「超スゴイ!文章術(金川顕教)」の名言まとめました

「人もお金も動かす超スゴイ!文章術(金川顕教)」の名言をまとめていきます。

超スゴイ!文章術

はじめに

文章には人の心を動かす力があり、人の心を動かせる文章こそが本当の「いい文章」である。

 

いい文章とは、読み手が読みたい文章のことである。

 

第1章

セルフ・ブランディングの環境は完全に整っています。あとは、やるか、やらないかだけなのです。

 

同じ時間と労力をかけるなら、その成果はその場で消費されるだけではなく、どんどんストックされたほうが間違いなく効率がいい。

第2章

「第1行目の最大の目的は第2行目を読ませること。第2行目の最大の目的は第3行目以降を読ませること」(ジョセフ・シュガーマン)

 

自分が読者だったら「続きが読みたくなるか」を意識して、1行目を買いてみよう。

 

本当に難しいのは、メッセージの質を保ったまま、簡単な言葉に置き換えることです。

 

文章を書く前に、「誰のために?」「何のために?」を確認する。

 

抽象論で伝えたいことの骨格を教え、それを具体的なエピソードで補完していく。

 

慣れないうちは、接続詞をどんどん使おう。慣れてきたら、読者を混乱させない程度に接続詞を減らしていこう。

 

第3章

「何から書こう」と悩みだしたら、とりあえず「あなたは」と書いてしまう。するとアイデアがいろいろ湧いてきます。

 

「今回はこの層(読者)でいく!」と決め打ちすることは、逆に言えば「今回は他の層を捨てる」ということです。

 

いくらいいコンテンツを提供したところで書き手が人間的に好かれないと本当の意味でのファンは作れないし、少なくとも関係性を持続できない。

 

第5章

人は具体的にイメージできないもので心が動くことはありません。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
人もお金も動かす 超スゴイ! 文章術

 

→すごい効率化
→メモの魔力(前田裕二)
→2020年6月30日にまたここで(瀧本哲史)
→アウトプット大全(樺沢紫苑)
→仕事が速いのにミスしない人(飯野謙次)
→転職の思考法(北野唯我)
→エッセンシャル思考(マキューン)
→ゼロ秒思考(赤羽雄二)
→金持ち習慣 貧乏習慣(ayaka)
→1分で話せ(伊藤羊一)
→3分間コーチ(伊藤守)
→ずるい考え方(木村尚義)
→広告コピーの本当の話をします(小霜和也)
→伝え方が9割(佐々木圭一)
→いい質問が人を動かす(谷原誠)
→なぜあなたの仕事は終わらない(中島聡)
→超一流の雑談力(安田正)
→うまくはやく書ける文章術(山口拓朗)
→ブログの成功技術(與五澤憲一)
→7つの習慣(コヴィー)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました