「チャールズ・M・シュルツ 勇気が出る言葉」の名言まとめました

チャーリー・ブラウンやスヌーピーでおなじみの漫画「ピーナッツ」の著者「チャールズ・M・シュルツ 勇気が出る言葉」の名言をまとめていきます。

アマゾンリンク
チャールズ・M・シュルツ 勇気が出る言葉 (Kindle)

チャールズ・M・シュルツ 勇気が出る言葉

まずはやってみて乗り越えて、どういう結果になるかを見るしかない。

 

漫画というのは、今でも、素晴らしい媒体である。

 

覚えておくべき最も重要なことは、焦らないことです。あまり若いうちに一流の漫画家になることは、期待できません。

 

他の誰でもない、徹底的に自分らしいことをしなさい。

 

私の成功がどんなものであれ、それを支えた秘訣の1つは、真実味であると思います。

 

昨日描いたものに、もう意味はなく、昨日の新聞は過去のものです。大事なのは、明日の新聞に、何を描くかということです。

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

振り返ってみると、両親が私にしてくれたことで一番良かったのは、ただ単に、「私の邪魔をしない」ということでした。

 

幸せな状況からユーモアは生まれない。幸せというのは、面白さとは違うのです。

 

スヌーピーの犬小屋の中を見ることはできません。そこは、あまりにも素晴らしいところなのです。

 

姿を見せないキャラクターは、人々が思いを巡らせることができるという点が気に入っています。

 

何か創造的なことをしている人ならば誰でも、その作品に自分自身を大いに投影しているはずです。

 

私たちの社会ではみんな、わずか5セントで1時間、誰かと話しに行ける場所を必要としているのかもしれない。

 

漫画は私の人生そのものです。

 

完全に1人になって考えないと、アイデアは出て来ないものです。

 

一番良いアイデアが出て来るのは、落ち込んでいる時です。

 

何も無いところから何かを作り出すというのは、素晴らしい経験です。

 

私はただ、何か面白いものが描きたいだけなのです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
チャールズ・M・シュルツ 勇気が出る言葉 (Kindle)

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

06_心理学・悩み
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました