「銀河英雄伝説8巻」ラインハルトの名言・台詞まとめました

「銀河英雄伝説8巻」ラインハルト・フォン・ローエングラムの名言・台詞をまとめていきます。

8巻 乱離篇

→銀河英雄伝説1巻(ラインハルト)はこちらより

第一章 風は回廊へ

「ハイネセンが真に同盟人の敬慕に値する男なら、予の処置を是とするだろう。巨大な像など、まともな人間に耐えられるものではない」

 

「ヤン・ウェンリーがいかに希謀を誇ろうとも、この期におよんで軍事上の選択肢はふたつしかありえない」
「進んで戦うか、退いて守るか、だ。彼がどう選択し、どう予をしとめようとするか、大いに興味がある」

 

「名将の器量が他の条件に規制されるとは気の毒なことだな」

 

「フロイライン、予が休息するとしたら、ヤン・ウェンリーに対する負債を、まず完済せねばならぬ。彼を屈伏させ、宇宙の統一をはたしてから、予にとってはすべてがはじまるのだ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

第三章 常勝と不敗と

「ヤン・ウェンリーも戦いを欲するか」

 

「ビッテンフェルト!」
「卿らしい失敗だな。罠の存在を予期しながら、あえてそこに踏みこみ、それを噛み破ろうとこころみて、はたせなかったか。万骨かれて一将の功ならなかったわけだ」

 

「とがめているのではない。卿らしからぬ失敗をするよりは、よほどよい。この上は、卿らしい働きで失地を回復せよ。ファーレンハイト元帥も、それをこそ望むであろう」

「予も、これまでにない覚悟でヤン・ウェンリーに対するつもりだ。卿の力を予に貸せ」

 

「ちがうな。勝利か死か、ではない。勝利か、より完全な勝利か、だ」

 

第四章 万華鏡

「もし、卿の作戦をもってしても勝利をえられぬときは、予があらためてヤンの希謀に対抗する手段を考えよう」

 

「フロイライン・マリーンドルフ」
「あなたを第二代の大本営幕僚総監に任命する。シュタインメッツに代わって予を補佐してほしい」

「ああ、わかっている。たしかにあなたは一兵を指揮したこともない。だが、兵士を指揮するのは前線の提督たちで、彼らを指揮するのは予だ」

「あなたは予に助言してくれればそれでよい。誰が皇帝の人事に異をとなえるというのだ」

 

「これだ、これでなくてはな」

 

「ヤン・ウェンリーが猛攻に出てくることはわかっていた。バーミリオン会戦のときもそうだったが、予と直接対決しないかぎり、予を打倒することはかなわないのだから」

 

「予はこれまで戦うにあたって、受け身となってよき結果を報われたことは一度もなかった。それを忘れたとき、軍神は予の怠惰を罰したもうた」

「今回、いまだ勝利をえられぬゆえんである」

 

「ヤン・ウェンリーは狭隘な回廊の地形を利し、わが軍に縦隊列を強いて、わが軍の多数に対抗している。予はそれに対し、巧緻をもって報おうとしたが、これは誤りであった」

「正面から力をもって彼の抵抗を撃砕し、彼をふたたび起つあたわざらしめることこそ、予と予の軍隊の赴くべき道であろう」

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

第五章 魔術師、還らず

「その(謀殺の)可能性は薄いと思う。理由は、皇帝の為人だ。あのプライドの高い金髪の坊やが、お得意の戦争で勝てないからといって、謀殺という手段に訴えるとは想像しにくいな」

 

「宇宙の支配者に対してそうも歯に衣を着せない人間は、生者ではあなただけだな、フロイライン」
「あなたの勇気と率直さは賞賛に値するが、予がいつもそれを喜ぶと思ってもらってはこまる」

 

「キルヒアイスが諌めにきたのだ。キルヒアイスが言ったのだ、これ以上ヤン・ウェンリーと争うのはおよしください、と。あいつは死んでまでおれに意見する……」

 

「……わかったよ、キルヒアイス、お前はいつもそうだ。おれよりたった二ヶ月早く生まれただけなのに、年上ぶって、いつもおれの喧嘩をとめるのさ」

「現在のおれは、お前より年上なんだぞ、お前は年をとらないからな。だけど、わかった。ヤン・ウェンリーと話しあってみよう」

「あくまで話しあってみるだけだ。決裂しないとは約束できないぞ」

 

「予はヤン・ウェンリーに手を差しだすつもりだが、ひとたびそれを拒まれたときには、ふたたび握手を求めるつもりはない」

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→アニメとマンガの名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

第七章 失意の凱旋

「あなたから凶報を聞いたことは幾度もあるが、今回はきわめつけだ。それほど予を失望させる権利が、あなたにあるのか?」

誰も彼も、敵も味方も、皆、予をおいて行ってしまう! なぜ予のために生きつづけないのか!」

 

「予には敵が必要なのだ」

 

「予はあの男に、予以外の者に斃される権利などを与えたおぼえはない。あの男はバーミリオンでもイゼルローン回廊でも、予を勝たせなかった。予の貴重な将帥を幾人も斃した」

「そのあげくに、予以外の者の手にかかったというのか!」

 

「いや、フロイラインにはつねに予の傍にいてもらわねばこまる」
「フロイラインは予の幕僚総監なのだからな」

 

「ああ、そうか、フロイラインを帝国宰相にでもしないかぎり、予の(政治的)相談には応じてくれぬのだな」

 

「ひとりの貴族が死んで一万人の平民が救われるなら、それが予にとっての正義というものだ。餓死するのがいやなら働け。平民たちは500年間そうしてきたのだからな」

 

「もし予が死んで血族なきときは、予の臣下でも他の何者でもよい、実力ある者が自らを帝位にでも王位にでもつけばよかろう。もともと予はそう思っていた」

「予が全宇宙を征服したからといって、予の子孫が実力も名望もなくそれを継承すべき理由はあるまい」

 

第八章 遷都令

「キルヒアイスの墓がオーディンにある。予が予のつごうで政庁と大本営を遷したからといって、故人の眠る場所をほしいままに動かすわけにはいくまい」

 

「予はいずれオーディンに還る。だが、その時期はまだ予の掌中にはない。還る日までに、すませておかねばならぬことが数多くあるはずだから」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

→銀河英雄伝説1~2巻(ラインハルト)
→銀河英雄伝説3~4巻(ラインハルト)
→銀河英雄伝説5巻1/2(ラインハルト)
→銀河英雄伝説5巻2/2(ラインハルト)
→銀河英雄伝説6~7巻(ラインハルト)
→銀河英雄伝説9巻(ラインハルト)
→銀河英雄伝説10巻(ラインハルト)
→銀河英雄伝説1巻
→銀河英雄伝説2巻
→銀河英雄伝説3巻
→銀河英雄伝説4巻
→銀河英雄伝説5巻
→銀河英雄伝説6巻
→銀河英雄伝説7巻
→銀河英雄伝説8巻
→銀河英雄伝説9巻
→銀河英雄伝説10巻
→銀河英雄伝説 外伝
→銀河英雄伝説(ヤン)
→銀河英雄伝説(キルヒアイス)
→銀河英雄伝説(オーベルシュタイン)
→銀河英雄伝説(ミッターマイヤー)
→銀河英雄伝説(ロイエンタール)
→銀河英雄伝説(ビッテンフェルト)
→銀河英雄伝説(ミュラー)
→銀河英雄伝説(メックリンガー)
→銀河英雄伝説(ケンプ)
→銀河英雄伝説(ルッツ)
→銀河英雄伝説(ファーレンハイト)
→銀河英雄伝説(ワーレン&ケスラー)
→銀河英雄伝説(シュトライト&フェルナー)
→銀河英雄伝説(マリーンドルフ伯)
→銀河英雄伝説(ヒルダ)
→銀河英雄伝説(アンネローゼ)
→銀河英雄伝説(メルカッツ)
→銀河英雄伝説(シュナイダー)
→銀河英雄伝説(シェーンコップ)
→銀河英雄伝説(ポプラン)
→銀河英雄伝説(イワン・コーネフ)
→銀河英雄伝説(アッテンボロー)
→銀河英雄伝説(ユリアン)
→銀河英雄伝説(フレデリカ)
→銀河英雄伝説(ムライ)
→銀河英雄伝説(パトリチェフ&フィッシャー)
→銀河英雄伝説(キャゼルヌ)
→銀河英雄伝説(オルタンス)
→銀河英雄伝説(カリン)
→銀河英雄伝説(シトレ)
→銀河英雄伝説(ビュコック)
→銀河英雄伝説(チュン・ウー・チェン)
→銀河英雄伝説(ホワン・ルイ)
→銀河英雄伝説(ルビンスキー)

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

11_人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました