「1分で話せ」の名言まとめました

「1分で話せ(伊藤羊一)」より名言をまとめていきます。

あなたは説明やプレゼンが得意ですか?
この質問に「はい」と答える人は、ほとんどいないでしょう。
人に説明する時の方法とメカニズムが、よく分かる一冊です。

いらない話

95%くらいの方はいらない話を省けないばかりに、伝わらない状態でいます。
しかも、そのことに気づかない。

これは話すことが目的になり、本来伝えるべきことがおろそかになっている。
また説明することに必死になり、相手がどのように理解するかを考えていない。
必要なのは結論だけです。理由や原因は相手が聞いて来てから話せば良いのです。

相手の話

人は、相手の話の80%は聞いていない。

ずいぶん極端な断言ですね。
個人的には、人は相手の話の80%は記憶していないという風に解釈しています。
例えば、今日学校や会社で話したことを思い出して下さい。
聞いていることでも、ほとんど思い出せないはずです。
結局、それだけの話しだったということです。
自分の話だけ、覚えてもらえると勘違いしてませんか?

1分でまとめる

1分でまとまらない話は、結局何時間かけて話しても伝わらない。
どんな話でも「1分」で伝えることはできる。

話は長く話しても伝わらないということですね。
これは「1分で伝える努力をした話は伝わりやすい」という、解釈が出来ると考えています。

正しい話

正しいことを言って人が動くのであれば、苦労はしない。

正しい言葉を信じすぎる人がいます。
「自分は正しいことを言っているのに、相手が聞いてくれない」と、怒る人もいます。
しかしこれは順番が違います。正しいから動くのではなく、動く話が正しいのです。
子供に「勉強しなさい!」と言うだけの、母親のようになっていませんか?

聞き手の反応

聞き手のイメージができれば、その人たちの反応を想像しながら準備することができます。

説明でもプレゼンでも、全ては相手あってのことになります。
それなのに自分の方法ばかりに、気が向いている人が多いのが事実になります。
何を話すかより、相手がどう考えるかの方が大切なのです。

スポンサーリンク

プレゼンの目的

すべてのプレゼンは、ゴールを達成するためにあります。

プレゼンの目的を勘違いしている人がいます。
どうしても分かりやすい説明をしようとか、上手な説明をしようと考えがちになります。
しかしプレゼンの目的は、それを相手に採用してもらうことです。
関心されることでも、ほめられることでも無いのです。
あなたは相手に採用してもらうことを、本気で考えていますか?

結論は何ですか?

事例やデータをいくら重ねても、相手はこのデータや事実から、何を読み取ればいいのかまったくわかりません。

よく何かを言いに来た時、状況の説明をしたり、また言い訳をするばかりで、何を言いたいのか分からない人がいます。
特に新人などを相手にしている時に、このように言ったことは無いですか?
「それで何が言いたいのですか?」
聞き手に取って大切なのは結論です。
話し手の状況や言い訳など興味がないし、察するなど不可能なのです。

笑い

プレゼンの場では、笑いはいりません。ビジネスで「おもしろい」のは、ロジックです。

相手を引きつけるような笑いならいいですが、無理に入れる必要はないということ。
確かにダジャレが入ると、聞いてる方も困ります。
必要なのは「笑うおもしろさ」ではなく、「おもしろい考え方」と思われることですからね。

簡単な言葉

中学生が理解できるレベルの言葉しか使わない。

自分が知っている専門用語を使いたがる人がいます。
そしてそれを相手が知らない場合、バカにすることすらあります。
しかし説明してる人が相手の知らない言葉を使うのは、むしろ思慮のなさを恥じるべきです。
言葉を知ってることなど、何もすごくないのです。

キーワード

自分の伝いたいことを、一言のキーワードで表す。

この情報多可の時代では、人は文字を読まないと言われています。
せいぜい、見るだけがほとんどです。
そこから瞬間で理解出来るような、一言のキーワードは非常に重要です。
またキーワードを考えることで、自分が本当に伝えたいことも理解できそうですね。

出来ること

相手を動かすためにできることすべてをやる。
そう考えると、プレゼンの機会だけではなく、その前後の機会も有効に使うべきなのです。

ここではプレゼンとは別に、事前の根回しやアフターフォローについて書いている。
現代において「根回しは悪や卑怯」などのイメージが持たれています。
しかし根回しもアフターフォローも、善悪で語るものではなく、手段の一つに過ぎません。
金銭的なやり取りは論外だが、勉強の予習復習のように大切なことでもあるのです。

伝えたい言葉

「伝えたい言葉」が、あなたにはありますか。

プレゼンが言葉の羅列になることを、著者は強く諌めています。
そうなると全てが平坦になり、相手に伝わるはずなど無いのです。
気持ちが入り、自然に声が大きくなるような、そんな伝えたい言葉があなたのプレゼンにはありますか?

配慮と遠慮

配慮はしても、遠慮はするな。

これは上司に対する態度を現しています。
意見を言ったり、また反対するのは失礼ではありません。
失礼とは、相手をバカにしたような態度を取ることです。
敬う心と、自分の意見を言うことは両立するのです。

スポンサーリンク

練習あるのみ

練習することによってでしか、伝える力は上達しません。

あらゆるプロフェッショナルは事前の練習をするのに、プレゼンをする人で練習する人が少ないことを著者は指摘しています。
例えば、小学校の時に得意のスポーツでも、中学に入り部活で本格的にしている人には、ほとんど敵いません。
そんな当たり前の事実を、プレゼンや説明でも実行していきたい。

感想

本書を一言で言えば、良書です。プレゼンや説明をする人なら、必ず得るものがあるます。
また聞き手の立場としても、プレゼンを別の視点で見ることが出来るようになります。
プレゼンをする人はもちろんですが、意外と教師などにも参考になりそうな一冊です。

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術
伊藤 羊一
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 58

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク