3分間コーチ(伊藤守)より言葉と名言の紹介

3分間コーチ(伊藤守)

 いくら素晴らしい計画やアイデアでも、上手くいくとは限らない。

 

 その全ては人を見ていないことによる。

 

 全てのマネジャーが考えるべき、人との接し方を示したコーチングの書。

実際

 

 実際の仕事は「人」が行っているものです。
 そして、人は、計画したとおりに動くわけではないのです。

 企業などの組織を見ていると、経営方針や計画ばかりを優先しているように感じる。

 

 しかしその全てへは、「人」が行うという事実を知らないといけない。

 

 人は動かすものではなく、動いてもらうものなのです。

 

上司から見た部下

 

 上司の、部下についての知識は偏りがちです。

 この言葉の意味は、「上司は自分の一部しか見ていないから気を付けろ」ではありません。

 

 「上司は部下の一部しか見ていないようではダメだ」という意味になります。

 

 部下の全てを把握するのは不可能だが、部下の状態ぐらいは把握したいものだ。

 

事前予測

 

 大切なのは、事が起こってからコーチするのではなく、事が起こる前に、予測し、それをコーチすることです。

 世の中の上司のほとんどは、部下の失敗を怒ります。

 

 しかし上司にとって大切なのは、部下が失敗をしないように導くこと。

 

 失敗をフォローするのが、上司の仕事と勘違いされがちです。

 

 しかし本当に優秀な上司は、失敗をさせない人なのです。

 

話題

 

 そこでは、特に話題を考える必要もありません。
 話題、すでに、そこにあるのですから。

 部下とのコミュニケーションとして、何を話そうか悩んでいる上司がいます。

 

 しかしここでは話題を考える必要もないと書いている。なぜでしょうか?

 

 この答えは簡単です。部下は上司と私的な会話などしたくないからです。

 

 ではどんな会話を望んでいるか。言うまでもなく、仕事の話です。

 

 部下の仕事内容を把握していれば、その点を話題にすればいいだけなのです。

 

移動先

 

 優れた上司は、その人が来る前から、その人の「居場所」をつくっているのです。

 これは移動先の上司の心得になる。

 

 よく移動してきた人が、周りの人がバタバタしていたために放置されることがある。

 

 場合によれば席などの場所が確保されておらず、「その辺で」などの雑な扱いを受ける。

 

 しかしこれでは、来た人はいい気分のはずがない。

 

 日本的な風景ではあるが、これからの時代的には間違っていると言えるだろう。

 

コーチング要領

 

 どんな問題であっても、上司は、アドバイスしたり、代わりに問題を解決したりしないほうがいいのです。
 そうではなくて、部下が問題や課題をどう扱うかをコーチします。

 これが出来ている人は、ほとんどいないだろう。

 

 なぜなら手間がかかるからだ。

 

 答えを言うのは簡単です。そして相手もそれを望んでいる。

 

 しかしそれをしてしまうと、部下の能力アップは図れない。

 

 例え、時間がかかっても、失敗しそうになっても、見守り耐えることが必要なのです。

 

親切な言葉?

 

 「何かあったら声をかけてくれ」とか「いつでも相談してくれ」というのは、親切そうに聞こえますが、あまりにも漠然としていて、部下は声をかける機会を見つけられません。

 日本的な上司なら誰もが言いそうな言葉だが、ここでは全否定しています。

 

 「何かあったら」と言われたら、何も無い時には相談できない。

 

 「いつでも」と言われても、全てと考えて相談したら、よく嫌な顔をされるものだ。

 

 本書内では具体的な指示をすることが好ましいと考えている。

 

 それはもちろんだが、それ以上に「言い方」と「上司の態度」の方が、より大切となる。

 

正解と萎縮

 

 正解だけを求められるようになると、部下は萎縮してしまいます。
 それでは、部下を育てることはできません。

 よく自分の席まで部下を呼びつけ、しかも言葉一つにまで小言を言う上司がいる。

 

 こんな上司は論外ということですね。

 

 相手の間違いや使えないアイデアをどのように受け取るかが、上司の手腕となる。

 

話さない部下

 

 部下はいつでも何でも、自分から話してくるわけではありません。
 というより、そもそも部下というのは話さないものです。

 (部下が)黙っていることには理由があるのです。

 

 部下に対して、「報連相が出来ていない!」と怒る上司がいる。

 

 しかし部下から見ると、「報連相を聞いてくれない上司」なのかもしれない。

 

 部下の理由を取り除かないで怒るのは、自分の無能をさらしているだけになる。

 

仲間

 

 仕事の出来不出来とはまた別に、いっしょに仕事をしている仲間として承認する。

 上司と部下は上と下の関係ではありません。

 

 上司としての仕事、部下としての仕事をしてるだけの横の関係です。

 

 そのため部下の出来に関わらず、偉そうにする態度は全て間違いとなる。

 

 こんな当たり前のことを、分かっている人は意外と少ない。

 

関心事

 

 わたしたちの関心事とは、すべて自分に関することです。

 よく経営者は、社員が会社のことを考えないことを嘆いています。

 

 また上司は、部下が組織の効率化に興味を持たないことに不満を持っています。

 

 いくらそれを訴えても聞いてくれることは、少ないのは間違いないでしょう。

 

 しかしそれは当たり前のこと。

 

 もし会社が良くなることで自分の立場が良くなるなら、会社のことを考えるのでしょう。

 

 もし組織の効率化によって自分が楽を出来るなら、いくらでも効率化を考えるでしょう。

 

 しかし残念ながらそうはならないとしか思えない。

 

 この当たり前の結果を、先に示すことこそが必要となる。

 

上司

 

 変わらなければいけないのは上司なのです。上司が変われば、部下も自然に変わります。

 部下を嘆く前に、自分を嘆きたい。

 

 あなたは部下にとって、良い上司ですか?

感想

 

 マネジャー的な立場の人はもちろん、部下や後輩を1人でも持つ人にとって覚えておくべき内容が書かれています。

 

 また逆に部下や後輩の立場として、どのような上司や先輩が好ましいかの判斷にも役立ちます。

 

 本書に書いているのは、コミュニケーションの大切さ。

 

 そして本当の信頼が生まれるコミュニケーションとは、面白い話をすることではないこと。

 

 このような点について詳しく説明されている良書です。

 

 

ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ
伊藤 守
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 3,690

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事&スポンサーリンク


トップページ 分類リスト プロフィール お問い合わせ 管理人サイト