「ブログ飯(染谷昌利)」の名言まとめました

「ブログ飯(染谷昌利)」の名言をまとめていきます。

ブログ飯

はじめに

「飯が食えるブログ」って、どういうブログを言うのでしょうか? 答えは簡単です。
「たくさんのファンを、継続的に得ることができるブログ」、これに尽きます。

 

ネットは日進月歩の世界です。小手先の技術しか持たない人間は、結局、技術に溺れることになります。それでは、継続的にブログで飯を食うことはできません。

 

本書を読むうえで、頭の中に入れておいて欲しいことが3つあります。
「鵜呑みにしない」「人との違いが価値である」「すべて最初からやろうと思わない」

第二章

一番大事なのは、「文章を書くのが好き」かどうか。上手かどうかは問題ではありません。

 

何回かブログをやってみたけど、何度やっても数ヵ月で止まっちゃうんだよね……という原因は、目的がしっかりしていないからです。

 

一般人の日常に興味を持つような奇特な人はいません。「飯が食えるブログ」を作りたいのであれば、「自分好き」ではダメなのです。

 

文章力とは、専門的な内容を説明するのに、業界特有のフレーズを使わずに書く力です。

 

最初のうちはアクセス数をチェックするのはやめましょう。数字を気にしすぎると、ブログの内容が貧相になってきます。

 

普通のことを、普通じゃないくらい続ければ、それは異常です。異常値を超えて初めて、大きな結果がついてくるのです。

 

第三章

人は、自分との違いや差にこそ、興味を持つものです。

 

人と同じことをするということは、特にインターネット上では無価値です。

 

忘れてはならないのは、記事を読むのは検索エンジンなどのプログラムではなく、人間だということです。

 

ライバルは他のブログだけではないのです。

 

経験したことは、いつか必ずネタとして、「飯が食えるブログ」の力になります。日常のあらゆることがあなたの力になるのです。

 

第四章

アクセスカウンターで表示される1PVは、ただの数字ではありません。その数字の向こうには、この世界に存在する「人」がいるのです。

 

人は自分の知っていることに対して、お金を使うことはありません。

興味はあるけど知らない情報、感動や喜び、満足を与えてくれる(くれそうな)ものに対して、その対価として、人はお金を払います。

 

ブルーオーシャンなんてものは、「今」「この世界」には存在しないもの。「これから」「あなたが」「新しく」「創りだして」いく市場こそがブルーオーシャンです。

そのブルーオーシャンを創り出すまでは、血みどろのレッドオーシャンを生き抜いていく必要があるということを忘れてはいけません。

 

第六章

捨てる、諦めるというと悪いイメージを持つ人も多いと思いますが、捨てるから、諦めるからこそ新たな物事に踏み出せる。

 

何か1つ成果が出るまでチャレンジし続ける人間だけが、分野で生き残っていけるのです。1つや2つのチャレンジがうまくいかなくても諦めずに、しつこく失敗し続けてください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

→メモの魔力(前田裕二)
→2020年6月30日にまたここで(瀧本哲史)
→アウトプット大全(樺沢紫苑)
→仕事が速いのにミスしない人(飯野謙次)
→転職の思考法(北野唯我)
→エッセンシャル思考(マキューン)
→ゼロ秒思考(赤羽雄二)
→金持ち習慣 貧乏習慣(ayaka)
→1分で話せ(伊藤羊一)
→3分間コーチ(伊藤守)
→すごい効率化(金川顕教)
→超スゴイ!文章術(金川顕教)
→ずるい考え方(木村尚義)
→広告コピーの本当の話をします(小霜和也)
→伝え方が9割(佐々木圭一)
→いい質問が人を動かす(谷原誠)
→なぜあなたの仕事は終わらない(中島聡)
→超一流の雑談力(安田正)
→うまくはやく書ける文章術(山口拓朗)
→ブログの成功技術(與五澤憲一)
→7つの習慣(コヴィー)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました