「ずるい考え方(木村尚義)」の名言まとめました

「ずるい考え方(木村尚義)」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→本の名言インデックス
→アマゾン「kindle unlimited」のメリットとは?

ずるい考え方

第1章

当たり前だと思われている前提を疑ってみることで、問題が一気に解決するケースもある。

 

ラテラルシンキングでは、ロジカルシンキングと違って、「唯一の正解」がありません。だから、ラテラルシンキング的立場では、どの答えも間違いではないのです。

 

わたしたちは、ベストの答えをひとつだけ選ぶことに「慣らされて」います。

 

(ロジカルシンキング一辺倒になってしまうと)自説が正しいと信じて、他の考えをすべて否定するようになってしまう。

本来なら共存できるはずなのに、ひとつの考え方以外を認めなくなってしまう。

 

ルールや固定観念は、便利な反面、やっかいな面もあります。新しいことを始めようとするときには、まったくあてにならない。

 

今の時代、変化のスピードは驚くほど速くなっています。
今日「常識」だったことが、明日には「非常識」になってしまうことも珍しくありません。

 

誰でもできることなのに、言わなければ気が付かない。
これこそが、楽に成功を引き寄せる「ずるい考え方」なのです。

 

第2章

「偶然」とは、何か特別なことが起きた瞬間ではなく、日常の出来事の中からすくいとるものなのです。

 

第3章

面倒なことを、なぜ面倒だと思うのか? それは、「自分」がやらなくてはならないからです。

だとすれば、それを他の人にやってもらえばいいのです。

 

目的を達成するために、いかに楽をするか。
この発想こそが、ラテラルシンキングの神髄なのです。

 

第6章

大事なのは、「最終的にどうなっていればいいのか」という視点で発想すること。

 

第7章

ラテラルシンキングにとって、「ムダ」は必要不可欠なものです。

 

第8章

どうすれば欠点を生かすことができるか。普段から、常に気に留めておくようにしましょう。そうすれば、いざというときに、デメリットをメリットに読み換える知恵が働くようになる。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Kindle Unlimited」対象作品(2020年7月12日現在)

スポンサーリンク
→オーディオブックならAmazonオーディブル
 
アマゾンリンク
ずるい考え方

 

→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました