「コンサル一年目が学ぶこと(大石哲之)」の名言まとめました

「コンサル一年目が学ぶこと(大石哲之)」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→インデックス
→Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー(外部リンク)

コンサル一年目が学ぶこと

第1章

(結論から言う)メリットは、やはり、物事がシンプルに明確になるということです。それにより、短い時間で相手に必要なことを伝えることができます。

 

会議は、結論から逆算して運営する。

 

質問に(言い訳せず)ストレートに答えることが、状況を明らかにする。

 

わかっているのに言わないというのは、個人の感情の関係では好ましい場合もありますが、仕事においては、逆に不誠実ととらえられることのほうが多いのです。

 

世界共通語があるとしたら、それは英語ではなく数字です。

 

感覚的に把握している問題を、実際に「数字」に落とし込み、「証拠」にすることで、人を納得させる。

 

意見は封殺されることがありますが、事実は封殺しようがありません。

 

お互いのそれ(国)を全部理解し合うのははじめから不可能です。だから、多国籍のチームで働くときは、合わせようとすること自体をしない。

 

論理さえ通っていれば、上の立場の人も耳を貸すが、曖昧なことを感情で説得しようとする若造は信頼しない。

 

自分では常識と思っていることでも、相手は何も知らないという前提で、ゼロから話す。

 

相手の期待を超え続けることがビジネスの基本。そのためにはまず、相手の期待の中身を把握する必要がある。

 

求められていないことに時間を使っても、クライアントからも上司からも評価はされない。

第2章

仮説をもつということは、現時点での結論をあらかじめ用意しておくということ。

 

ビジネス能力を向上させるのは、情報量ではなく、考えること。考えるとは、自分の意見をもつこと。

 

第3章

文章作成のすべては議事録書きから始まる。

 

どんなことでも、最終アウトプットから逆算して考えるクセをつけておく。

 

まず本ありきで、漠然と知識を積み上げるのではなく、まず目的ありきで、本を読む。

 

スピードの秘訣は、「余計なことをやらない」ことに尽きます。

 

第4章

がんばることにコミットしてはいけない。
仕事の成果に対してコミットすること。

 

リーダー1人でムーブメントをつくることはできない。どんな大きなムーブメントも、最初のフォロワーが重要となる。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年9月24日現在)

アマゾンリンク
コンサル一年目が学ぶこと

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました