「会社行きたくないと泣いていた僕が無敵になった理由(加藤隆行)」の名言まとめました

「会社行きたくないと泣いていた僕が無敵になった理由(加藤隆行)」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→本の名言インデックス
→アマゾン「kindle unlimited」のメリットとは?

会社行きたくないと泣いていた僕が無敵になった理由

序章

たくさんの人に聞いてみて、共通していることがひとつだけありました。
「自分自身にOKが出せている」ということでした。

 

彼らは「根拠なく自信をもち、自らを肯定すること」ができていました。つまり、「自分自身との人間関係」が良好だったのです。

 

第1章

結局は自分自身との人間関係を良好にし、自分にOKを出しながら、その先に他人にもOKを出していく【肯定タイプ】になることだけが、健全なメンタルを手に入れ、安心安全な職場環境を手に入れる方法です。

 

自分のことを「どうせ◯◯」と思っていると、「やっぱり◯◯」という現実が訪れます。

 

現実より「思い込み」が先にある。

第2章

まずは、「自分が自分を否定していたから、人生がうまくいっていなかったのだ!」ということを徹底的に認め、「もう自分は自分を否定するのをやめるんだ」「すべて肯定するんだ」と「決める」ことがスタートになります。

 

「決めてもまた否定してしまう自分」さえも否定しないこと!

 

ボジティブに考えること自体はいいことなのですが、この場合、ネガティブな感情を否定しないように気をつける必要があります。

 

自分を大切にするとは、「自分の感情を肯定してあげる」ということ。

 

第3章

人を見てイライラ・ザワザワ・モヤモヤするときは、自分の中の「教義」に反しているときです。

 

「フツー」「常識」の後ろにつくコトバこそが、「思い込み」なのです。

 

自分への褒めを受け取り始めると、相手のことも褒めたくなってきます。人はもらったものに対してお返しをしたくなるものです。

 

「完璧主義者」とは「完璧」を目ざす人ではなく、”不完全な自分を認められない臆病な人”です。

 

第4章

他人にOKを出すとは、「慈悲深く、なんでも許し肯定する」なんていう、非現実的なことではありません。
他人にOKを出すとは、その人と戦わないことです。

 

貢献のワナにハマらないポイントは、自己犠牲しないことです。
ココロの土台を調えながら、自分にできる範囲で、人に貢献していきましょう。

 

人が自分を嫌うことにOKが出せると、自分が人を嫌うことにもOKが出る。人を嫌うことに罪悪感を覚えなくなります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年7月28日現在)

スポンサーリンク
→オーディオブックならAmazonオーディブル
 
アマゾンリンク
「会社行きたくない」と泣いていた僕が無敵になった理由

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

06_心理学・悩み
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました