「ゼロ(堀江貴文)」の名言まとめました

「ゼロ(堀江貴文)」の名言をまとめていきます。

ゼロ

第0章

人が新しい一歩を踏み出そうとするとき、次のステップに進もうとするとき、そのスタートラインにおいては、誰もが等しくゼロなのだ。

 

第1章

勉強でも仕事でも、あるいはコンピュータのプログラミングでもそうだが、歯を食いしばって努力したところで、大した成果は得られない。

努力するのではなく、その作業に「ハマる」こと。なにもかも忘れるくらいに没頭すること。

 

無駄に終わる知識はあるかもしれないが、周囲の大人を説得し、自分で自分の道を切りひらく最強のツールは、勉強なのだ。

第2章

経験とは、経過した時間ではなく、自らが足を踏み出した歩数によってカウントされていくのである。

 

誰もやらないのなら自分でやるしかない。

 

第3章

自分自身の問題として考えてほしい。
あなたにとっての仕事とはどんなもので、あなたはなんのために働いているのか。

 

人生の中で、仕事はもっとも多くの時間を投じるもののひとつだ。そこを我慢の時間にしてしまうのは、どう考えても間違っている。

 

多くのビジネスマンは、自らの「労働」をお金に換えているのではなく、そこに費やす「時間」をお金に換えているのだ。

 

お金(給料)とは「もらうもの」ではなく、「稼ぐもの」である。

 

やりがいとは「見つける」ものではなく、自らの手で「つくる」ものだ。

 

人はなにかに「没頭」することができたとき、その対象を好きになることができる。

 

「できっこない」という心のフタさえ外してしまえば、「やりたいこと」なんて湯水のようにあふれ出てくるのだ。

 

自分の会社が倒産したところで、あなたという人間は潰れない。経営を通じて手に入れたビジネススキルは確実に「次」への生かされるのだ。

 

お金とは「信用」を数値化したものである。

 

ほんとうに困ったとき、人生の崖っぷちに追い込まれたとき、失敗してゼロに戻ったとき、あなたを救ってくれるのはお金ではなく、信用なのだ。

 

信用の「ゼロからイチ」は、まず自分で自分を信じるところからはじまる。

 

思考停止が持つ力を甘く見てはいけない。人は少しでも油断すると思考停止に足を踏み入れ、「ここでいいや」と安住の地を求めてしまう。

 

第4章

「悩む」とは、物事を複雑にしていく行為だ。
「考える」とは、物事をシンプルにしていく行為である。

 

どれほど複雑に見える課題でも、元をたどればシンプルなのだ。

 

決断とは「何かを選び、ほかのなにかを捨てる」ことだ。

 

第5章

失敗なんか怖れる必要はない。僕らにできる失敗なんて、たかがしれている。

 

過去を振り返っても事態は変わらず、未来に怯えても先へは進めない。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

「アマゾン Audible」対象作品。

アマゾンリンク
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

→多動力
→ドラことば(ドラえもん&のび太)
→Lily~日々のカケラ~(石田ゆり子)
→勝ち続ける意志力(梅原大吾)
→ひとまず、信じない(押井守)
→樹木希林 120の遺言
→群れるな(寺山修司)
→革命のファンファーレ(西野亮廣)
→職業としての小説家(村上春樹)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました