「売れる営業がやっていること売れない営業がやらかしていること(松橋良紀)」の名言まとめました

「売れる営業がやっていること売れない営業がやらかしていること(松橋良紀)」の名言をまとめていきます。

売れる営業がやっていること売れない営業がやらかしていること

第1章

売れてない営業は、販売をしてしまっているのです。商品説明や機能説明をすれば売れると思っているから、売上が上がらないのです。

 

売れない営業は自分をけなし、売れる営業は自分をほめる。

 

誰もが自信にあふれた営業から買いたいのです。

 

売れない営業は言葉や話す内容だけを学び、売れる営業は声やジェスチャーを学ぶ。

 

売れない営業はお客様の言葉をすぐに信用し、売れる営業はお客様の言葉を信用しない。

 

売れない営業はフレンドリーなお客様を狙い、売れる営業は警戒心が強いお客様を狙う。

 

第2章

売れない営業は「お客様」と呼び、売れる営業はお客様の名前を呼ぶ。

 

売れない営業はしゃべり続け、売れる営業は沈黙を多用する。

 

質問は、反比例の法則が働きます。質問者の質問が長ければ長いほど、お客様の返事は短くなります。

 

第3章

売れない営業はメリットを伝え、売れる営業はベネフィットを伝える。

 

商品説明は手段であり、目的ではない。

 

第4章

「結果がすべて」の営業ですが、結果だけに一喜一憂せずに、淡々とやるべきプロセスを管理していくと、コンスタントな成果が生まれるものなのです。

 

意外かもしれませんが、60%の人は、マイナスをイメージできなければ行動に移せないのです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
「売れる営業」がやっていること 「売れない営業」がやらかしていること

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました