「すぐやる! 行動力を高める科学的な方法(菅原洋平)」の名言まとめました

「すぐやる! 行動力を高める科学的な方法(菅原洋平)」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→インデックス
→Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー(外部リンク)

すぐやる!

はじめに

「すぐやらない」原因は、「性格」や「やる気」でしょうか。それは違います。脳が「すぐやる」モードになっていないだけです。

 

「やることをあと回しにするタイプ」「切羽詰まらないとやらないタイプ」などありません。

 

序章

課題をすぐに解決して高い成果をあげる人に、睡眠不足の人はいません。

 

1章

(テレビやスマホなど、別のものを)一度脳に見せてしまったら、もう逆らえない。

 

最初から「やってはいけないことは目にしない。脳に見せない」しか手はありません。

 

あなた自身を変えるのではなく、あなたの体を動かしている脳を変えることが大切です。

2章

「いつも最悪」と感じているときは、本当に最悪なわけではありません。今の自分と過去の自分を対比できていないだけなのです。

 

4章

言葉によって脳は動き出す。

 

5章

「すぐやる人」や「できる人」が、自らの体験から得た感覚をもとにして組み立てた言葉は、「すでにすぐやれている人」「できている人」にしか、本質的には伝わらない。

 

すぐやる人は、すぐやらずに先延ばしする人を理解できなくなってしまう。

 

(やればできるではなく)「ここまではできる」と到達点を具体的にすること。
現実にできていないことは脳に要求しない。

 

(SNSなど)他人の「できた」という「わざ言葉」に触れていると、周囲から「できた感じ」を突きつけられるので、それができていない自分は、どんどん動けなくなってしまいます。

 

おわりに

「行動」が変わることで、あなたは自分自身の人生の限られた時間を、より充実させることができるでしょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」「Audible」対象作品(2020年10月4日現在)

アマゾンリンク
すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました