「銀河英雄伝説9巻」ラインハルトの名言・台詞まとめました

「銀河英雄伝説9巻」ラインハルト・フォン・ローエングラムの名言・台詞をまとめていきます。

9巻 回天篇

→銀河英雄伝説1巻(ラインハルト)はこちらより

第二章 夏の終わりのバラ

「もうヴェスターラントでひとりも殺してはならぬ。いいか、彼を殺してはならんぞ。処置はおってさだめるゆえ……」

 

「あの男の言ったとおりだ。予は人殺しで、しかも卑怯者だ」

「とめようと思えばとめられたのに、予はそうしなかったのだ。愚劣なブラウンシュヴァイク公は自らすすんで悪をおかした。そして予は、彼の悪に乗じて、自分が利益を独占した」

「わかっているのだ。予は卑劣漢だということは。予は、皇帝の地位はともかく、兵士たちの歓呼には値しない人間なのだ」

 

「フロイライン」
「帰らないでほしい。ここにいてくれ。今夜は、ひとりでいることに耐えられそうにないのだ。たのむ、予をひとりにしないでくれ」

 

「もし、フロイライン・マリーンドルフに、その、あのようなことをして、責任をとらなかったとしたら、予は、ゴールデンバウム王朝の淫蕩な皇帝どもと同類になってしまう」

「予は、予は、やつらと同類になる気はないのだ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

第三章 鳴動

「陰気で消極的なビッテンフェルト、女気なしのロイエンタール、饒舌なアイゼナッハ、浮気者のミッターマイヤー、無教養で粗野なメックリンガー、いたけだかなミュラー、皆、彼ららしくない」

「人それぞれ個性というものがある。ロイエンタールが法を犯したとか、相手をだましたとかいうならともかく、色恋ざたで一方だけを被告席に着かせるわけにもいくまい」

 

「キルヒアイスがいなくなったとき、もうこれで失うものは何もないと思ったのに……」

 

第四章 発芽

「ロイエンタールが予を暗殺などするはずがない。予も彼を疑ったりせぬ。恐れもせぬ。卿らはくだらぬ世迷言にたぶらかされて、予と重臣との間を裂くつもりか」

 

第五章 ウルヴァシー事件

「無用の心配をするな、エミール、予はいますこし見栄えのする場所で死ぬように決めている。皇帝の墓所はウルヴァシーなどというのは、ひびきがよくない」

 

「仮にロイエンタールが叛したとすれば、その計画は、分子がもれる隙もなかろう。いまごろは、予も卿らも自由の身ではあるまい。そうではないか……?」

 

「撃つがいい。ラインハルト・フォン・ローエングラムはただひとりで、それを殺す者もひとりしか歴史には残らないのだからな。そのひとりに誰がなる?」

 

「予は、卿を、死後に元帥にするがごときを望まぬ。いくら遅れてもかまわぬ、後から必ず来いよ」

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→アニメとマンガの名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

第六章 叛逆は英雄の特権

「ルッツを帝国元帥に叙する。彼はいやがるだろうが、約束を破った者に対する、これは罰だ……」

 

「卿を残した理由は、諒解していよう。ロイエンタールは当代の名将だ。彼に勝利しうる者は、帝国全軍にただ二名、予と卿しかおらぬ」
「ゆえに、卿を残した。意味はわかろう?」

 

「いつ予がオーベルシュタインやラングごときに国政の壟断を許したか!」

「かりにロイエンタールの言うとおりだとしたら、そもそも彼が新領土総督になりうる道理がないではないか。叛逆を正当化するために、そこまで予を貶める必要があるのか!」

 

「……フロイラインに言われるまでもない。ラングとやらが小人であることは、予も承知している」

「だが鼠一匹、倉庫の穀物を食い荒らすとしても、被害は知れたものだし、そのていどの棲息を許しえないようでは、銀河帝国も狭すぎるではないか」

 

「……ルッツはよく予を見すてずにいてくれたものだ。それどころか、生命を擲って予を救ってくれた」
「予は愚かだった。小人の権利を守って、有能な忠臣に不満と不安をいだかせていたとはな」

 

第七章 剣に生き……

「予に問題があるのではない。ロイエンタールのほうにこそ、卿は問うべきだ。いや、すぎたことについてではない。これからのことだ」

「ひとたび叛旗をかかげ、戦い終わって後、予に頭をさげて助命を請う気があるかどうか、そのことを卿はロイエンタールに問うべきなのだ。そうではないか?」

 

「だが、ロイエンタールを討って、それでおれの心は安らぎをえるのだろうか」

 

「奴が頭をさげさえすればよいではないか。そうすれば、あえて奴を討つ必要はない。ロイエンタールのほうにこそ、この事態により大きな責任がある」

「おれに頭をさげるのが、それほど嫌か」

 

「ヤン・ウェンリーの後継者が、単に目前の混乱を利用しようとする小策士であるにすぎないなら、ロイエンタールに加担するであろうよ。いずれにしても奴ら自身が決めることだ」

 

第九章 終わりなき鎮魂曲

「おれ自身が戦ってこそ、ロイエンタールを満足させてやれたのだろうか……」

 

「卿は死ぬな。卿がいなくなれば、帝国全軍に、用兵の何たるかを身をもって教える者がいなくなる。予も貴重な戦友を失う。これは命令だ、死ぬなよ」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

→銀河英雄伝説1~2巻(ラインハルト)
→銀河英雄伝説3~4巻(ラインハルト)
→銀河英雄伝説5巻1/2(ラインハルト)
→銀河英雄伝説5巻2/2(ラインハルト)
→銀河英雄伝説6~7巻(ラインハルト)
→銀河英雄伝説8巻(ラインハルト)
→銀河英雄伝説10巻(ラインハルト)
→銀河英雄伝説1巻
→銀河英雄伝説2巻
→銀河英雄伝説3巻
→銀河英雄伝説4巻
→銀河英雄伝説5巻
→銀河英雄伝説6巻
→銀河英雄伝説7巻
→銀河英雄伝説8巻
→銀河英雄伝説9巻
→銀河英雄伝説10巻
→銀河英雄伝説 外伝
→銀河英雄伝説(ヤン)
→銀河英雄伝説(キルヒアイス)
→銀河英雄伝説(オーベルシュタイン)
→銀河英雄伝説(ミッターマイヤー)
→銀河英雄伝説(ロイエンタール)
→銀河英雄伝説(ビッテンフェルト)
→銀河英雄伝説(ミュラー)
→銀河英雄伝説(メックリンガー)
→銀河英雄伝説(ケンプ)
→銀河英雄伝説(ルッツ)
→銀河英雄伝説(ファーレンハイト)
→銀河英雄伝説(ワーレン&ケスラー)
→銀河英雄伝説(シュトライト&フェルナー)
→銀河英雄伝説(マリーンドルフ伯)
→銀河英雄伝説(ヒルダ)
→銀河英雄伝説(アンネローゼ)
→銀河英雄伝説(メルカッツ)
→銀河英雄伝説(シュナイダー)
→銀河英雄伝説(シェーンコップ)
→銀河英雄伝説(ポプラン)
→銀河英雄伝説(イワン・コーネフ)
→銀河英雄伝説(アッテンボロー)
→銀河英雄伝説(ユリアン)
→銀河英雄伝説(フレデリカ)
→銀河英雄伝説(ムライ)
→銀河英雄伝説(パトリチェフ&フィッシャー)
→銀河英雄伝説(キャゼルヌ)
→銀河英雄伝説(オルタンス)
→銀河英雄伝説(カリン)
→銀河英雄伝説(シトレ)
→銀河英雄伝説(ビュコック)
→銀河英雄伝説(チュン・ウー・チェン)
→銀河英雄伝説(ホワン・ルイ)
→銀河英雄伝説(ルビンスキー)

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

11_人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました