「最高のリーダーは命令なしで人を動かす(鈴木颯人)」の名言まとめました

「最高のリーダーは命令なしで人を動かす(鈴木颯人)」の名言をまとめていきます。

最高のリーダーは命令なしで人を動かす

はじめに

私はリーダーに命令など必要ないと考えています。

皆に命令して引っ張るのではなく、皆が自然と「行動したくなる」環境を作り出すことのほうが、100倍簡単なうえに、100倍早く結果を出せるからです。

 

私はこれまで1万人にコーチングしてきた経験から、人間関係の悩みの根本は「自分と相手との違い」にあると感じています。

 

第1章

二流のリーダーは相手との「違い」を軽視する。一流のリーダーは相手との「違い」を受け入れる。

 

「楽しい」という気持ちが、感覚の違いを認め合う余裕につながりやすくなる。

 

どんなに相手を変えようとしても、変えられるわけがない。
できることは、目の前の人が少しでも良い結果を出せるように、一緒に答えを導き出すこと。

第2章

言葉が人に与える影響は多大です。自分の発した言葉が100%、思惑通りに相手に伝わっているとは限らないことを認識しておいたほうが良いでしょう。

 

前向きな言葉を使い続けることによって脳の無意識に訴え、イメージ力を養うことができる。

 

第3章

二流のリーダーは冴えない意見をすぐ否定する。一流のリーダーは否定する前にデメリットを聞く。

 

二流のリーダーはメンバーとの上下関係が極端。一流のリーダーはメンバーとの上下関係を適度に作る。

 

第4章

指導者が怒ることで一時的にパフォーマンスが上がり、期待に応えてくれても、その効果は長く続かない。

 

第5章

どこに意識を向けるかで、情報の集まり方は大きく変わり、パフォーマンスも大きく変わってくる。

 

「Be」(あり方)を軸に目標設定すると、「Do」(行動)ありきで考えた目標よりも本人のモチベーションを引き出すことができ、継続して努力することができます。

 

相手が落ち込んでいるにもかかわらず、一方的に「次行こう!」と無理やりポジティブに引っ張るのは、長い目で見てあまり良い結果をもたらすとは言えません。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年8月5日現在)

アマゾンリンク
最高のリーダーは「命令なし」で人を動かす

 

→アスリートの言葉
→人生の9割は逃げていい(井口晃)
→不況でもお金を生み出す(今井孝)
→「いい人」をやめる7つの方法(緒方俊雄)
→ざんねんな努力(川下和彦)
→絶望名言(頭木弘樹)
→友だち幻想(菅野仁)
→嫌われる勇気(岸見一郎)
→幸せになる勇気(岸見一郎)
→女の子が生きていくときに(西原理恵子)
→人生ドラクエ化マニュアル(JUNZO)
→ポジティブ・チェンジ(DaiGo)
→超筋トレが最強の(テストステロン)
→ストレスゼロの生き方(テストステロン)
→トラウマが99%消える本(中島輝)
→働くことがイヤな人のための本(中島義道)
→気にしない練習(名取芳彦)
→自己肯定感をあげる方法(根本裕幸)
→罪悪感が消えてなくなる本(根本裕幸)
→一瞬で人生を変える逆算思考(平岡俊晴)
→科学的に元気になる方法(堀田秀吾)
→感情的にならない本(和田秀樹)
→原因と結果の法則(ジェームズ・アレン)
→鈍感な世界に生きる敏感な人たち(サン)
→仕事は楽しいかね?(ドーテン)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

心理学・悩み
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました