「世界がもし100人の村だったら(池田香代子)」の名言まとめました

「世界がもし100人の村だったら(池田香代子)」の名言をまとめていきます。
(2001年版を使用しています)

世界がもし100人の村だったら

いろいろな人がいるこの村では、あなたと違う人を理解すること、相手をあるがままに受け入れること、そしてなによりそういうことを知ることがとても大切です。

 

村に住む人びとの100人のうち、20人は栄養がじゅうぶんではなく、1人は死にそうなほどです。でも15人は太り過ぎです。

 

75人は食べ物の蓄えがあり、雨露をしのぐところがあります。でも、あとの25人はそうではありません。17人は、きれいで安全な水を飲めません。

 

銀行に預金があり、財布にお金があり、家のどこかに小銭が転がっている人は、いちばん豊かな8人のうちの1人です。

 

村人のうち、1人が大学の教育を受け、2人がコンピューターをもっています。けれど、14人は文字が読めません。

 

もしあなたが、いやがらせや逮捕や拷問や死を恐れずに信仰や信条、良心に従ってなにかをし、ものが言えるなら、そうでない48人より恵まれています。

 

もしもこのメールを読めたなら、この瞬間、あなたの幸せは2倍にも3倍にもなります。

なぜならあなたには、あなたのことを思ってこれを送った誰かがいるだけでなく、文字も読めるからです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
世界がもし100人の村だったら

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました