「アリバイ崩し承ります(大山誠一郎)」美谷時乃の名言まとめました

「アリバイ崩し承ります(大山誠一郎)」美谷時乃の名言をまとめていきます。

アリバイ崩し承ります

第1話 時計屋探偵とストーカーのアリバイ

「アリバイがあると主張する人は、何時何分、自分はどこそこにいたと言います。つまり、時計がその主張の根拠となっているのです」

 

「時計修理と同じくらいしっかりと教えられました」

 

「最近、アリバイ崩しをしていなかったので、勘が鈍っているみたいです」

 

「時を戻すことができました。──菊谷吾郎さんのアリバイは、崩れました」

 

「時計の針を巻き戻すって言いますけど、それで本当に時間を戻せたら、どんなにいいでしょうね……」

 

第3話 時計屋探偵と死者のアリバイ

「時計機能が付いているものならば、何でも知っておくことにしていますので」

 

第4話 時計屋探偵と失われたアリバイ

「時を戻すことができました。──純子さんのアリバイは、見つかりました」

 

第6話 時計屋探偵と山荘のアリバイ

「事件を解決する鍵は、お客様の見たものの中にありました。ところがお客様は、その重要性に気づいていらっしゃらなかったんです」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
アリバイ崩し承ります

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人物・キャラクター
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました