「会話がとぎれない話し方66のルール」の名言まとめました

「会話がとぎれない話し方66のルール(野口敏)」より名言をまとめていきます。

「あなたは会話が得意ですか?」
本書では具体例を使って、分かりやすく解説している。
自分との違いを確認し、すぐに実戦に使える一冊。

気持ちのキャッチボール

なお、ぜひとも知っておいてほしいことがあります。
それは、会話で伝え合っているのは自分と相手の「気持ち」だということです。
「会話は言葉のキャッチボール」ではなく「気持ちのキャッチボール」なのです。

会話ベタは「何か話さなくては...」という気持ちばかりが優先する。
そして相手のことを考える、余裕が失くなってしまう。
会話において、何が大切なのかは覚えおきたい。

自分の感情

あなたが本気で会話力を身につけたいのであれば、断ち切ってしまった感情とのパイプをもう一度、つなぎ戻す必要があります。

会話ベタの人は「相手がどう思っているか?」とか「周りが引いていないか?」ばかりで、一番肝心な「自分は楽しいのか?」が抜けている。
会話力を身につけるには、「先ず自分の喜怒哀楽」を取り戻すことが必要です。

聞く力

会話を続かせたければ、まずなにより「聞く力」をつけることです。

「聞くことが大切なのは知っているが、うまくいかないから困っている」とスルーしないで下さい。
ここでは「聞く」ではなく「聞く力」と書いている。
簡単に言えば、「ただ聞くだけではダメ」ということ。

反応

人が話をするとき、聞き手に求めているのは「反応」なのです。

会話で大切なのは、「言葉ではなく気持ち」になります。
それと同じぐらい大切なのが、「反応」になる。
つなぎ合わせると、「気持ちのこもった反応」こそが大切となる。

待つこと

聞き上手とは質問できる人。こんなふうに考えていませんか。
しかし、本当の聞き上手は、質問より「待つこと」を優先します。

なかなか耳の痛い言葉です。どうしても沈黙が恐いため、すぐに話をしてしまう。
相手が話をしている途中で考えているなら、少し待つ勇気も必要ですね。

スポンサーリンク

落ち着ける人

よく「あの人とは一緒にいて落ち着ける」という言葉を耳にします。
それはきっと、「沈黙を共有できる」という意味で使われているのではないでしょうか。

このような人に出会いたいが、まずそこにたどり着くのが難しい。

知りたいこと

どんなに些細な会話であっても、人はあなたの「気持ち」を知りたがっています。

「楽しい」や「ありがとう」と言ってる人がいる。
もし本人の表情がつまらなそうだったら、会話として意味がない。
つまらないのに「楽しい」と言っても、相手との距離は縮まらない。

話題

実は話題というのは、取るに足らない小さなことでいいのです。
そう、あなたの「何気ない日常」に「いい話題」が潜んでいます。

たしかにそうですが、これは気にしていないと浮かばないもの。
普段から話題を見つけようとする行動が大切です。

エピソード

女性とどんな話をしたらいいか悩む男性は少なくありません。
そうした方に、私はこんなふうにお伝えします。
「自分がいかにモテないかを上手にエピソードにできたら、すごくモテるようになりますよ」と。

確かに自分のダメっぷりを伝えるのは、面白いかもしれない。
しかし、これができないから困っている。

投げ出したいこと

あなたも嫌になって投げ出したくなっていることはありませんか。
それをたくさん見つけられたら、とたんに話し上手、聞き上手になれますよ。

投げ出したいことなら、いろいろある。しかしその場では、なかなかでてこないもの。
普段から嫌なこともネタとして考えると面白いですね。

知らないこと

知らない話題だとうまく話せないというのは、会話についてある誤解をしているからです。
その誤解とは、自分も同じぐらいの知識を話さないといけない、というものです。

知識のある人は自分の知識を話したくなる。
そのため単純に相槌を打つだけで、勝手に話してくれます。
ただこっちにとって、興味のない話が多い。
そのため途中で適当な相槌か、「そろそろ終わって」というサインを出してしまう。

話題

話題は相手の中にあり。

自分が話題を探すより、相手が話したい話題を探す方が簡単です。

ねぎらいの言葉

ねぎらいの言葉は、あくまでも「...だったでしょう」と相手に向けて使ってください。
「暑いですね」ではねぎらいになりません。

改めて思い返すと、旅先での最初は「暑かったでしょう」と言われる。
最初に「暑いですね」だったら少し変な感じ。
そして日を過ごした後は、「暑いですね」の方が親しみを感じる。

挨拶

第一印象は、出会ってわずか10数秒で決まるといわれています。
人に会ったら、まず自分から挨拶しましょう。

簡単に出来る人には何故と思うかもしれないが、出来ない人には高いハードルがあることは理解して欲しい。

視線

たいていの人は優しい視線を送る相手を拒否できません。
少しぐらい拒絶的な態度をとる人であっても、視線を送り続ければ、無視し続けることはできないはず。
目と目が合ったら、できれば微笑んでゆっくり会釈してみましょう。

会話以前に必要なことがある。
ただし相手を見ることばかりに気がいくと、睨んでいるようになるので注意したい。

呪縛

「まずは話さなければ」という呪縛から自分を解放してあげることです。
その場の雰囲気は話し手だけではなく、全ての人々によって支えられていることを忘れないでください。

話さなければという気持ちが前面に出てしまうと焦ってしまい、周りはそれに気づき空気が乱れてしまう。
上手く入れないのなら、逆に聞くのに徹してのんびりしている方が自分の価値を高めるかもしれない。

イエスかノー

会話のスタートは「YES」「NO」で答えられる質問をしよう。

これだけでは分かりにくいので例を挙げてみる。
最初は、「今日は暑かったですね」や「急に雨が降ってきましたね」等になる。
このような会話から始まると相手は考える必要がないため、気軽に言葉を返してくれる。
しかし「そうですね」で返された時、続く言葉が無いと会話が終わるため注意したい。

以前の会話

以前聞いた話しを覚えていて、後日持ち出すと、人は喜んでくれるものです。
それだけ自分に関心をもってくれていると受け取るからでしょう。

当たり前ですが、会話は一度で終りではなく何度も繰り返される。
前回、仕事について相談を受けていたら、結果がどうなったかを聞くのがいいでしょう。
子供ついて話していたら、後日談を聞くと話して来るでしょう。
ただ相手が一方的に話して会話が終わるとしたら、それは自分にとって必要な会話ではないかもしれない。

スポンサーリンク

ポジティブ

最悪なのはポジティブを押し付けてくる人です。

まず相手が不安を話したいだけなのか、解決したいのかを読み取る必要がある。
こちらは話をしたいだけなのに、勝手に解決案を押し付けて来る人がいる。
また場合によってはダメ出しされる。
この時に自分がどのように感じたか、思い出しましょう。

感想

タイトル通り「会話を続けること」を目的に書かれているが、最終的には相手との良好な関係を築くことが目的となる。
また言葉自体も大切ですが、それ以上に「その言葉の伝え方」も大切になる。
話の技術を覚えることにより自分に余裕が生まれ、会話を楽しむことができる。
自分が「楽しい」と思える会話こそが、相手との良好な関係を築く方法。
その第一歩を踏み出すために、おすすめの一冊です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク