「『いい人』をやめる7つの方法(緒方俊雄)」の名言まとめました

「『いい人』をやめる7つの方法(緒方俊雄)」より名言をまとめていきます。

「いい人」をやめる7つの方法

「いい人」は日々、生きづらさを感じて、疲れているのです。

 

がんばってもどうにもならない。

 

自分の人生でありながら、常に他の人が主人公で、自分は脇役になってしまいます。
下手をしたら、「自己中な人」の奴隷にまで成り下がってしまいます。
これで、自分の人生を生きているといえるのでしょうか。

 

長い間、ずっと相手の意見に合わせて生きてきたので、自分で考えるということを放棄してしまったのです。

 

人は何のルールもなく、自由に生きていた方が気楽で幸せなものです。

 

「自己中な人」は、まさに「いい人」の天敵です。

 

この世の中は、従順な「いい人」にとって、理不尽そのものです。

 

どちらかをアドバイスして、(相手が)それに従ったとします。
すると、ほとんどの場合、将来私のことを恨むことになります。

 

「いい人」は「どうでもいい人」と言われることがありますが、「都合のいい人」でもあるのです。

 

「いい人」にとっては、100点以外は0点と同じなのです。

 

「いい人」は順番に「~しなければいけない」を手放していかなければなりません。

 

「ほどほど、ぼちぼち、ゆるく」で、生きられるようになることが「いい人」を手放していく大きな一歩なのです。

 

ひとつのことを深く味わうことにより、その人の人生は豊かになっていくのです。

 

人は生きているだけで意味がある存在なのです。
自分が欠けていることを素直に受け入れて、それを前提に生きるのです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
「いい人」をやめる7つの方法

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

06_心理学・悩み
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました