「『いい人』をやめる7つの方法(緒方俊雄)」の名言まとめました

「『いい人』をやめる7つの方法(緒方俊雄)」より名言をまとめていきます。

「いい人」をやめる7つの方法

「いい人」は日々、生きづらさを感じて、疲れているのです。

 

がんばってもどうにもならない。

 

自分の人生でありながら、常に他の人が主人公で、自分は脇役になってしまいます。
下手をしたら、「自己中な人」の奴隷にまで成り下がってしまいます。
これで、自分の人生を生きているといえるのでしょうか。

 

長い間、ずっと相手の意見に合わせて生きてきたので、自分で考えるということを放棄してしまったのです。

 

人は何のルールもなく、自由に生きていた方が気楽で幸せなものです。

 

「自己中な人」は、まさに「いい人」の天敵です。

 

この世の中は、従順な「いい人」にとって、理不尽そのものです。

 

どちらかをアドバイスして、(相手が)それに従ったとします。
すると、ほとんどの場合、将来私のことを恨むことになります。

 

「いい人」は「どうでもいい人」と言われることがありますが、「都合のいい人」でもあるのです。

 

「いい人」にとっては、100点以外は0点と同じなのです。

 

「いい人」は順番に「~しなければいけない」を手放していかなければなりません。

 

「ほどほど、ぼちぼち、ゆるく」で、生きられるようになることが「いい人」を手放していく大きな一歩なのです。

 

ひとつのことを深く味わうことにより、その人の人生は豊かになっていくのです。

 

人は生きているだけで意味がある存在なのです。
自分が欠けていることを素直に受け入れて、それを前提に生きるのです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
「いい人」をやめる7つの方法

 

→人生の9割は逃げていい(井口晃)
→不況でもお金を生み出す(今井孝)
→ざんねんな努力(川下和彦)
→絶望名言(頭木弘樹)
→友だち幻想(菅野仁)
→嫌われる勇気(岸見一郎)
→幸せになる勇気(岸見一郎)
→女の子が生きていくときに(西原理恵子)
→人生ドラクエ化マニュアル(JUNZO)
→アスリートの言葉(鈴木颯人)
→命令なしで人を動かす(鈴木颯人)
→ポジティブ・チェンジ(DaiGo)
→超筋トレが最強の(テストステロン)
→ストレスゼロの生き方(テストステロン)
→トラウマが99%消える本(中島輝)
→働くことがイヤな人のための本(中島義道)
→気にしない練習(名取芳彦)
→自己肯定感をあげる方法(根本裕幸)
→罪悪感が消えてなくなる本(根本裕幸)
→一瞬で人生を変える逆算思考(平岡俊晴)
→科学的に元気になる方法(堀田秀吾)
→感情的にならない本(和田秀樹)
→原因と結果の法則(ジェームズ・アレン)
→鈍感な世界に生きる敏感な人たち(サン)
→仕事は楽しいかね?(ドーテン)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

心理学・悩み
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました