「気がつきすぎて疲れるが驚くほどなくなる繊細さんの本(武田友紀)」の名言まとめました

「気がつきすぎて疲れるが驚くほどなくなる繊細さんの本(武田友紀)」の名言をまとめていきます。

アマゾンリンク
「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本 (Kindle)

気がつきすぎて疲れるが驚くほどなくなる繊細さんの本

はじめに

繊細な人は、むしろ自分の繊細な感性をとことん大切にすることでラクになり、元気に生きていけるのです。

 

自分の繊細さを克服すべき課題ととらえるのではなく、いいものとしてとらえる。

 

第1章

繊細さんに必要なのは、「気にしない」という言葉ではなく、気づいたことにどう対処したらいいのかという、具体的な対処法なのです。

 

自分にとって「いいもの」を感じるのも「痛い・つらいもの」を感じるのも、同じ繊細な感覚です。

 

繊細さんには、ひとりでゆっくりと心を休める時間が必要です。

 

第2章

五感のうち、どの感覚が鋭いのかは、実は人によって異なるのです。

 

第3章

私が当たり前に感じるこの感覚が、(相手には)本当に「ない」んだ。文字通り「わからない」んだ。

 

素の自分を出せば出すほど、自分に合う人が集まってラクになるのです。

 

「キライ」は大切なセンサー。人を嫌えるようになろう。

 

あたたかい人間関係を作るには、苦手な相手をきちんと嫌って遠ざけることが必要です。

 

できないことは、できないと言っていい。できないことは「できない」と言ってくれるから、遠慮せず頼める。

 

第4章

仕事よりも心身の健康が大切だ。

 

第5章

人は、自分のままで生きると元気だ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本 (Kindle)

 

→YouTube(繊細さんの本の名言)

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

06_心理学・悩み
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました