「大富豪からの手紙(本田健)」の名言まとめました

「大富豪からの手紙(本田健)」の名言をまとめていきます。

大富豪からの手紙

第1の手紙

キミに、最初に言っておくことがある。「偶然というものは、この世に存在しない」

 

キミには、これからの人生で、「すべてのことには意味があって、自分を幸せにするために起こっている」という可能性を見てもらいたい。

 

第2の手紙

「成功に必要なことは、なんですか?」と聞かれることがよくあった。
私は、「決めることだ」と答えてきた。なぜなら「決断することなしには、何も動かない」からだ。

 

何も決断しない、行動しないことが、いちばんのリスクなのだよ。

 

「人生のすべてを一瞬で変えることはできない。だが、進む方向は、一瞬で変えることができる」(ある哲学者)

 

この世界は危険な場所ではなく、素晴らしいところなのだから、「心配していることの90%以上は、実際には起きない」んです。

第3の手紙

直感は、いつも「キミの幸せのため」に働いている。
理性ではよくわからないときでも、「心と体で得た直感に、人生をゆだねる勇気」を持つこと。

 

途中で失敗することも多いですが、そこから、積極的に進みさえすれば、何も動かないときより、はるかに進むことができます。

 

第4の手紙

いくら「決断」しても、「行動すること」なしにはその未来は近づいてこない。

 

第5の手紙

私は、「お金に邪魔されない人生」が最低限、大事だと思っている。お金は、それ自体では人を幸せにはしないけれど、お金がないことによる不便はいっぱいある。

 

「お金持ちであることを見せびらかしても、いいことは1つもない」んだよ。

 

残念ながら、お金とちゃんと向き合わないかぎり、お金持ちになるのは無理だ。今の世界は、「ただ、がんばるだけでは、お金持ちになれないようになっている」から。

 

「収入が増えたら、その分だけ、支出も増えるサイクル」にはまってしまう。一度、支出を増やしたら最後、簡単に生活レベルを下げられなくなってしまう。

 

「自分の器」を超えてお金を手に入れてしまうと、人は不幸になってしまうんだ。

 

「人生のチャンスというものは、遠くにあるのではなく、常に半径3メートル以内のところにある」んだよ。

第6の手紙

「仕事をしないでたくさんお金を得たとしてもね、本当の意味で、人は幸せを感じることはできない生き物」なんだ。

 

成功している人はね、みんな仕事が大好きだ。というよりも、「心から仕事が大好きだから、成功した」というのが正しい順番かもしれない。

 

「人間は、損をしないと、学べない」ものなんだよ。だから、最初の損を気にしていたら「お金持ち」にはなれないってことさ。

 

第7の手紙

結果的にうまくいった人でさえ、一生の7~8割は、苦労が続いて、不安や心配で寝られないような時間を過ごしている。

 

「成功のためには、失敗は必要だ」
「失敗のない成功は危険だ」とも言えるね。

 

これまでの人類のすべてのイノベーションは、大失敗から来ている。「失敗するということは、その前に、果敢に何かに挑戦した」ということだ。

 

成功し続けられる人は、「過剰なプラスが毒になる」と知っている人なんだよ。

 

第8の手紙

欲しいものをすべて手に入れられる人が、いったい世の中に、どれくらいいると思う? ほとんどいないと思うよ。

それなのに、「自分は不幸ではないけど、手に入らないものがあるから、幸せではない」と思ってしまっている。

 

幸せとはね、「現状に、どれだけ満足しているか?」ってことだろう?

 

「幸せはね、獲得したり、つかみ取るものではなく、感じるもの」なんだよ。

 

第9の手紙

人生を変えるのは、どんなときも「人」なんだ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Audible」対象作品。

アマゾンリンク
大富豪からの手紙

 

→ユダヤ人大富豪の教え
→お金の増やし方を教えてください(山崎元)
→敗者のゲーム(チャールズ・エリス)
→株で富を築くバフェットの法則
→ウォール街のランダム・ウォーカー
→バビロン大富豪の教え(クレイソン)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました