「伝え方が9割」の名言まとめました

「伝え方が9割(佐々木圭一)」より名言をまとめていきます。

同じことを言っても、上手くいく人といかない人がいる。
それはその人の魅力だけの問題ではない。伝え方によって、確率はかなり上がる。
なかなか結果が出ない人におすすめの一冊。

伝え方が9割

感謝

「ありがとう」と感謝するコトバに、人は否定をしにくくなります。
さらに名前を言われると、人は応えたくなります。

会社の領収書を落としてもらう事例が紹介されている。
「この領収書、おとせますか?」
「いつもありがとう、山田さん。この領収書、おとせますか?」
あなたが聞いている側として、どちらに好印象を持ったでしょうか?
おそらくは感謝と名前を呼んでいる、2番目の方が印象良く感じただろう。
成功するかは分からない。しかし印象を良くし、可能性を上げることが大切になる。

ギャップ

「考えるな、感じろ」
別に「感じろ」だけでも、同じ意味が伝わるのになぜ正反対の「考えるな」とあえて言っているのか?

伝わる力が違うことは、感じてもらえるだろう。
この言葉がなぜ力を持っているのか、正確には分からない。
しかし違うという事実は覚えておく必要がある。

法則

心を動かすコトバには、法則がある。

先程の言葉のように、感覚的な法則がある。
例えば、料理で砂糖を入れたほうが美味しいという事実を知っていれば、なぜ美味しくなるのか?は知らなくても問題はない。
この正反対の言葉を、前につけることで力が生まれるという事実が大切。

自由

どのコトバが教科書的に正しいか、という議論をこの本ではしません。
どのコトバが相手の心に響くかという1点に絞って話をすすめます。
そして、あなた自身コトバを敏感に肌で感じてほしいのです。
コトバはあなたが思っているより、もっと自由です。

学生から社会に出ると多くの人が、「丁寧に話さなければいけない」という気持ちが先走る。
そして本当に大切な、「会話をしている」という事実を忘れがち。
はじめは、「初々しい」などと多めに見てもらえる。
しかし次第に、「堅苦しい」になっていく。
くだけた話し方がいいわけではない
しかし相手ごとに、話し方を変えるぐらいの器用さは欲しい。

相手

大切なのは相手の文脈でつくることです。

相手に何か伝える時、「自分の話は相手にどのように伝わるか?」と多くの人が考える。
しかし、「相手は何を言って欲しいだろうか?」と考える人は少ない。
例えば、デートに誘う方法例が載っているので紹介します。
(悪い伝え方)「デートしてください」
直接的過ぎると、相手に絶対的な2択を迫るためOKが出しにくい。
(良い伝え方)「驚くほど旨いパスタの店があるんだけど、行かない?」
この話をする前に、相手はイタリアンが好きという前提が必要。
食事をするだけのイメージになり、ハードルが下がる。
もちろんこれで上手くいくとは限らない。
しかし相手がイエスというハードルを、下げることこそが必要になる。

決断

人は「決断」が得意ではないのです。
一方で、人は2つ選択肢があるときの「比較」が得意です。

これは実体験で分かるだろう。
多くの人は、「何が食べたい?」と聞くと、「なんでもいい」と答える。
そして魚料理を作った場合、「肉が食べたかった」と言うこともある。
「なんでもいいと言っていたけど?」と答えると、相手が文句を言い出す。
ここで比較を使うと、「今日はカレーとハンバーグどちらがいい?」となる。
この場合、相手はどちらかを答えて文句を言われることはない。
また意外と、2択を迫られると第3の案が出ることも多い。
そのため2択で聞く時は、別の案を言われるということも憶えておくとイライラが減る。
「何で聞く側がそれほど気を使わないといけない?」とは考えずに、あくまで心使いとして行っていきたい。

ふせん

ひと工夫のあるふせんを見ると、相手は好印象を持ちます。
なぜなら、ひと工夫をすることは「あなたが好きです」と伝えていることだからです。

伝え方は言葉だけではない。
確かに少し変わったふせんに、一言やイラストがあると嬉しいもの。
特に異性からなら、嬉しいのではないでしょうか?
ただし、「男→年上の男」の場合は、微妙なため注意が必要。

お笑い

有名人ほど笑えるのは、当然です。伝え方が上手なゆえに、有名になったのですから。

面白い考え方でしたのでピックアップしました。
一発屋などは別にして、常にテレビなどに出ている有名人は非常に面白い。
もちろん体を使って笑いを取る人は別だが、漫才や司会などをしてる人は安定して面白い。
定番のギャグでいつも笑ってしまうのは、定番だから笑うのではなく、面白いから定番になった、と捉えることが正しい。
ただ最近、笑いを強制している人や番組があるのは残念に思っている。

変化

コトバに高低差をつけてあげれば、エネルギーは生まれるのです。
例えば、「あなたが好き」より「嫌いになりたいのに、あなたが好き」のほうが高低差があります。

相手に強く伝える時のテクニックが書かれている。
ここに書かれているように、同じ意味でも感じ方が変わってくる。
言葉でも文章でもこのギャップを生み出すことが、相手に印象を残すテクニックになる。
次に何点か本書に乗っている参考を転記する。
「そうだ、京都、行こう」(最初の「そうだ」が大切)
「あ、小林製薬」(最初の「あ」が大切)
「これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ」(はじめに逆のことを言っている)
それぞれ少しのことで、非常に印象に残ります。言葉は作り出すもの。

最初の一言

どんなに長文が読まれないとしても、読み手は、出だしの1文だけは読んでくれる可能性が高いです。

最初の一言の重要性が書かれている。
確かに、最初にインパクトがあると興味を惹かれる。
読んだことのない作品でも、有名作などは最初の一文だけ知っているものもあるぐらい。
人に覚えてもらえるような、インパクトの有る「書き出し」を書きたい。

感想

本書には伝え方の方法と、なぜ伝わりやすいかの意味が細かく書かれている。
また例も非常に多く、すぐにでも応用できることも多数ある。
ただ多くの人が、「それは分かるけど自分には無理」と考えているかもしれない。
しかしそれは、相手との会話が上手くいかなかった過去のため、苦手意識を持っているだけではないでしょうか?
書いている全てとは言わない。一つでも実践して、苦手を克服していきたい。
話が苦手な人におすすめの一冊です。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク