「金持ち父さんの投資ガイド」の名言まとめました

「金持ち父さんの投資ガイド(ロバート・キヨサキ)」より名言をまとめていきます。

投資で大切なのは考え方と心の持ち方。
まず知ることが、投資をコントロールする第一歩となる。
投資家を目指す人、必読の一冊。

金持ち父さんの投資ガイド(入門編)

儲けている人

10%の人間がつねに90%のお金を儲ける。

厳しい現実だが、ただの事実でもある。
言うまでもないが、「平均的な投資家」は残り90%に入り、儲けの10%を分けている。

お金の考え方

お金は単なる考え方にすぎない。
20万ドルが大金だと思っているようでは、金持ちにはなれない。
金持ちの投資家になりたいと思ったら、適格投資家になるための最低限の年収20万ドルなど、バケツの水の一滴に過ぎないと思えるようでなくてはだめだ。

考え方が将来を決定する。
20万ドル(約2000万円)を大金と考えて、「どうせ出来ない」と思っているうちは宝くじのような偶然以外では可能性すら望めない。
2割アップを求めているうちは、2倍の製品は作れない。
逆に3倍アップを求めたら、2倍ぐらいは何とかなる。
なぜなら2割アップの場合、現状の改良に固執する。
しかし3倍アップの場合、根本的なところから変えないといけない。

分かっていること

「わかっている」とよく言う。
でも、わかっていることを実際にはやっていないんだ。

「分かっている」や「知っている」と言う人は、頭のいい人だ。
しかしその頭の良さは、「学校での」という意味になる。
それを指摘をすると、多数の言い訳が返ってくる。
簡単に言えば素直じゃない。
学歴があり、そして人の意見を聞けない人は厄介な存在です。

結果こそ大事

「教育と経験の両方が充分に身についたことは、いつ分かるんですか?」
「ありあまるお金が持てた時だよ」

まさにバッサリという感じ。
「結果を出しているから正しい」という発想は好きではない。
しかし、理屈ばかりの人はもっと嫌いですね。

給料をもらうこと

あなたが10セントの時給を取り上げて、ぼくにただ働きをさせたことはよく覚えています。
給料をもらうことに中毒になってはいけないという、あの教えもね。

「給料をもらうことに中毒になってはいけない」
なかなか厳しい意見ですね。
サラリーマンをしている人は、「働く=会社員」という図式になる。
この考えを持っている限り、お金持ちなんてありえないとなる。
お金持ちが年収1000~2000万ぐらいを指すなら別ですけど。

スポンサーリンク

お金の活用

金持ちはお金のためには働かない。金持ちは自分のためにお金を働かせる。

子供の頃、この考え方は「悪いこと」と教えられてきた。
「働いて、その対価をもらうことこそが大切」と色々なところから聞いた記憶がある。
しかし改めて考えてみると、その思想は使う側(お金持ち側)にとって非常に都合のいい状態。
従順な従業員を確保できる。
会社を辞めて個人で「デイトレ」を行っていると、世間から白い目で見られる。
しかし証券会社の社員として投資を行っていると、賞賛の目で見られるはなぜだろうか?

お金の問題

お金に関する問題には二つの種類しかない。
一つはお金が充分にないこと、もう一つはお金がありすぎることだ。

お金がありすぎると問題が起こるのは、良く言われること。
お金がありすぎるとは、どの程度?
これは生活環境で変わってくる。
「100万円」で変わる人もいれば、「10億」でも平気な人がいる。
その逆に今日の「1万円」がないために、犯罪に走る人もいる。
できれば選択権のある方を選びたい。

たいていの人1

たいていの人はお金に関することでパニックに陥ると、それに負けてしまい、自分の人生の条件や状況をそれに支配されてしまう。

株価が下がると気になって、仕事中にチェックばかりして本業がおろそかになることがある。
また損失が増えてきたために、家族との関係が悪化することもある。
投資を一度でもしたことがある人なら、何らかの経験があるはず。
人生をより良くするために、将来を安定さすために投資を行っているのに、これでは何の意味もない。
結論として一瞬でも損失を出したくない、もしくは耐えられないとしたら、投資を行わないことを推奨する。
投資を行っている人で損失を出したことがない人は、限りなくゼロに近いはず。

たいていの人2

たいていの人は安全を気にしすぎて、たった一度の三振もしないようにとそればかりを考えて一生を送る。

これは野球を例えにしているが、「三振」は「失敗」と考えてください。
投資では、全てで利益を出す必要はない。トータルとして利益が出ればいいだけ。
極端に言えば9回負けても、1回大勝ちすればOKという場合もある。
しかし多くの人は9回勝っているのに、1回の大負けで損失を出しているパターンが多いように感じる。
株式投資において利益が出ている場合、すぐ「利確」したくなる。
逆に損失を出している場合、なかなか「損切り」を行えない。
その結果大損し、身動きが取れなくなる。
損切りは基本的に行わない方が良いと考えている。
しかしあきらかな時は、「負けを認める」ことも大切になる。

将来の目標

本当を言って、プランを持つまで投資しちゃいけないんだ。
投資はプランであって商品や手法じゃないっていうことを、いつも頭にいれておくんだ。
とても大事なことだからね。

このプランとは、「将来のあるべき姿」と捉えてください。
この姿が見えるまでは、投資すべきではないと言っている。
よく「お金持ちになりたい」というが、それはどこを指しているのか?
一般的な感覚なら、1億円も貯金すれば金持ちと考えられる。
しかしビル・ゲイツにとっては、小遣いレベルですらない。
またお金はあくまで、「何かのための手段」であって目的ではない。
よく「お金は好きですか?」という質問があった場合、多くの人が「はい」と答える。
しかし、「お金自体が好きですか?」なら、多くの人が「いいえ」になる。
お金は何かと交換できる手段である。
もし交換が出来ないなら、ただの模様のついた紙切れにすぎない。
そのため将来自分がどのような生活がしたいから、どの程度のお金がいるかを判断して、投資先を決定する必要がある。
逆にそれだけの資産をすでに持っているなら、あえて危険をおかしてまで投資をする必要はないことになる。
繰り返すが、まず「将来あるべき自分の姿」を改めて、考えることが先決。

最大の敵

あなたの心の奥底にある夢を殺す最大の敵は、「そんなばかなことを言うな」「そんなことはむりだ」などと言ってくる友人や家族だ。

投資を始めようとしたり、独立を考えたりしたことがある人なら、同じことを言われたことがあるので?
問題は多少の妬みはあるのかもしれないが、本心からの提案だと言うことだ。
場合によってはこちらが聞き入れないと、「こんなに心配しているのに!」と怒り出す。
また挑戦の結果、失敗したら「言うことを聞かないからだ」と偉そうにする。
厳しいことも失敗する可能性も、本人は分かっている。
周りも少し、対応を考えてもらいたいものである。

自分のビジネス

他人のために働いていようと自分自身のために働いていようと、もし金持ちになりたければ、自分のビジネスを持たなければいけない。

自分のビジネスを持ちたいという気持ちはある。
しかし日本の社会では、会社員という考え方が非常に一般的である。
副業などは将来本業にするためのステップでなければ、ビジネスとは言えない。
やりたいことをしても金持ちになれる可能性は低い。
自分のビジネスとは限りなく難しい。

人と比較すること

投資は競争じゃない。きみはほかの人と競争しているわけじゃないんだ。
もしきみが短期間に金持ちになることだけを望んでいるとしたら、大負けするのが関の山だ。

心に刻んでおきたい言葉です。
どうしても人の成功や失敗に、自分の投資判断を影響されてしまう。
しかし人の成果など、自分にはまったく関係のないこと。
自分が正しいと思うだけではいけない。
しかし他人の成功に合わせていては、自分の成功は訪れない。

みんなが望むもの

私は自分を修理屋だと思っている。
壊れているところを見つけて、それが直るかどうか確かめてみたいんだ。
直せるもので、もしほかの投資家たちもそれが直って欲しいと思っていれば、その時はじめていい投資となる。

金持ち父さんは不動産を中心に投資をしているため、このような言葉になっている。
多くの人は簡単に儲けたいと考えている。
例えば立地条件がよくても建物が古くて、修理に手間がかかる場合は避ける傾向にある。
その手間を自分がかけることにより、価値を作り出すことこそ投資といえる。
ただ問題なのは手間をかけても価値が出ないことが多いので、見極めこそが技術となる。

時間の大切さ

金持ちになることを夢見る人は多いが、たいていの人は時間という代価を払おうとしない。

金持ち父さんは、すぐ簡単に儲かる話を毛嫌いしている。
投資というのは時間をかけて、確実に儲かることこそ大切になる。

持ち家について

たいていの人がお金のことで困っている理由は、負債を買ってそれを資産の欄に書き入れているからだ。
だからこんなにたくさんの人が、本当は負債なのに持ち家を資産と呼ぶんだ。
資産は君のポケットにお金を入れてくれる。

ここでは持ち家と賃貸を比較しているわけではない。
単純に持ち家は資産か負債かを考えている。
資産とは収支がプラスになるものです。
持ち家を考えた場合、多くの場合は支払い額より価値は下がっている。
そのため、「負債と考えるべき」となる。
途中で住んでいるいることはあくまで消費なので、資産か負債かを考える材料とは異なる。
持ち家はあくまで負債と考える必要があり、投資ではないのです。

頭がいいこと

学校では、間違いをしないと頭がいいと思われる。
外の世界では間違いを犯し、そこから学ぶことができてはじめて頭がいいと言える。

確かに頭の良さにはいろいろある。また社会に出ると、特に最初は失敗ばかり。
そこから何を学ぶかこそが大切にある。

最大の失敗

私が知っている最大の失敗は、一度も失敗したことがないことだ。

失敗しないということは、失敗するようなチャレンジをしていないこと。
その程度のリスクも負えないで、成功などありえない。

感想

この本には具体的な投資先や技術は書かれていない。
書かれているのは、投資を始めるに当たっての自分の姿勢と考え方だけ。
タイトルに入門編とあるが、投資をまったくしていない人には意味は分かっても本質は分かりにくいのではないだろうか?
逆に投資を続けており、また結果が出ていない人には身にしみることが多かったはず?
そこから本書は投資を始める前と、上手く行かないときの2回読むことが、今後につながると考えている。
投資家を目指す人、必読の一冊です。

アマゾンへ
改訂版 金持ち父さんの投資ガイド 入門編: 投資力をつける16のレッスン (単行本)

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク