「50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?(林總)」の名言まとめました

「50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?(林總)」より名言をまとめていきます。

50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?

君がこの1年間で勉強した知識が、なんの役にも立たないことを肌で感じることにある。

 

赤字ってどういうことなんでしょうか?

 

利益が出ていても、必ずしもお金が回っているワケではない。利益と儲けは別物なんだよ。

 

いままで、君は自分が無知であることさえ知らなかったんだからね。

 

彼は結果だけを求めている。
結果が出るまでの過程が大切だというのに、肝心なことが見えていない。

 

練習しないで、観客を感動させる演奏などあり得ないではないか。
会計は、そんなに薄っぺらなものではないんだよ。

 

この店は顧客がつくったんだよ。

 

削るべきムダは思わぬところに潜んでいるものだ。

 

決して一人で頑張ろうとしないことだ。イノベーションは一人では起こせない。

 

買う側と、売る側とでは、価値観がガラリと変わってしまうのだ。

 

いまの彼には、どんなアドバイスも何の役にも立たない。
経験しないことは理解できないからね。

 

ビジネスにとって大切なのは、長期的に安定した利益をもたらす「顧客を想像する」こと。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

04_経営・戦略
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました