「言ってはいけない(橘玲)」の名言まとめました

「言ってはいけない(橘玲)」より名言をまとめていきます。

言ってはいけない

ひとは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない。

 

だが「言ってはいけない」とされている残酷すぎる真実こそが、世の中をよくするために必要なのだ。

 

「知識社会」とは、知能の高い人間が知能の低い人間を搾取する社会のことなのだ。

 

その笑顔は必ずしも、内面をそのまま表しているわけではないのだ。

 

美形でも半分近くは不幸になり、ブサイクでも半分近くは幸福になれるのだ。

 

有名になりたいわけでも、世界を征服したいわけでもないんです。
そんな人生はまっぴらです。

 

男女同権で女性の社会進出が進んだことによって、人生の満足度も男性と同レベルまで下がってしまったのだ……

 

男女平等の社会をつくるためにこそ、男の子と女の子を別々に扱う必要があるのかもしれません。

 

子ども集団のルールが家庭でのしつけと衝突した場合、子どもが親のいうことをきくことはぜったいにない。

 

不愉快なものにこそ語るべき価値があると考えている。
きれいごとをいうひとは、いくらでもいるのだから。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
言ってはいけない 残酷すぎる真実

 

→悲しみの上に、人は輝く(青山俊董)
→人生の9割は逃げていい(井口晃)
→こう考えればもう少し(池谷直士)
→坐りませんか(板橋興宗)
→「いい人」をやめる7つの方法(緒方俊雄)
→ざんねんな努力(川下和彦)
→絶望名言(頭木弘樹)
→友だち幻想(菅野仁)
→嫌われる勇気(岸見一郎)
→幸せになる勇気(岸見一郎)
→反応しない練習(草薙龍瞬)
→いいかげんに生きる(心屋仁之助)
→女の子が生きていくときに(西原理恵子)
→人生ドラクエ化マニュアル(JUNZO)
→勇気は一瞬後悔は一生(0号室)
→頭のゴミを捨てれば脳は一(苫米地英人)
→トラウマが99%消える本(中島輝)
→気にしない練習(名取芳彦)
→あした死ぬかもよ?(ひすいこたろう)
→夢をかなえるゾウ(水野敬也)
→夢をかなえるゾウ2(水野敬也)
→夢をかなえるゾウ3(水野敬也)
→人生はニャンとかなる!(水野敬也)
→バカの壁(養老孟司)
→君たちはどう生きるか(吉野源三郎)
→原因と結果の法則(ジェームズ・アレン)
→ライフシフト(リンダ・グラットン)
→話を聞かない男地図が読めない女(ピーズ)
→FACTFULNESS(ロスリング)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました