「実践アメーバ経営」の名言まとめました

「実践アメーバ経営(稲盛和夫)」より名言をまとめていきます。

京セラで実践されているアメーバ経営。
その細分化された経営方法を、細かく解説していく。
経営改善を行いたい経営者に、おすすめの一冊です。

経営の目的

私にとって経営の目的とは、すべての社員の幸せを追求することである。

稲森さんの基本となる考え方。
よく経営の目的に、「社会貢献」を挙げる経営者がいる。
しかしそれは手段であって、目的ではない。
やはり会社や経営の基本は、利益を上げて還元することである。

人生や仕事

人生・仕事の結果は、「考え方」「熱意」「能力」の掛け算である。

正しい考え方ですが、少し昔風のイメージです。
昔風が正しくて今風が間違いとは考えていない。
またその逆もしかり。
少しひっかかるのが、「熱意」の部分。昔と今では熱意の方向性が違うように感じる。
あくまで違うだけなのだが、上手く理解してもらえない。

育成

アメーバ経営の目的のひとつは、一般従業員を、経営者意識を持った共同経営者に育成していくことである。

アメーバ経営は組織を細分化し、それぞれ独立して採算を行う。
そのためアメーバ単位のリーダーは、小さな経営者となる。
言い方を変えれば、経営者的な感覚を持たないとリーダーになれない。
実践を持って育成していくことになる。

方向性

アメーバ経営を実践するにあたり、経営者と従業員が同じ考え方や哲学を共有することが欠かせない。

小さな組織単位が、それぞれの方向性を向けば、収集がつかなくなる。
アメーバ経営は細かくて把握しやすくなるが、制御が難しいといえる。
そのため他の企業では、この方式を採用するのが難しい。
もし採用するなら、経営者と従業員の方向性を合わせないといけない。

知識

皆さんは知識をたくさん持っていたかもしれませんが、人間として正しいことを追求するという最も基本的な考え方さえ身につけていなかった。

経営再建を依頼されていた日本航空の幹部に対して、稲森さんが語ったこと。
言い方を間違えれば、かなり相手を怒らす発言です。
実績のある稲森さんだからこそ、言えることになる。
知っているけどプライドのせいなのか、やらない人は多い。
理由を聞いたら、細かい理屈を付けて反論してきそうな感じ。
ただ経営が上手くいっていない事実から、認めるしかないですけどね。

スポンサーリンク

限界

これが限界だといってあきらめるのではなく、すべての社員がそれぞれの現場で「売上最大、経費最小」の努力を積み重ねていけば、企業は長期にわたって高収益を実現することができるのである。

これを読んで「我が社にも」という感じで、社員に号令を掛ける経営者がいるかもしれない。
その件について、はっきり断言出来ることある。
「確実に失敗する!」
これを成功させるには、社員への強制では絶対に出来ない。
社員が考えたいと思うような環境を整えることで、始めてスタート出来ること。
世の中には環境も整えずに、無理ばかり言う経営者が多すぎる。

組織づくり

アメーバの組織づくりの要諦は「まず機能ありき」である。

これは非常に大切なことだが、疎かにされることが多い。
多くの企業は組織を決めた後、何をやるかを考える。
しかし本来は何をやるかを決めた後、必要な組織を考えるべき。
機能のために組織を作るのである。
組織のための組織を作るから、日本では無駄な人員ばかりになる。

過ち

人は、魔が差したとしかいいようのない過ちをおかすことがある。

これは凡ミスなどのことではない。ノルマや目標がある場合、誤魔化す件についてである。
そのためダブルチェックをして、誤魔化すことが出来ない体制の必要性を訴えている。
人は「信用している」という言葉を使用して、放置することがある。
それは双方にとって、決して好ましいことではない。

数字

数字は、採算管理に活用されてこそ意味を持つ。

よく数字に表して、まとめることがある。
そして膨大な数字を保管していることだろう。しかし活用出来ているだろうか?
よく数字をまとめて満足し、実際の経営には活かされていないことが多い。
数字も活用方法を決めた後、まとめたいものである。

経営者の器

会社は経営者の器より大きくならない。

反論のしようがない事実ですね。
まー正確には、経営者の器より大きくなった会社は潰れていく。

周囲の目

行動が変われば、それを見る周囲の目も変わる。

自分の行動が変われば、周りの反応が変わる。
反応が変われば、さらに自分に自信を持つことが出来る。
そうすると、更に反応が変わってくる。
結局全ては、自分の行動に掛かっている。
もちろんマイナスの行動をすれば、逆の変化が起こっていく。

継続

経営の原点を忘れ、一度アメーバ経営の仕組みをつくりあげたら後は現場の社員たちがやる気になって働いてくれるだろうと勘違いしていると、アメーバ経営はいつの間にか形骸化してしまう。

どのような組織やシステムでも、メンテナンスは欠かせない。
小さいうちなら対応も出来る。しかし問題が大きくなると制御が効かなくなる。
作り上げるより、継続させることの方が困難である。

感想

京セラのアメーバ経営の方法が分かるので、非常に興味深いです。
ただこの方法をそのまま採用しても、おそらくは上手く行かないだろう。
これはあくまで京セラの方法であり、稲盛さんの方法である。
真似ることは良いが、自分の組織に合わせなければいけない。
そして何より、常のメンテナンスが必要になる。
経営改善を行いたい経営者に、おすすめの一冊です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク