対応するのでは、本当の結果は付いてこない。

経営方針

「人間として何がただしいのか」という考え方を心の座標軸にすえて、私はこれまで経営を行ってきました。

判断に困った時の考え方の基準。
知っていることなら知識や経験を基準にすれば良い。
知らないことや前例のない場合、自分で判断しなければならない。
損得や好き嫌いではブレますからね。

心の成長

心は、「苦労」という磨き粉を使わなければ磨けません。

語呂がよかったのでピックアップしました。好き嫌いは分かれそうですが。

24時間

確かに1日は24時間しかないわけですね。
私の場合は、何時から何時まではこれをするという意識はありませんでした。

言い方を変えれば「定時などない」と言うこと。
もちろん個人の問題なら自由です。しかし社風としてこれなら問題がある。
それを良しとして考えている人もいる。しかし、それを望んでいない人もいる。
現在経営に関わっている人の若い時代には、それが当たり前かもしれない。
しかし今は昔とは異なる。
世界基準で考えないと、日本が取り残されるのは目に見えている。

利益

利益を追うのではない。利益は後からついてくる。

利益を追うばかりの経営をしてはいけない。
正しい経営を行えば自然に利益がついてくる、という考え方。
確かに、利益優先で考えても上手くいかないですからね。

価格

値決めはトップの仕事。お客様も喜び、自分も儲かるポイントは一点である。

価格の決め方は本当に難しい。単純に購入者とのバランスもある。
当然、独占でなければ競合とのバランスもある。
高ければ売れないし、安ければ売り続けることができない。
やはり商品開発は、製品ありきではなく、販売ありきが必要だ。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
稲盛和夫の実践アメーバ経営

活きる力

→インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク