「科学的に元気になる方法集めました(堀田秀吾)」の名言まとめました

「科学的に元気になる方法集めました(堀田秀吾)」の名言をまとめていきます。

科学的に元気になる方法集めました

各界の一流たちが実践している「やる気スイッチ」の入れ方、それは「とにかくやり始める」こと。(リベット他、最新の科学の結論)

 

手足の動きは、表情よりもさらに優位に感情を動かす。楽しい動きをすると、楽しくなってくる。(エルサレム・ヘブライ大学アヴィーゼールらの研究)

 

動作に効果音(かけ声)を足すことで、効果や効率が増していく。(リヨン大学のラバヒらの研究)

 

胸を張って生活することで、「できる人」のオーラが自然と発せられるようになる。(南カリフォルニア大学ボーンズ、ウィルタームスの研究)

 

「ぼーっ」とすると脳は平常時の15倍働き、良いアイデアがわいてくる。(ワシントン大学レイクルらの研究)

 

時間を測り、「あと◯分!」とゴールを見ながら仕事をする。(ヒューストン大学ラッドらの研究)

 

能力の低い人ほど、自分の未熟さや他人のスキルの高さを正しく認識できない。そのため、自分を過大評価する傾向がある。

 

やけ酒をすると、イヤな記憶、イヤな気持ちがより定着してしまう。(東京大学大学院野村と松木の研究)

 

怒りの感情は、人やモノに当たっても解消できず、それどころかより激しい怒りが湧いてくる。(アイオワ大学ブッシュマンらの研究)

 

「減点法」で人を見ているとイライラが止まらなくなる。(エラスムル・ロッテルダム大学ヴァンディーレンドンクとスタムの研究)

 

(眠れない時には)一息20秒ほどの深呼吸をすることで、脳に「休んでいいんだぞ」という指令を送る。(東邦大学医学部麓らの研究)

 

勝負の直前に「不安」を書き出すことで、パフォーマンスがむしろ高まる。(シカゴ大学ラミレスらの研究)

 

朝起きたときに息が上がるくらいの運動をすることで、脳がベストな状態に覚醒する。(ハーバード大学レイティの研究)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」「Audible」対象作品(2020年7月24日現在)

アマゾンリンク
科学的に元気になる方法集めました

 

→人生の9割は逃げていい(井口晃)
→不況でもお金を生み出す(今井孝)
→「いい人」をやめる7つの方法(緒方俊雄)
→ざんねんな努力(川下和彦)
→絶望名言(頭木弘樹)
→友だち幻想(菅野仁)
→嫌われる勇気(岸見一郎)
→幸せになる勇気(岸見一郎)
→女の子が生きていくときに(西原理恵子)
→人生ドラクエ化マニュアル(JUNZO)
→アスリートの言葉(鈴木颯人)
→命令なしで人を動かす(鈴木颯人)
→ポジティブ・チェンジ(DaiGo)
→超筋トレが最強の(テストステロン)
→ストレスゼロの生き方(テストステロン)
→トラウマが99%消える本(中島輝)
→働くことがイヤな人のための本(中島義道)
→気にしない練習(名取芳彦)
→自己肯定感をあげる方法(根本裕幸)
→罪悪感が消えてなくなる本(根本裕幸)
→一瞬で人生を変える逆算思考(平岡俊晴)
→感情的にならない本(和田秀樹)
→原因と結果の法則(ジェームズ・アレン)
→鈍感な世界に生きる敏感な人たち(サン)
→仕事は楽しいかね?(ドーテン)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました