はじめての人のための3000円投資生活(横山光昭)

投資は怖いものだと感じていませんか?
投資は3000円から始めることが出来ます。
貯金と投資を堅実に進めていきたい人におすすめです。

スポンサーリンク

投資に無理は禁物です

無理のない範囲で投資を学び、少しずつお金を増やすこと。

本書の基本思想です。「無理せず時間をかけて着実に」
世間で注目されている一攫千金の方法は、ハイリスク・ハイリターン。
また株価などが気になり、仕事にも影響する可能性はゼロではない。
投資は本来、長期間で地味なもの。
「何かに勝つ」という比較はやめて、確実なプラスを求めて行きたい。

きっかけ

3000円投資生活は、あくまで「きっかけ」です。

投資の初めは、少額から始めるべきです。
理由は状況に耐えられないから。
勝っても負けてもです。
考えてください、もし100万円全額で株を購入したとします。
もし10%上昇し、10万円儲けたら?
もし10%下落し、10万円損したら?
勝ったら「浮かれ」、負けたら「落ち込み」ませんか?
慣れないうちは大きな額に神経が付いていきません。
特に最初にビキナーズラックで勝ってしまうと、感覚がおかしくなります。
そのため、まず「きっかけ」として3000円から始めることを勧めています。

興味

また、投資を始めるようになってから、「投資できる額が増えれば、それだけ将来手にするお金も増えるので、ただ貯金だけしていたころよりも節約するのが楽しくなった」という人もいます。

この言葉が本書における理想と考えている。
投資だけで儲けるのではなく、「投資を利用して自分が必要なお金を確保する」
そのため、「必要な節約」と「貯金」も推奨している。
イメージとして、「負けにくい方法で少しでも利益を得る」という感じ。
投資は生活を良くするために行うのです。

考え方

いざ投資を始めてみると、おそらくお金に対する意識や日々の生活、さらには人生のとらえ方が少しずつ変わっていくはずです。

これは本当に変わります。もちろん良くも悪くもです。
良くなる点は色々なものに興味を持ちます。
会社はもちろん、社会のことや日常の些細なこと、読まなかった新聞や本も読むようになるかもしれない。
悪くなる点は投資方法や種類によるが、日常生活でもそのことに捕らわれてしまうこと。
上がればより上がっているのではと状況を確認し、下がっていればどれだけ下がっているかを意味もなく確認してしまうもの。
これを仕事中に行うと、かなり問題が発生する。事前の心構えが大切になってきます。

インデックスファンド

非常に低コストなインデックスファンドに投資すれば、同時に投資を始めた90%の人よりも良い結果を得るだろう。

インデックスファンドとは日経平均やTOPIXのような、株価の平均価格と同じになるように、株や債権を購入するファンドのこと。
インデックスファンドは市場平均のため、「50%の人より」の間違いではと感じるが、実際はそうではない。
なぜなら次の理由が考えられる。
勝者と敗者は同数ではなく、むしろ敗者の方が多いため。
通常の取引では「手数料」がかかるため、市場はゼロサム・ゲーム以下になる。
通常取引の場合、チャンスを狙って資金を残しておくが、インデックスファンドの場合は全額かけているため、上昇した場合の利率が高くなる。
もちろん、そんな単純ではないが、トータルで見るとこの可能性が高くなる。

投資だけでは無理がある

お金をきちんと管理し、ムダな支出をおさえ、強い家計をつくることができて初めて、無理なく貯金と投資を行うことができるからです。

よく投資を行って、その儲けたお金で生活したいという話を聞くが、それは大変危険です。
本来投資と生活費は、分けて考える必要がある。
投資を行う場合、儲けたお金を更に投資に当てることで複利効果を狙わなければ意味がない。
逆に言えば、投資用資金から生活費が必要になるなら、投資自体をやめることが好ましい。

難しい条件

最低でも、使うための貯金(月収1.5ヶ月分)とおろさない貯金(月収6ヶ月分)を持ってください。

投資を「投資」と考えている人には、難しくない条件だと考える。
しかし、「ギャンブル」と考えている人には、かなり厳しい条件だろう。
しかしこの条件ぐらいクリアーしていなければ、そのうち投資資金が生活資金になることは目に見えている。
この条件をクリアーするまで、「投資よりも優先すべきことがある」

投資の基本

投資は基本的に、時間を味方につけることが成功のポイントとなります。

これは長期投資はもちろんだが、自分が考える一定の時期まで生活費としては使わないということです。
さらに一度購入したら終わりではなく、定期的に買い増しも必要。
長く持っているだけが長期投資ではありません。

投資の目的

私が家計再生の相談に乗る際、いつも心がけているのは、みなさんに「お金を貯める目的やゴールをはっきりさせてもらう」ことです。

「投資の目的は?」と聞いた場合、多くの人は「お金を増やしたい」という漠然なもの。
それは間違いではないが、日々の考え方にブレが生じる。
例えば貯金の方法でも、「今月のお金が余ったら貯金する」という考えの人は、お金を貯めることが出来ない。
逆に「毎月5万円を先に貯金する」という人は、月日に合わせて貯金が増えていく。
このようにゴールから考えて、「今、何をすべきか」を決めることが大切です。

初めのうち

大もうけを狙うと、3000円投資が物足りなく感じられてしまう。
まずは「1000円増やす喜び」を知ろう。

3000円だと2倍になっても6000円です。正直たかがしれている。
どうしても、「10万円なら20万円になったのに」という考えが出てしまう。
この考えは非常に危険です。まずは投資を知ることから始めましょう。

マイホームは資産か?

私は、不動産は「リスク資産」であり、状況によって「資産」にも「負債」にもなりうると思っています。

ここでいう不動産とはマイホームのこと。
「持ち家と賃貸はどちらが得か?」という話題はよくあるが、本書では「リスク資産」としている。
持ち家側の理屈では、「賃貸は払うだけに対して持ち家は自分のものになる」から持ち家がいいとなるが、それには大きな条件が一つある。
住んでいる間に家が壊れることもなく、仕事が定住出来る環境にあり、家族構成がイメージ通りだった場合と前提がつく。
また考えたくはないが、離婚などをした場合は面倒くさいことになる。
ただそんなことは別にして、「マイホーム」という響きはほしいですけどね。

金融機関

金融機関は手数料が高いほどもうかるため、アクティブファンドを熱心にすすめてきますが、必ずしも手数料に見合うだけの利益が得られる保証はありません。

アクティブファンドとは、専門のマネージャーが市場動向を見ながら独自の判断で投資を行い、その結果に応じて価格に反映するファンドです。
一般的に考えれば、プロが自分の判断で投資を行うのだから、より多くの利益が上がると考えられるが、一概にそうとも言えない。
もちろん順調な時は、インデックスファンドより高い成果が見込まれる。
しかし一つだけ問題なのは、「手数料が高い」こと。
簡単に言えば、アクティブファンドの方が成果が高かったとしても、購入者側へのリターンはインデックスファンドよりも低くなる可能性がある。
成果が低ければ更に差は広がる。
もちろん全てのアクティブファンドが悪いわけではない。
ただ、上手くいっていないファンドが沢山あるだけのこと。

退職金

退職した夫が「株を買いたい」と言い出したら要注意。

言葉の通り、どんな未来が待っているか目に見える。
投資自体が悪いわけではない。
ただし、この言葉からは色々なことが読み取れる。
退職後に株を勉強して、始めようとしていないか?
初めてのまとまった資金を理解出来ているか?
一体、いつまでにどうしたいのか?
投資時期として「現在は」好ましいのか?
という風に、「素人が、大金で、計画もなく、タイミングも考えず」に投資しようとしていることが多い。
まさに、「カモネギ」状態。市場としてはうれしいが、身内なら確実に止めます。

個別株

よほど投資に精通した人でない限り、個別株への投資で成功する確率は、それほど高くはありません。
特に、短期間で利益を出すことは難しいでしょう。

たまに、「それほど投資に詳しいわけではないのに、株で勝っている」という人がいますが、一つの銘柄や、ある期間だけを切り取れば確かに利益を出していても、トータルでは損をしているというケースが圧倒的に多いのではないかと思います。

確かに難しいが、短期なら個別株の方が利益が出やすいのも事実。
長期に渡って個別株で投資している場合、負けやすいかもしれない。
世の中に個別株で売買しているのに、「俺は長期投資派だから」と言う人がいる。
これは含み損を出している言い訳であることが多い。

投資とは本当に危険なのか?

ゲームに参加しないリスクは、参加するリスクよりはるかに大きい。

本書に紹介されている、投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットの言葉です。
参加しないリスクとは何だろうか?
一番大きなところは「インフレ」になる。
適切な投資を行っていれば、インフレに合わせて資産も上昇する。
しかしタンス貯金では増えない。
どちらが正しいとは言いません。どちらを良しと考えるか、だけが問題になる。

感想

投資について非常に丁寧に、そして正確に書かれている。
もちろん、ここに書いていることが全て正しいわけではない。
否定する人や書籍が山のようにある。
しかし個人的に、本書のような作品を投資の最初に読むべきではと考えている。
少なくとも、私が投資を始める時に読みたかった。
どうしても最初は、「1億円儲けました」とか「毎月1000万円勝ってます」とかに目移りし、失敗することで投資から離れることが多い。
堅実な投資を目指す人におすすめの一冊です。

↓アマゾンへ(よろしくお願いします)
はじめての人のための3000円投資生活

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク