「脳を最適化すれば能力は2倍になる(樺沢紫苑)」の名言まとめました

「脳を最適化すれば能力は2倍になる(樺沢紫苑)」の名言をまとめていきます。

脳を最適化すれば能力は2倍になる

Chapter1

脳科学的に考えれば、「幸せは脳の中にある」と言えます。

 

「短期間で実現可能な目標」を立てて、その実現をくり返すことで、大きな目標を達成するほうが効率的です。

 

夢はありありとイメージできた瞬間、半分は現実に変わっているのです。

 

今の自分に満足し、「現状維持で大丈夫」と思った瞬間、ドーパミンが出なくなります。こうなると現状維持どころか、記録は悪くなっていきます。

 

難しいけれども、頑張ればクリアは可能。そうした「適度な課題」が設定されたとき、ドーパミンが最もたくさん分泌され、あなたのやる気も引き出されます。

 

あなたの「大きな飛躍」のためには、最初の「小さな一歩」が重要なのです。

 

ドーパミンはマンネリを嫌います。そして、「工夫」と「変化」を好みます。

 

「満足した生活」を得てしまうと、それ以上の目標設定や目標達成ができなくなり、ドーパミンが分泌されなくなる、つまり幸福感が得られないのです。

Chapter3

何もしない、ポーッとして過ごす。あるいは、ダラダラと過ごす。

一見時間の無駄のように思えますが、こうした「何もしない時間」というのは、アドレナリンをオフにするためには非常に重要です。

 

Chapter4

睡眠とそれに基づく健康を無視して、ビジネスでの成功などありえないのです。

しかしながら、睡眠について勉強している人は意外と少ないものです。多くの人は、睡眠を悪くする習慣ばかりを実行しています。

 

早起きに最も効果があるのは、早起きです。がんばって早起きをすることで体内時計がリセットされ、「早寝早起き」のサイクルが始まるのです。

 

Chapter5

やる気が出ないときは、やる気がわいてくるまで待つ人が多いですが、それは正しくありません。

むしろ、「やる気が出ないから、とりあえず始める」というのが、脳科学的には正しいモチベーションアップの方法です。

 

午前中は論理作業に向き、午後や夜は創造的作業に向く。

 

Chapter7

失敗に感謝する。「失敗から学べてよかった」と考えられる人は、成功へと大きく加速します。エンドルフィンを出すことができるからです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」「Audible」対象作品(2020年7月23日現在)

アマゾンリンク
脳を最適化すれば能力は2倍になる

 

→アウトプット大全
→モチベーション革命(尾原和啓)
→メモの魔力(前田裕二)
→1日30分を続けなさい!(古市幸雄)
→ゼロ秒思考(赤羽雄二)
→仮説思考(内田和成)
→すごい効率化(金川顕教)
→ずるい考え方(木村尚義)
→2020年6月30日にまたここで(瀧本哲史)
→君に友だちはいらない(瀧本哲史)
→僕は君たちに武器を配りたい(瀧本哲史)
→金持ち習慣 貧乏習慣(ayaka)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました