「3分間コーチ(伊藤守)」の名言まとめました

「3分間コーチ(伊藤守)」より名言をまとめていきます。

3分間コーチ

実際の仕事は「人」が行っているものです。
そして、人は、計画したとおりに動くわけではないのです。

 

上司の、部下についての知識は偏りがちです。

 

大切なのは、事が起こってからコーチするのではなく、事が起こる前に、予測し、それをコーチすることです。

 

そこでは、特に話題を考える必要もありません。話題、すでに、そこにあるのですから。

 

優れた上司は、その人が来る前から、その人の「居場所」をつくっているのです。

 

どんな問題であっても、上司は、アドバイスしたり、代わりに問題を解決したりしないほうがいいのです。
そうではなくて、部下が問題や課題をどう扱うかをコーチします。

 

「何かあったら声をかけてくれ」とか「いつでも相談してくれ」というのは、親切そうに聞こえますが、あまりにも漠然としていて、部下は声をかける機会を見つけられません。

 

正解だけを求められるようになると、部下は萎縮してしまいます。
それでは、部下を育てることはできません。

 

部下はいつでも何でも、自分から話してくるわけではありません。
というより、そもそも部下というのは話さないものです。

(部下が)黙っていることには理由があるのです。

 

仕事の出来不出来とはまた別に、いっしょに仕事をしている仲間として承認する。

 

わたしたちの関心事とは、すべて自分に関することです。

 

変わらなければいけないのは上司なのです。上司が変われば、部下も自然に変わります。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました