「魔法のコンパス(西野亮廣)」の名言まとめました

「魔法のコンパス(西野亮廣)」の名言をまとめていきます。

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

はじめに

僕は芸人で、とにかく面白いことをしたい。それだけ。

 

1章

僕らの身の回りには「取りこぼし」がまだまだ間違いなく残っていて、世の中はもっと面白くなる。

 

超人を、超人たらしめるには、基準となる凡人の存在が必要不可欠。

 

とにもかくにも、この「問い」を持つ癖を身につけなければ、面白いことは何ひとつ始まらない。

 

人生を賭けるほどの「問い」を見つけるには、居心地の悪い場所に立つ必要がある、というか居心地の悪い場所に立ったほうが「問い」が見つかりやすい。

 

10点ぐらいの能力を60点に伸ばしたところで、プロの世界の60点は需要に繋がらない。需要が無ければ0点と一緒だ。

2章

好きなコトで生きていこうと考える人ほど、お金と真摯に向き合うべきだ。お金の正体を把握することで、「面白い」の選択肢が増えるから。

 

クリエイターの信用とは何か? 相手を楽しませることだ。

 

僕の場合、「努力する部分」というのは、「ここなら勝っている」という箇所。まずは、そこを見つけるところから始める。

 

3章

人は未体験のものに出会えた瞬間に感動するけれど、そのくせ、未体験のものには、あまりお金や時間を割こうとはしない。

時間やお金を割いて、その場に足を運ぶ動機は、いつだって「確認作業」で、つまりネタバレしているモノにしか反応していない。

 

自分の世界を表現してくれるチームの力を最大化する時に必要なのは、”スタッフそれぞれの作品にしてあげる”ということ。

 

物事を効率よく拡散させるには反対意見が必要。

 

空気なんて読めて当たり前。人が多いほうを選べばいいだけだから。ただ、「空気を読む」という行為が、正解か? となると、それは、また別次元の話。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年9月3日現在)

アマゾンリンク
魔法のコンパス 道なき道の歩き方

 

→革命のファンファーレ
→ドラことば(ドラえもん&のび太)
→なめらかなお金がめぐる社会(家入一真)
→Lily~日々のカケラ~(石田ゆり子)
→勝ち続ける意志力(梅原大吾)
→自分の中に毒を持て(岡本太郎)
→ひとまず、信じない(押井守)
→樹木希林 120の遺言
→群れるな(寺山修司)
→ゼロ(堀江貴文)
→多動力(堀江貴文)
→職業としての小説家(村上春樹)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました