「これも修行のうち(草薙龍瞬)」の名言まとめました

「これも修行のうち。実践!あらゆる悩みに反応しない生活(草薙龍瞬)」の名言をまとめていきます。

これも修行のうち

プロローグ

最初に確認したいのは、「何ごとも考え方が大事である」ということです。

 

どんなときも、方法がある。(だからなんとかなる)

 

すべての人に、仏教がお勧めするのは、「これは間違いないと思えるゴール」を、人生の行き先にすえることです。

 

人生の理想は、どんな状況にあっても、「これでよし」と納得できること。

第2章

人々の現実は、「楽しいことを探して不満を生み出し、不快を遠ざけようとしつつ、実際には怒ってばかり」という姿です。

 

(ただ理解するには)相手をあれこれと判断せず、その心中を妄想せず、ただその人が何を言っているか・しているかを、ニュートラルな心で理解するように努めます。

 

人は、振り返れば、幼い頃、夢の多かった頃、人を信じられた頃、まだ未来が広がっていた頃──かぎりなく怒りの少ない時代があったのではないでしょうか。

人の心には、本当は、怒りも苦悩もない、きれいな意識が流れているものなのです。

 

今こそ考えるべきは、「どんな心の使い方が、自分に最大限の幸福をもたらしてくれるか」という、”合理的な発想”です。

 

どんなときも「自分を理解することを忘れるな」

 

自分の人生を生きることを大切にし、よく言われても悪く言われても心動かさず、泥水に汚れない蓮の花のように、心の聖域を保って、ただひとり生きよ。(スッタニパータ)

 

快を感じる最大のコツは、意外かもしれませんが、「集中する」ことです。

 

自分で自分を喜ばせるばかりが人生ではないのです。他者の喜びを自分の喜びとする、そんな生き方もあるのです。

 

第3章

思い描く内容がどんなものであれ、まだ起きていないのなら、それは妄想です。

 

今の時代は、「近づかない勇気」が必要なのです。

 

心の渇き・苦しみから抜けてみれば、自分には他に何も必要なかったのだ、とわかります。ただ生きていけばいい──そう思えるようになるのです。

 

第4章

自分はなぜ頑張るのか。なぜ働くのか。なぜ生きるのか──自分自身が納得するためである。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」「Audible」対象作品(2020年8月11日現在)

アマゾンリンク
これも修行のうち。

 

→反応しない練習
→悲しみの上に、人は輝く(青山俊董)
→坐りませんか(板橋興宗)
→もう、怒らない(小池龍之介)
→図太くなれる禅思考(枡野俊明)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

心理学・悩み
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました