「売れる営業がやっていること売れない営業がやらかしていること(松橋良紀)」の名言まとめました

「売れる営業がやっていること売れない営業がやらかしていること(松橋良紀)」より名言をまとめていきます。

売れる営業がやっていること売れない営業がやらかしていること

経験

営業を経験したことがない人は、独りよがりでお客様のことを考える想像力が足りません。
やりたいことや売りたいことが、消費者の感情とかけ離れたものになりがちです。

営業というのは常に相手がいる。
机の上でコンピューターを操作している場合、決まった正解と間違いがある。
しかし人が相手の場合、決まりはない。
営業は売りたいが、消費者は買いたい訳ではない。

販売と営業

販売のときは、商品の要点を押さえて説明すれば売れました。
ですが営業は、話を聞いてもらう人を見つけるだけでも大変です。
さらに、買ってもらう人に出会うまで、とてつもない仕事量をこなす必要があるとわかりました。

販売というのは、実際の店舗に来たお客様に、商品を説明して購入していただくスタイル。
営業にもいろいろあるが個人を相手にする場合、電話でアポを取ったり、自宅に訪問したりして、商品の説明及び販売する必要がある。
営業の方がもちろん大変。逆に購入者側も、うっとうしい点において同様。
この両者の接点を見つけることの大変さが分かります。

売れる人は売れない人が分からない?

最初から売れる人は基本的なコミュニケーションスキルがもとからあるので、売れない人がどこで苦労しているのかがわかりません。
だから多くの会社で、「売れていないのは営業の気合が足りないからだ」ということになりがちなのです。

多くの会社で上司や指導的な立場の人は、最初から売れている人が多い。
そのような人は営業に向いている資質を最初から持っているため、営業的な資質が不足して売れない人の理由が分からない。
実際に売れる人と、売れる人間に教育出来る人は異なる。

マイナス思考

売れない営業はたいていの場合、マイナスの自己暗示をかけてしまっています。

よく言われことだが、物事は思っている通りになりやすい。
初めから、「また売れないのかな?」と考えて営業すれば売れるわけがない。
もちろん、「こんどは売れる」と信じても売れないが、うまくいくと思っている方が精神的に落ち着いて、結果が良くなる可能性が高い。
気持ちの持ちようは営業で成功するための最低条件です。

スポンサーリンク

言葉自体の重要性?

話す内容より「非言語の部分」が、売れるか売れないかを分けている。

営業職の人は決まったセールストークを覚えるところから始まる。
しかし同じ言葉を話しても、売れる人と売れない人が出てくる。
これはお客様側の問題でしょうか?
本書では話し方やジェスチャー及び表情など、言葉ではないものが重要と書かれている。
また売れない人は、売れる人の行動を学ぶことを進めている。
ただ人それぞれに個性があり、同じ方法でも売れるとは限らない。
売れる人の良さを、自分の良さに置き換えて実行したい。

現実化

五感で表現できるものは、すべてが現実化に向かいます。

明確にイメージできるものは達成しやすい。
ここで売れない人に聞きますが、自分が売れるイメージを持っていますか?
または実際の営業時、うまくいっているイメージを持って望んでいますか?
おそらく出来ていないだろう。
イメージ出来ないことは実際も出来ない。
まず成功するイメージを徹底的に高めてください。

お客様の言葉と実際

お客様の人格と、口から出る言葉にはギャップがあります。
なので、お客様の発する言葉を鵜呑みにしてはいけないということです。

売れない営業はフレンドリーなお客様を狙い、売れる営業は警戒心が強いお客様を狙う。

お客様のことについて2つピックアップしました。
とても友好的に話を聞いてくれ、購入意欲がありそうなことを話す人がいる。
ここで少し考えて下さい。
「その人はあなただけに友好的なのでしょうか?」
もちろん違います。
ある意味、「話してもどうとでもなる相手」と考えられている。
営業の目的は「買ってもらうこと」であって、話し相手になることではない。

「お客様?」

「お客様」の呼びかけが壁をつくる。

自分のことで考えて下さい。
「お客様」と呼ばれるのと、「○○様」と名字などで呼ばれる違いを。

ある一線について

閾値(いきち)まで達していないことはやめられない。

まず「閾値」とは、ある段階(ある一線)のこと。
自分のこととして想像して下さい。ほしい製品がある場合、すぐ購入するでしょうか?
もちろん衝動買いすることもありますが、大部分は考えるだけで終わっていると思います。
そのように人は「考えること」と「実際の行動」には開きがあります。
営業で商品を買ってもらうには、その「閾値」を超えるだけのニーズを見つけて解決する必要がある。

スポンサーリンク

お客様目線の解決

お客様の得とは何か?
得とは、悩んでいることを解決すること、困っていることを解消することです。

営業をして売れないと、「なんとしても売りたい」という気持ちばかりが強くなる。
そのため購入する客様の、本当に困っていることまで気持ちが回らない。
営業は押し売りではありません。
少なくとも、「お客様が困っていることは何か?」ぐらいは、真剣に考えたい。

沈黙の必要性

質問は、反比例の法則が働きます。
質問者の質問が長いほど、お客様の返事は短くなります。

営業が長く話せば、お客様の話は短くなる。
逆に営業が短い質問をすれば、お客様の話が長くなる。
よく二択の質問がよいとあるが、これではお客様は短い返事で済んでしまう。
「どうですか?」と聞いた後に沈黙すれば、相手はそれについて話さないと会話が進まない。
曖昧な質問と言葉が止まった時には、選択肢を提示することが有効になる。

説得するためには

自分が感動すれば、お客様も100%感動するとは限りません。
しかし、自分が感動しないうちは、お客様の心が動かないということは断言できます。

物を購入する時には、心の動きが必要です。
その話題になると、熱がこもるように話してしまうことがある。
またその話題に対する知識も深く、人に伝えたいという気持ちも入っている。
あまりに特殊な内容だと相手は引いてしまうが、問題は営業している商品に対して、それだけの熱意があるかということ。
もし営業してる商品に趣味と同じだけの熱意があれば、いつもとは違う展開が待っている。

利点と利益

売れない営業はメリットを伝え、売れる営業はベネフィットを伝える。

ベネフィットとは「利益」のことになる。
または「どんな悩みを解決できるか?」のこと。
例えば、洗濯機で考えてみる。
最新型は少しの水で洗うことができ、また水流を改善して短時間で洗うことができるとする。
営業時にこれをアピールすれば売れるでしょうか?
結論は売れません。なぜなら、お客様にとっての利益が見えないからです。
節水ができるとは、水道料金がどれぐらい安くなるかを相手に伝えることが有効です。
短時間で洗えるということは、朝の忙しい時間を有効に活用できるようになります。
このようにお客様の日常にある悩みや損失を解決することが、購入意欲につながる。

スポンサーリンク

人の購入動機

人が行動するときの動機は「損を防ぐため」と「得があるから」
このたった2つだけです。

シンプルかつ明快な考え方です。
しかしここで気をつけたいのが、言葉を並べても売れないということ。
本書にも「人は感情で動く。理性では買い物しない」と書かれている。

マイナス動機

お客様に買っていただくためには、プラス動機ではなく、マイナス動機が必要です。
意外かもしれませんが、60%の人は、マイナスをイメージできなければ行動に移せないのです。

これだけでは少し分かりにくいですね。
最新型のプラスイメージだけではなく、現在使っている製品のマイナスをイメージできないと、購入に結びつかないということ。
また洗濯機を例に考えてみる。
新型では水流の変更により、「今までより汚れが落ちます」というプラスイメージだけでは正直ピンと来ない。
しかし、「今の洗濯機ならワイシャツの襟首の汚れが落ちないことが多い」
それが新型では、「水流の変更により真っ白になる」というふうに、現在のマイナスをイメージさせることにより、プラスのイメージがより際立つ。
マイナスイメージは、単純に言えば「悩み」のこと。
その悩みを解決することが営業の仕事になる。

自分と相手

意識の方向を自分に向けるのではなく、相手に向けることで、見える世界が大きく変わっていくのです。

「自分はどうやって伝えようか?」ではなく、「相手はどんなことを考えているだろうか?」となることが必要になる。
自分が話す時は「前のめり」になるので、相手は下がってしまう。
相手の話を聞くため引く姿勢になると、相手が「前のめり」になる。
ただ話を聞くのと、相手のことを考えながら話を聞くのでは全然違う。
間違っても「早く終わらないかな?」などとは考えないように。

お金の有る無し

本当に欲しいならお金がなくても買う。

営業で一番よく言われるのが、「お金がない」との言葉。
しかしお金は、いくらでも準備ができる。カード払いもあるし、ローンもよくあること。
「お金がない」という言葉は買わない理由ではなく、本当の意味ではまだ欲しくないという言い訳に過ぎない。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
「売れる営業」がやっていること 「売れない営業」がやらかしていること

→インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク