「40歳でGAFAの部長に転職した僕が20代で学んだ仕事に対する考え方(寺澤伸洋)」の名言まとめました

「40歳でGAFAの部長に転職した僕が20代で学んだ仕事に対する考え方(寺澤伸洋)」の名言をまとめていきます。

40歳でGAFAの部長に転職した僕が20代で学んだ仕事に対する考え方

はじめに

「考えることを楽しいと感じることが仕事を始めるのに1番大事なことだ」

 

第1章

「何かを提供するときにはその提供先のことを考えること。ターゲティングが必要なんだよ」

 

「考えると思いつくは全然違うからね。思いつきで要素分解しても抜け漏れが圧倒的に多くなるよ」

 

「物事を深く考えるためには、視野を広げる、視座を高める、視点を増やすの3つのポイントがある」

 

「悩むっていうのは現状、もしくは将来を悲観して嘆くことなんだよ。すでに現状起こったことで悩むならまだしも、まだ起こってもいない将来のことに嘆くなんて時間の無駄だよ」

 

「知識や経験が豊富な人ほど引き出しが多いし、知識が無い人がセンスと思い付きでそれに勝るアイデアを出せるほどビジネスは甘くないよ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

第2章

「人に話が伝わらないのは、概して受け手側ではなく伝え手の問題であることが多い」

 

「大体分かるっていうのは、作った人側の考えだよ」

 

第3章

「会議っていうのは何かを決める場所なんだよ。決めた後の作業の進捗を確認するためだけにみんなを集めて拘束することにどれだけの意味があるんだろう?」

 

「目的によって行動が変わる。だから、何をするにもまずしっかりと目的を決定しないといけない」

 

「人に仕事を頼む時は、全体感を持ってもらうためにこれくらい詳細なところまで説明しないとね。全体感を持っている人からじゃないと、僕が思うアウトプットが出てこない」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年9月17日現在)

アマゾンリンク
40歳でGAFAの部長に転職した僕が20代で学んだ仕事に対する考え方

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました