「生産性(伊賀泰代)」の名言まとめました

「生産性(マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの)(伊賀泰代)」の名言をまとめていきます。

生産性

マッキンゼー

その働き方にはあらゆる場面において、少しでも生産性を高めようとする強い意志が感じられたのです。

著者がマッキンゼー社員時代に感じていたこと。
日本でも多くの人が作業のスピードアップを図っている。
しかしそれは個人のスピードアップであり、組織としての改善ではない。
個人のスピードアップには限界がある。しかし組織としての改善は無限に広がる
一度手を止めて、真剣に考えてみたい。

従来の方法

生産性が大幅に上がるなら従来のやり方に固執する必要はない。
リスクをとることも厭うべきではない。

従来の方法を変更する場合、多くの人から非難される。
なぜなら変更後は、慣れない作業により効率が落ちるから。
例えば以前は、紙に書いていたものを電卓で計算していた。
それをエクセル入力に切り替え依頼したらクレームが発生し、問題点ばかり指摘される。
しかし便利さを知った今では、電卓作業に戻ったら批判が出るだろう。
これは出来るか出来ないかではない。するかしないかの問題になる。

コスト削減

「生産性を上げること=コスト削減」という誤った認識も広く共有されています。

日本の生産性は、製造現場での効率アップというイメージ。
生産性のアップとは、作業効率のアップによるコスト削減が重視される。
しかし企業の生産性とは効率だけではない。
結果を上げることも生産性が上がったことになる。
例えば、従来の感覚では次になる。
一人が8時間で1万円の利益を上げた。
効率化により作業時間を半分にすることが出来た。
結果、8時間では倍の2万円の利益を出すことが可能になった。
しかし結果をアップさせるとは次の考え方も生産性のアップとなる。
一人が8時間で1万円の利益を上げた。
8時間で2倍の利益が出る方法を考えだした。
結果、8時間で倍の2万円の利益が出せた。
どちらが正しいかではない。
どちらも正しい生産性のアップとして、認識することが大切。

長時間労働

長時間労働の是正に関しても、「低い生産性の仕事を長時間、社員に課している企業」と「極めて高い生産性で朝から晩まで働き、圧倒的なスピードで世界を席巻してゆく企業」の違いが理解されているようにはみえません。

私も同じ意見を持っている。
もし立ち上げたばかりのベンチャー企業の社長が、1日8時間で週休2日の休暇をとってたら、「初めから成功する気がないのか?」と感じる。
長時間労働自体は悪ではない。ダメなのは、長時間労働を強制される環境が出来ていること。
価値が低く、また低賃金の長時間労働が問題。またサービス残業などは論外。
労働時間を問題にしている時点で、本質を見ていない。

量と質

頭では生産性の重要性を理解しているつもりでも、ビジネスの前線では往々にして質より量が優先され、生産性が犠牲にされています。

本書では人の採用に伴う効率を取り上げている。
簡単に記せば、「10人採用する場合は10人のみに面接を行い採用するのがベスト」
しかし多くの企業は、「何人面接に来た」とか「倍率がなんぼ」などを気にしており、多ければ多い程よいと考えている。
10倍応募が来れば、10倍の面接などを含む作業が発生している。
「多数の応募が無ければ優秀な人材を得られない」という発想はおかしい。
必要なのは、「優秀な人材だけが応募してくれるにはどうすればよいか?」になる。

付加価値

日本企業は「付加価値を上げる=新たな機能を追加すること」、もしくは、「付加価値を上げる=高機能化すること」と考えているかのようにみえますが、欧州の家電メーカーなどは、「機能を絞る」ことで付加価値と価格を上げる手法も多様しています。

確かにそのように感じる。
家電は毎年のように新製品が発売され、その殆どが昨年よりも高機能で高性能になっている。
しかしよほどのマニアでなければ、それほど複雑な機能と高性能はいらない。
それなのに、レベルダウンはありえないという感じで進化している。また種類も多すぎる。
アップルが何種類の製品を出しているか、真剣に考えるべきだろう。

自由裁量

「金と手間はいくらかけてもいいから、いい人材を採用しろ!」などという生産性度外視の方針では、人海戦術(応募数という量の拡大)と条件競争(高い報酬で応募者を惹きつける方法)しか生まれません。
そんな発想では、イノベーションは起こりえないのです。

私も同じことを何度か聞いたことがありますし、耳が痛い人もいるだろう。
日本企業では、親分肌的な感じが評価されることが多い。
創業者に多そうなイメージですね。しかしここでは全否定している。
人間自由にできる環境では、意外と判断に悩むもの。
むしろ制限こそがアイデアの源になる。
明らかな不足は問題だが、多少の不足は必要なのです。

画期的

ビジネスイノベーションを起こすためには、「一気に生産性を上げて、現状の問題を解決できる画期的な方法はないか?」という強い希求心が必要です。

「画期的な方法なんて簡単には出来ない」と諦めていては永久に生まれない。
「何かないか?」と常に考えることで、画期的な方法は生まれる。
偶然生まれた方法も、常に気にしていたために気づくことを忘れてはいけない。

海外のジョーク

日本人は会議の開始時刻には厳密だが、終了時刻には極めてルーズだ。
しかも誰もそのことを悪いとは思っていない。
開始時刻にルーズなイタリア人と、終了時刻にルーズな日本人には何の違いもない。

私も同じような感覚を持っていたため、改めて言われてみると恥ずかしい。
参加している人の時間を、奪っていることに関してはどちらも同じ。
「会議しているからいいじゃないか?」という発想は、日本でしか通じない。

会議時間

大事なのは会議の時間を短くすることではなく、会議の質をコントロールすることなのです。

組織における会議回数と時間はいつも問題になっている。
しかし言われる通り、内容について明確に語られていない。
日本における会議は話し合いの場ではなく、通過するべき儀式。
このスピードの時代、このような会議をしていては会社が危ない。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク