「THE TEAM(ザ・チーム) 5つの法則(麻野耕司)」の名言まとめました

「THE TEAM(ザ・チーム) 5つの法則(麻野耕司)」の名言をまとめていきます。

THE TEAM

第1章

チームをチームたらしめる必要条件は「共通の目的」です。

 

「どうすれば目標を達成できるか?」を考える前に、「どのような目標を設定するのか?」を定めることに、より力を注ぐべきなのです。

 

チームに行動目標しか設定されていなければ、時にメンバーは「作業」の奴隷になります。
チームに成果目標しか設定されていなければ、時にメンバーは「数字」の奴隷になります。

 

今の時代は、チームが何のために存在し、どんな影響を与えていくべきなのかという意義目標をすべてのメンバーが意識し、自発的に行動し、成果をあげるチームづくりが求められています。

第2章

企業にとって採用が重要なのと同じように、チームにとってもメンバー選びは非常に重要です。メンバー選びはチームで活動するすべての人に関わるアクションです。

 

第3章

チームメンバーが動いてくれない原因は「感情」にこそある。

 

第4章

「みんなで話し合って決めるのが良いチームだ」というのは、スピードが求められるような場面では十分に機能せず、「誰かが独断で決めるのが良いチームだ」ということも大いにあり得るのです。

 

チームによる合議をスピーディに、再現性を持って進めるためには、選択肢同士ではなく、まず選択基準と優先順位を決めるべきだ。

 

独裁による意思決定を成功させるのは、意思決定者だけではなく、その意思決定を実行するチームメンバー全員なのです。

 

第5章

これからの時代のチームは、金銭報酬や地位報酬だけではなく、感情報酬を重視しなければいけなくなっていくでしょう。

 

最終章

「偉大なチームには偉大なリーダーがいる」のではなく、「偉大なチームには、法則がある」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」「Audible」対象作品(2020年8月16日現在)

アマゾンリンク
THE TEAM 5つの法則

 

→イシューからはじめよ(安宅和人)
→仕事が速いのにミスしない人(飯野謙次)
→生産性(伊賀泰代)
→転職の思考法(北野唯我)
→3分間コーチ(伊藤守)
→どうすれば、売れるのか?(木暮太一)
→なぜあなたの仕事は終わらない(中島聡)
→100円のコーラを1000円で売る(永井孝尚)
→50円のコスト削減と100円の値上げ(林總)
→必ず食える1%の人になる方法(藤原和博)
→売れる営業、売れない営業(松橋良紀)
→100人の村で84人に新商品を(森本尚樹)
→さおだけ屋はなぜ潰れないのか(山田真哉)
→外資系コンサルの知的生産術(山口周)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

経営・戦略
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました