「野村克也 野球論集成」の名言まとめました

「野村克也 野球論集成」の名言をまとめていきます。
野球の技術論的な部分は対象外にしています。

野村克也 野球論集成

第1章

優勝は、強いか弱いかよりも「ふさわしい」かどうかで決まることが多いのだ。

 

勝つことは仕事であり、人生のほんの一部でしかない。

 

自分が笑うために一生懸命やるのはアマチュアだ。プロは、人に喜んでもらう、笑ってもらうために努力するものだ。君たちの給料はファンから出ているんだ。

 

人間は可能性の動物ではあるが、プロとしての戦いは技術的な限界を知り、その先の努力を始めるところから始まる。

 

まず正しい知識を得て、原理原則を知ること。知識を得るには、野球という競技を正しく学ばなければならない。

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

成功というものは、その結果で測るものではなく、それに費やした努力の統計で測るべきものである。

 

歴史とは失敗の蓄積である。結果論が、次の成功するプロセスをつくる源になることも忘れてはならない。

 

人生と仕事は、切っても切れない関係にある。生きがいなくして成功なし、という。

ただ、成功だけを求めていくと個人主義に陥り、自己顕示欲が強いだけの非情な人間になる恐れがある。成功は結果でしかない、と考えた方がいい。

 

「称賛」だけの明るい世界では、本物のプロは育たない。「無視」されて実力を蓄え、「非難」を乗り越えて一流になれる。

 

プライドは、自分でコントロールして初めてプライドといえる。進歩のマイナスになるようなものを、プライドとは呼ばない。そんな安物は、捨ててしまった方がいい。

 

第2章

得意な球を投げる、来た球を打つ。それだけではないのが、野球の醍醐味だ。考える時間があるから、迷う。迷うから、考える。この連鎖が野球を進歩させている。

 

目的のない練習は、練習とは呼ばない。正しい努力をして、正しい技術を身につけてほしい。

 

終章

個人成績を上げれば、チームの成績も上がる──。

この考えは一見、当たっているようで、間違っている。勝利優先のプレーに徹した結果、個人の成績も上がる。これが正しいプロセスである。

 

「野球とは」を伝承していくことが、私たち野球の専門家の使命である。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年12月28日現在)

アマゾンリンク
野村克也 野球論集成

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

04_経営・戦略
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました