「モチベーション革命(尾原和啓)」の名言まとめました

「モチベーション革命(尾原和啓)」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→本の名言インデックス
→アマゾン「kindle unlimited」のメリットとは?

モチベーション革命

第1章

社会も経済も激変したのに、働き方のルールは変わらない。このズレを認識しないと、「乾けない世代」は力を発揮することができません。

 

第2章

仕事を頑張ったぶんだけ結果が出て、社会全体が成長していく時代はとうに終わりました。

 

もはや、終わらない仕事に忙殺され、オフィスのデスクで残業していては、新しい価値は生み出せなくなってきているのです。

 

これまでは「ワークライフバランス」の時代だった。これからは、「ライフワークバランス」の時代だ。

 

仕事と遊びの境目がなくなる時代だからといって、好き放題やればいいというわけではありません。

周囲からの信頼感を得ているからこそ、自分がより得意なことに専念する状況を作るスタートラインに立つ。

 

どんな仕事なら、ロボットに代替されることなく、持続していけるのでしょうか。
それは「他人から感謝されて、お金をもらえること」です。

 

人は自分にはできないこと、なし得ないことに対して、いくらでもお金を払うのだ。

 

仕事をするうえで最もハッピーなことは、「自分にとっては好きで楽にできることと、相手にはできないこととが噛み合うこと」です。

 

「偏愛」を突き詰めることは、まさに「乾けない世代」の得意分野なのです。

第3章

「信頼する」からチームを始める「信頼社会」こそが、変化に対するイノベーションを起こすためにとても大事なのです。

 

「あなたのマネージャーはあなたのことを”人”として見てくれているか?」
(心理的安全性を見極める質問)

 

第4章

誰だって、最初にできることは、ほんの小さなことです。しかし、それを夢中になって続けていれば、誰もが求める価値を持つことができるようになるのです。

 

「好き」を仕事にするということは、オンもオフもないということでもあります。

 

これまでの時代は、ほとんどの人が仕方なく仕事(オン)と私生活(オフ)を切り替えてきました。しかし僕は、働きながら非日常のなかにいる状態を意識的に作っています。

 

あなたの「WHY」はどこにありますか?
信じて貫けば、世界を書き換える力になります。

 

世の中の人にとって「新しい意味」をもたらすものは、人との違いや、ズレから生じる「好き」や「歪み」です。

 

「生きがい」の芽を見つけるのは早いに越したことはないですが、それを仕事にしていくプロセスで焦る必要はないのです。

「生きがい」を磨いていく人生は、一生かけて作り上げていくものですから。

 

「生きがい」を磨く生き方は、はじめはちょっと孤独です。一人部屋で絵を描く時間も、誰にも自分の「好き」を理解されないことも、寂しいものです。

でも、その孤独こそが、あなたの「生きがい」を確固たるものへと鍛え上げてくれます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」「Audible」対象作品(2020年7月12日現在)

スポンサーリンク
→オーディオブックならAmazonオーディブル
 
アマゾンリンク
モチベーション革命

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

06_心理学・悩み
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました