「一勝九敗(柳井正)」の名言まとめました

「一勝九敗(柳井正)」の名言をまとめていきます。

一勝九敗

経営者と商売人はどう違うのか。商売人は、売ったり買ったりすること自体が好きな人。
経営者とは、しっかりした目標を持ち、計画を立て、その企業を成長させ、収益を上げる人のことだ。

 

良い立地に無理して出店しても賃料が高いと、売れているときはいいのだが、売れなくなったとたんに、もたなくなる。

われわれの力に見合った立地、それが良い立地ということなのだろう。

 

ユニクロの品質向上には、現場で学んだ失敗の数々が大きく寄与している。つねに「現場を知る」ことこそ、経営の原点だと今も考えている。

 

新しい事業は、そもそも失敗することが多いのである。やってみないと分からないことが多いからだ。

 

問題は、失敗と判断したときに「すぐに撤退」できるかどうかだ。儲からないと判断したら、その事業を継続すべきでないのは誰にでも理解できるはず。撤退もスピードが大事である。

 

事業を始めるときには、ぼくはいつも最終形を考えるようにしている。こうあるべきという目標を定め、それに向かって行動することが大事。

 

自分の会社には人材がいないとぼやく経営者が結構多いようだが、それはおかしい。本気で集める努力を怠っていると思うし、人材以前の問題がその会社にはあるはずだ。

 

一番いい会社というのは、「社長の言っていることがそのとおり行われない会社」ではないかとぼくは思う。

社長の言っていることを「すべて」真に受けて実行していたら、会社は間違いなくつぶれる。

広告宣伝というのは0点か100点しかない。そのほどよい中間はないと思う。

 

「段取り重視」は効率的な側面もあるが、形式的になりすぎることがあり、クリエイティブな世界には向かない方法だ。70点は取れるが、100点は取れない。

 

会社を経営するうえで一番重要なのは「どういう会社にしたいのか」と、「どういう人たちと一緒に仕事をしたいのか」を明確に示すこと。

 

今までと同じものであれば誰も評価してはくれない。世の中に役立つような商売をやらないと、収益はあがらない。

 

店長が最終目標なのである。そういう意識がないために、店長という職種に対して誇りを持てないのだ。

 

ぼくは、実力主義以外で人を評価するということはできないと思っている。

 

経営もマンネリ化したら終りだ。一人の人間が全部決めてやるということは、マンネリ化する時期が早まるということを意味する。

 

成功するということは、保守的になるということだ。今のままでいいと思うようになってしまう。

 

スタートするのは簡単だ。資金さえあれば誰にでもできるが、それを「事業として利益を上げる」、「拡大再生産する」というのはものすごく難しい。

 

スピードがない限り、商売をやって成功することはない。だから、ぼくは失敗するのであれば、できるだけ早く失敗するほうがよいと思う。

 

あらゆる計画は机上の空論だ。
いかに努力して計画しても、現実にブチ当たってみるまでわからないことが多い。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
一勝九敗 (新潮文庫)

 

→田中角栄 100の言葉
→生き方(稲盛和夫)
→一日一話(鍵山秀三郎)
→不格好経営(南場智子)
→得手に帆あげて(本田宗一郎)
→道をひらく(松下幸之助)
→成功のコンセプト(三木谷浩史)
→スティーブ・ジョブズの名言
→ジェフ・ベゾスの名言
→人を動かす(カーネギー)
→ゼロトゥワン(ピーター・ティール)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

経営・戦略
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました