「捨てられる銀行」の名言まとめました

「捨てられる銀行(橋本卓典)」より名言をまとめていきます。

地方銀行は岐路に立っている。
バブル崩壊後の不良債権問題から、おかしくなってしまった地方銀行。
しかし地方銀行の本来の姿は、地方そのものに根付いた産業の協力者であるべきもの。
その点を中心に、金融庁と各銀行が模索中である。
銀行に焦点を当てた良書です。

捨てられる銀行

地方銀行の失敗

不良債権処理さえ確実にしていれば金融庁に睨まれずに済むという単純な地銀経営は完全に終わったということだ。

バブル以降、経営の健全化のみを重視している地銀が、貸し渋りなどをしていることは多くの人が知っている。
その弱者いじめの状態も、国と地銀の関係からは無視されてきた。
しかしこれからの地銀は、「地域の活性化」などの協力者であるべきであり、銀行の財務状態だけを気にしている経営は、長続きしないと考えられている。

実行すること

精神論はもう分かった。地方創生への実行力が問われている。
自分の所掌にこだわらず、あらゆるチャンネルを使い実行してほしい。

金融庁長官が就任時に語ったこと。
公務員のエリートというよりも、叩き上げの社長のような感じ。
形式ばかりにこだわって、結果にこだわらない姿。
また自分を守ることが最優先されるような空気を嫌っている。
もちろん言うだけなら簡単です。それを実行するのが難しい。

融資の条件

担保や保証がないと融資ができなくなっている地銀こそが企業、
経済の活性化、成長をもっとも阻害している元凶ではないのだろうか。

銀行は慈善事業ではない。そのため無理な融資は断るべきである。
しかし担保がなければ、貸せないというのは明らかにおかしい。
普通の人は、担保に相当するものを持って無くて当たり前。
担保や保証は「これから作り出す」もの。
融資に物質的な保障を求めるのは、企業としては根本的に間違っている。

議論したいこと

ヒアリングできるかどうか、そんなことを議論したいんじゃない!

地方の企業に対して、地銀との関係性をヒアリングしたいと考えている。
ただ、「ヒアリングして効果があるのか」などの否定的意見ばかり出る。
そんな時、怒った金融庁長官が語ったこと。
ヒアリングして意見を聞いても、本音を話してくれることは少ない。
そのような過去の事例から、効果を疑うのも間違いではない。
しかしヒアリングをすること自体は正しいこと。
ただ多くの場合、方法が間違っているだけ。
正しくヒアリングする方法を議論したいのに、出来ないことばかりを主張されれば怒りたくもなる。

地銀の目線

苦境に陥った企業や人々の生活を「地域の問題」として認識しているのか、「ゴミ」と認識しているかの差だ、と言えば分かりやすいだろうか。

非常に厳しい書き方だが現実でもある。
苦境にもいろいろあり、一括りには出来ない。
急なトラブルにより、資金が回らなくなっただけかもしれない。
無茶な経営で単純に破綻しただけかもしれない。
しかし結果だけを見れば、「滞納」でしかない。
未来の地域や人をを支える企業を、このようなことで失うのは損失でしかない。

スポンサーリンク

銀行の今昔

今の銀行はかっての銀行ではありません。現場も崩れ、経営も壊れています。

地域金融の最古参の識者が語ったこと。
「昔はよくて今はダメ」的な話は個人的に嫌いだが、これは本当みたい。
全てはバブルとそれ以降の対応で、方向性を見失っている。

出来ない理由

おまえは、できない理由を完璧に説明するが、それは、できない理由すら分からない人と何も変わらない。
できない理由が聞きたいんじゃない。ゼロではなく、イチでもいいから成果を持ってこい。

金融庁長官が幹部を叱った時の言葉になる。
出来ない理由は簡単です。
なんでも出来るというのは問題だが、出来ない理由を話した時は、必ず改善案も同時に提出する必要がある。

報告書と報告会

報告書は1行あたり100枚以上もいらない。20枚以内でいい。
報告会の参加者は40人も必要ない!
主任検査官と幹部の20人以内にしないと本質的な議論はできない。
報告会は3回にこだわらなくていい。形式的にやるな。
問題がなければ1回でいい。問題があれば10回だって構わない。

形式的な報告書や人数ばかり集まった会議について、金融庁の長官が改善を求めている。
まったくの正論です。
報告書のための報告書、会議のための会議ばかりで、「目的」という一番大切なものを忘れているように感じる。
これだと最終的に、「根回しこそ必要」となる。改革の難しさは内容だけではない。

馴れ合い

主任検査官も手ぶらでは帰れないし、銀行側もそれを承知している。

検査時におけるそれぞれの立場です。
非常に馬鹿馬鹿しい。
しかしこれを普通と考えてしまう多くの人は、かなり感覚が麻痺している。

副作用

良かれと思ってしたことでも、思ってもいない副作用が生じてしまうことがある。
当初の目的が正しくても、人の行動や考えを変えてしまうことを深く洞察しなかったためだ。

日本人の特色でもあるが、最初に時間をかけて細密なものを作り上げるのに、出来た後のメンテナンスがおろそかになることが多い。
機械や装置等はメンテナンスするのに、決まりやシステムにもメンテナンスが必要とする発想自体が欠けている。
物と違い人は常に変化する。
良かれと思うことでも、必ず悪い面が出てくる。
それは直せばいいだけであって、間違いではない。
なぜか悪い面が出てきた時、最初の提案者を責めることが多いのは残念です。

変えるべきもの

非常に多岐にわたるルールや規定を求めても、行動そのものを変えなければまったくの無駄に終わる。

これは非常に大きな問題です。いつもここが見落とされている。
ルールや決まりは大切です。しかしそれだけで変わることは稀です。
なぜなら実際に行動するメンバーが、「どう感じるか」を考えていないから。
頭のいい人たちは「行動させる」という発想から、抜け出す必要がある。

ノルマ

ノルマの達成度合いを絶対的な評価軸にした人事制度においては、顧客満足などは「雑音」に過ぎない。

ストレートな言い方だが、間違いのない事実。
顧客満足度が高いから、ノルマの達成度も高いのが理想である。
しかし決して、この順番にはならない。
その「雑音」をきちんとフォローしている人の評価が低いのは、会社にとっての損失と言って間違いない。

顧客第一主義

顧客第一主義。しばしば目にする企業理念だ。
しかし、理想を現実の収益と結びつける経営は「口で言うほど容易ではない」ことも我々はよく知っている。

なかなか手厳しい意見です。
そして多くが勘違いしている。
「顧客第一主義」とは顧客の正当性を守ることあり、顧客の我儘を受け入れることではない。
最近、「何日以内なら返品100%保証」などがあるが、不良品ならともかく気に入らなかったなどで返品される場合も適用される。
顧客とは購入者だけでなく、製造者、販売者、運送者全てが顧客というのが正しい考え方。
「お客様は神様です」的な考えは、明らかに矛盾がある。
しかし「相手先第一主義」だと、限りなく困難な状況が生まれる。
それでなお収益を上げていたら、素晴らしい経営である。

目先の利益

目先の数字を追う者に碌な人間はいない。

北陸にある銀行が、顧客本位の人事制度を考えた時に出した結論です。
少し極端な気はしますが、間違っているとは言えない。
また反論したいところだが、言葉が浮かばない。

感想

正直読むまでは銀行なんて興味が無く、最近続編が出るぐらい人気本のため、気分転換程度の気もちでした。
またタイトルから、銀行のダメな所を批判している内容と考えていたが、まったく逆の未来を感じさせる内容だったのには驚いた。
もちろんダメなところは沢山出てくる。むしろほとんどがダメなところ。
しかし金融庁のトップが変わったことと、少数ではあるが地銀にも周りを見ているところがあること。
そのため、かすかではあるが希望を感じさせる。
もちろん多くの希望は、挫折へと変わるいつもと同じパターンなのかもしれない。
しかし最初の一歩が肝心ですし、二歩目以降のメンテナンスはもっと肝心。
結果は出すよりも、出し続けることの方が当然困難です。
金融庁と地銀について知りたい人には良書です。

アマゾンへ
捨てられる銀行 (講談社現代新書)

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク