「100人の村で84人に新商品を売る方法(森本尚樹)」の名言まとめました

「100人の村で84人に新商品を売る方法(森本尚樹)」の名言をまとめていきます。

100人の村で84人に新商品を売る方法

1章

すべての商品はお客さまの問題解決のために存在する。

 

個々の戦略にはただひとつの答えなどない。

 

喜んでくれない人に無理に商品を売り込むことほど非効率なことはない。売り込む人にも精神的な苦痛を強いることになる。

 

私もお客さまに「どのような商品を作れば購入していただけますか?」と聞くことは大反対だ。それを考えるのはお客さまの仕事ではなく、私たちの仕事だからだ。

 

「御社はお客さまのために存在している」とはいったが、断じて「御社はすべての人のために存在している」とはいっていない。

理不尽な要求を突きつけてばかりいる横柄な人までを、「お客さま」と呼ぶべきではない。

 

人が商品を購入する最後のスイッチは信頼関係である。

2章

大手企業が世の中のすべてのお客さまの問題解決を行えているわけではない。
その商品やサービスに不満を持っているお客さまは必ず存在する。

 

ライバルのいいところをマネすれば、それはライバルに追従することに他ならず、その時点であなたは差別化ポイントを失い、ライバルを超えることは困難になる。

 

お客様が求めているのは高機能な商品では決してない。問題を解決できる方法だ。

 

本当の強みとは何か? 強みが発見できない時には、反対に弱みに注目するといい。

 

定価をライバルよりも安く設定してしまうと、「別に特別なことをしなくても、商品が売れるのではないか?」という錯覚に陥ってしまう。

 

「安い商品だけが大好きな顧客」に、商品を売ることは、本当にあなたが、人生をかけてまで、どうしてもやらなくてはならないことなのか。

 

3章

ライバルたちがあたりまえだと思っていることを捨ててこそ、戦わずして勝てるヒット商品を創出することができるのだ。

 

すべてのお客さまをターゲットとしないことから始まる。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
100人の村で84人に新商品を売る方法

 

→THE TEAM(麻野耕司)
→イシューからはじめよ(安宅和人)
→仕事が速いのにミスしない人(飯野謙次)
→生産性(伊賀泰代)
→転職の思考法(北野唯我)
→3分間コーチ(伊藤守)
→どうすれば、売れるのか?(木暮太一)
→なぜあなたの仕事は終わらない(中島聡)
→100円のコーラを1000円で売る(永井孝尚)
→50円のコスト削減と100円の値上げ(林總)
→必ず食える1%の人になる方法(藤原和博)
→売れる営業、売れない営業(松橋良紀)
→さおだけ屋はなぜ潰れないのか(山田真哉)
→外資系コンサルの知的生産術(山口周)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

経営・戦略
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました