「銀河英雄伝説8~10巻」ヤン・ウェンリーの名言・台詞まとめました

「銀河英雄伝説8~10巻」ヤン・ウェンリーの名言・台詞をまとめていきます。

8巻 乱離篇

→銀河英雄伝説1巻(ヤン)はこちらより

第二章 春の嵐

民主共和政治の建前──言論の自由のおかげである。政治上の建前というものは尊重されるべきであろう。
それは権力者の暴走を阻止する最大の武器であり、弱者の甲冑であるのだから。

 

「皇帝ラインハルトは、私と戦うことを欲しているらしいよ。その期待を裏切るような所業をしたら、彼は私を永久に赦さないだろうな」

 

「運命というならまだしも、宿命というのは、じつに嫌なことばだね。二重の意味で人間を侮辱している」

ひとつには、状況を分析する思考を停止させ、もうひとつには、人間の自由意志を価値の低いものとみなしてしまう」

「宿命の対決なんてないんだよ、ユリアン、どんな状況のなかにあっても結局は当人が選択したことだ」

 

「半数が味方になってくれたら大したものさ」

 

「いや、お前はべつに未熟じゃないよ。いわばまあ半熟だな」

 

「キャゼルヌ中将がなげいていたよ。おれには息子と酒を飲みかわす楽しみがない、とね。善良な後輩を長い間いびってきた応報だろうさ、いい気味だ」

 

「おとなになるということは、自分の酒量をわきまえることさ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

第三章 常勝と不敗と

「帝国軍は不世出の皇帝と多くの名将を擁している彼ら全員にとって、イゼルローン回廊はせますぎる。吾々の活路は、そのせまさにある。せいぜい利用させてもらうとしよう」

 

第四章 万華鏡

「いや、べつに大した影響はないだろうね」
「今回はアムリッツァやバーミリオンのときとはちがう。私が根性悪く穴にひそんでいるものだから、皇帝といえども戦場をほしいままに設定するわけにいかないのさ」

 

「さすがに疾風ウォルフだ。あの用兵は奇をてらわないが、凡将のよくするところではない」

 

「ああ、その指揮官は鉄壁ミュラーにちがいないよ」
「異名にふさわしく、主君を守ろうとしているのだ。彼を部下に持ったという一事だけで、皇帝ラインハルトの名は後世に伝えられるだろうな」

 

「つまりは、人は人にしたがうのであって、理念や制度にしたがうのではないということかな」

 

第五章 魔術師、還らず

「脳細胞がミルク粥になってて、考えごとどころじゃない。とにかく、すこし寝ませてくれ」

 

「最初は皇帝をイゼルローン回廊に引きずりこむ。つぎに会談のテーブルに引きずりだす。事態をうまく運ぶために、皇帝の両足に銀のスケートでもはかせたいところだな」

 

「作戦をたてるだけでは勝てない。それを完全に実行する能力が艦隊になくては、どうしようもない」
「ここで会談の申しいれを拒否して、短時日のうちに再戦することになっては自殺行為だよ」

 

「ごめん、フレデリカ。ごめん、ユリアン。ごめん、みんな……」

 

第六章 祭りの後

「生きるということは、他人の死を見ることだ」

 

「戦争やテロリズムは何よりも、いい人間を無益に死なせるからこそ否定されねばならない」

 

「きらいな奴に好かれようとは思わない。理解したくない人に理解される必要もない」

 

第九章 八月の新政府

「戦略は正しいから勝つのだが、戦術は勝つから正しいのだ。だから、まっとうな頭脳を持った軍人なら、戦術的勝利によって戦略的劣勢を挽回しようとは思わない」

「いや、正確には、そういった要素を計算に入れて戦争を始めたりはしないだろうよ」

 

「戦術は戦略に従属し、戦略は政治に、政治は経済に従属するというわけさ」

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

9巻 回天篇

第一章 辺境にて

「歴史とは、人類全体が共有する記憶のことだ、と思うんだよ、ユリアン。思いだすのもいやなことがあるだろうけど、無視したり忘れたりしてはいけないのじゃないかな」

 

「自分がこれまで死なせてきた人間の数を考えると、ほんとうに怖いよ。一回死んだぐらいでは、償えないだろうね。世のなかって、けっこう不均衡にできているんだとう思う」

 

第二章 夏の終わりのバラ

「偉人だの英雄だのの伝記を、子供たちに教えるなんて、愚劣なことだ。善良な人間に、異常者をみならえというも同じだからね」

 

第三章 鳴動

「平和の無為に耐えうる者だけが、最終的な勝者たりうる」

 

「ことばで伝わらないものが、たしかにある。だけど、それはことばを使いつくした人だけが言えることだ」

 

「正しい判断は、正しい情報と正しい分析の上に、はじめて成立する」

 

「何かを憎悪することのできない人間に、何かを愛することができるはずがない」

 

第八章 剣に斃れ

「いうなれば、宇宙はひとつの劇場だよ」

 

第九章 終わりなき鎮魂曲

「私の指揮で、何百万人という将兵が死んでいったよ。死にたくなんてなかったろうに。誰だって平和で豊かな人生を送りたかったろうに。私だってそうだったさ」

「惜しむべき人間が死なずにすむなら、戦争もそれほど悪いものじゃないかもしれないけどね……」

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→アニメとマンガの名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

10巻 落日篇

第二章 動乱への誘い

「ユリアン、陰謀だけで歴史が動くことはありえないよ。いつだって陰謀はたくらまれているだろうが、いつだって成功するとはかぎらない」

 

敵をして、その希望がかなえられるかのように錯覚させる。さらに、それ以外の選択肢が存在しないかのように、彼らを心理的に追いこみ、しかもそれに気づかせない。

 

第七章 深紅の星路

「戦術レベルにおける偶然は、戦略レベルにおける必然の、余光の破片であるにすぎない」

 

「皇帝ラインハルトは、自分の理想と野心、さらには愛憎のために、自らを焚いて悔いることのない人だ。そして、それだけに、敵に対してすらそれを要求する」

「皇帝ラインハルトが、亡くなった友人のジークフリード・キルヒアイスを愛惜してやまぬのはそのためだ」
「そして、われらが元首ヨブ・トリューニヒト氏を軽蔑するのも、そのためだろうね」

 

「吾々がイゼルローンに拠り、大きな兵力を有しているかぎり、皇帝ラインハルトはともかく、帝国政府や軍の不安を消すことはできないだろうね」

「いつか彼らではなく、吾々自身にとってイゼルローンは重い荷物になるだろう」

 

「イゼルローンに固執しては、結局のところ、かえって政治的、戦略的な選択の幅をせばめてしまう。そういうことだ」

 

「相手の予測が的中するか、願望がかなえられるか、そう錯覚させることが、罠の成功率を高くするんだよ。落とし穴の上に金貨を置いておくのさ」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

→YouTube(ヤンの名言)

→銀河英雄伝説1巻(ヤン)
→銀河英雄伝説2巻(ヤン)
→銀河英雄伝説3巻(ヤン)
→銀河英雄伝説4巻(ヤン)
→銀河英雄伝説5巻1/2(ヤン)
→銀河英雄伝説5巻2/2(ヤン)
→銀河英雄伝説6~7巻(ヤン)
→銀河英雄伝説1巻
→銀河英雄伝説2巻
→銀河英雄伝説3巻
→銀河英雄伝説4巻
→銀河英雄伝説5巻
→銀河英雄伝説6巻
→銀河英雄伝説7巻
→銀河英雄伝説8巻
→銀河英雄伝説9巻
→銀河英雄伝説10巻
→銀河英雄伝説 外伝
→銀河英雄伝説(ラインハルト)
→銀河英雄伝説(キルヒアイス)
→銀河英雄伝説(オーベルシュタイン)
→銀河英雄伝説(ミッターマイヤー)
→銀河英雄伝説(ロイエンタール)
→銀河英雄伝説(ビッテンフェルト)
→銀河英雄伝説(ミュラー)
→銀河英雄伝説(メックリンガー)
→銀河英雄伝説(ケンプ)
→銀河英雄伝説(ルッツ)
→銀河英雄伝説(ファーレンハイト)
→銀河英雄伝説(ワーレン&ケスラー)
→銀河英雄伝説(シュトライト&フェルナー)
→銀河英雄伝説(マリーンドルフ伯)
→銀河英雄伝説(ヒルダ)
→銀河英雄伝説(アンネローゼ)
→銀河英雄伝説(メルカッツ)
→銀河英雄伝説(シュナイダー)
→銀河英雄伝説(シェーンコップ)
→銀河英雄伝説(ポプラン)
→銀河英雄伝説(イワン・コーネフ)
→銀河英雄伝説(アッテンボロー)
→銀河英雄伝説(ユリアン)
→銀河英雄伝説(フレデリカ)
→銀河英雄伝説(ムライ)
→銀河英雄伝説(パトリチェフ&フィッシャー)
→銀河英雄伝説(キャゼルヌ)
→銀河英雄伝説(オルタンス)
→銀河英雄伝説(カリン)
→銀河英雄伝説(シトレ)
→銀河英雄伝説(ビュコック)
→銀河英雄伝説(チュン・ウー・チェン)
→銀河英雄伝説(ホワン・ルイ)
→銀河英雄伝説(ルビンスキー)

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

11_人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました