「人を操る禁断の文章術(メンタリストDaiGo)」の名言まとめました

「人を操る禁断の文章術(メンタリストDaiGo)」の名言をまとめていきます。

人を操る禁断の文章術

まえがき

文章はただ書くのではなく、読んだ相手の心を動かし、想像力を使ってもらうために書くのです。

 

文章とは、ただ書くものでも、読まれるだけのものでもありません。読み手を行動へと導いてこそ、初めて存在価値があるのです。

 

第1章

私たちは想像力のスイッチを”カチッ”と入れられると、あとは勝手に行動へと移してしまうのです。

 

目標は、文章化されることでより明確になり、達成しやすくなる。

 

人が言葉を失わないのと同じように文章は絶対になくなりません。

 

ありきたりで常識的な言い回しに、過剰で具体的な条件を表す言葉を組み込むと、その文章は名言に変わる。

 

第2章

書き方のポイントとなるのは、「自分が何を伝えたいか」ではなく、「この文章を読んだとき、相手にどんな行動をして欲しいか」で考えること。

 

文章を書くときに、あえて情報量を少なくすることで、読み手の想像力を利用することができるのです。

 

結局、心を動かすエンジンは相手の中にしかなく、文章はそのスイッチを押すための道具に過ぎません。

 

第3章

相手を誘導するには、相手の心に寄り添うことが最も大切なことなのです。

 

人は「自分の欲求と関連したことが書いてある」と気づいたら、すぐに目の前の文章を読もうとし始めるのです。

 

第4章

人間は、達成した課題よりも、達成されなかったことや中断されていることをよく覚えている。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」「Audible」対象作品(2020年7月18日現在)

アマゾンリンク
人を操る禁断の文章術

 

→ポジティブ・チェンジ
→メモの魔力(前田裕二)
→アウトプット大全(樺沢紫苑)
→仕事が速いのにミスしない人(飯野謙次)
→転職の思考法(北野唯我)
→エッセンシャル思考(マキューン)
→ゼロ秒思考(赤羽雄二)
→金持ち習慣 貧乏習慣(ayaka)
→1分で話せ(伊藤羊一)
→3分間コーチ(伊藤守)
→仮説思考(内田和成)
→すごい効率化(金川顕教)
→超スゴイ!文章術(金川顕教)
→ずるい考え方(木村尚義)
→広告コピーの本当の話をします(小霜和也)
→伝え方が9割(佐々木圭一)
→ブログ飯(染谷昌利)
→いい質問が人を動かす(谷原誠)
→なぜあなたの仕事は終わらない(中島聡)
→超一流の雑談力(安田正)
→外資系コンサルの知的生産術(山口周)
→うまくはやく書ける文章術(山口拓朗)
→ブログの成功技術(與五澤憲一)
→7つの習慣(コヴィー)
→アイデアのつくり方(ヤング)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました