「メモの魔力(前田裕二)」の名言まとめました

「メモの魔力(前田裕二)」の名言をまとめていきます。

メモの魔力

序章

「魔法の杖なんてない」と言われる世知辛い社会において、メモこそが自分の人生を大きく変革した「魔法の杖」であると直感している。

 

自分のことがわかっていると、明確な価値観や死生観に沿って、正しい方向に向かってオールを漕いでいくことができます。

 

第一章

なぜここまで狂ったようにメモをとるのか。
この残酷なまでに時間が限られている人生という旅の中で、「より本質的なことに少しでも多くの時間を割くため」です。

 

メモは、情報伝達ではなく、知的生産に使ってこそ初めて本領が発揮される。

 

メモは果たして、どれくらいとればいいのか。結論から感覚値で述べると、「すごくたくさん」です。

 

量が質を生むというのは、いつの時代も、どのジャンルにおいても、大体の場合において誰も覆すことのできない真理です。

 

メモの本質は「振り返り」にあります。

「ファクト」を「抽象化」して、それをどういう風に自分に「転用」してアクションするのか? そこまで導き出して初めて、メモとしての意味が出てくるのです。

第二章

何かを一言で表すのには、相当な抽象化能力が必要になります。

一言で的確に表現されているレビューや言説を見たとき、それが短く端的であるほど、裏側にある膨大な抽象化思考量を想像して、畏怖の念を覚えます。

 

この情報の時代に、あらゆる原液の前を素通りしてしまうことは、とても機会損失が大きなことだと思います。

 

どれだけ海外に行こうが、宇宙に行こうが、解きたくてたまらない具体的な課題が自分の中にないと、特に抽象化するモチベーションはあまり湧かないでしょう。

 

危機感を覚えず、思考を深めなければ、ここでせっかく生まれた意識の芽は、その後自分を成長させることのないまま、また、人に伝わることのないまま、ただ忘れ去られていくでしょう。

 

第三章

最終的には「自分は何をやりたいのか?」という問いに行き着きます。

自分を知り、自分の望みを知らないまま、どんなビジネス書を読んでも、どんなセミナーに行っても、まず何も変わらないでしょう。

 

人生を組織に委ねることで生きていけた時代も、終焉を迎えつつあります。

「個」として戦う上で必要な基本姿勢やスキルを身につけていないと、気づけば時代に取り残されてしまう。

 

経験していないこと、知らないことは、「やりたい」と思うことさえできないのです。

 

人生の軸が定まっていることは大きいです。
自分を深く知っていれば、自分にまつわる意思決定の場面において、ほとんど迷わなくなります。

 

第四章

ただぼんやりと思うのではなく、逃げずに言語化する。そして、きちんと目に見えるくらいはっきりと映像化する。それが夢をかなえるための、効果的な方法なのかなと思います。

 

第五章

勝負は、書くか書かないか。もはやこれは、テクニックの問題ではなく、自分の人生とどれだけ真剣に向き合うかという、「生き方」の問題なのです。

 

心からモチベーションが湧く努力の対象を見つけて、結果を出す。
まずは卑近な、自分の心から欲する欲望に目を向けてみましょう。

 

終章

ペンをとれ。メモをしろ。そして人生を、世界を変えよう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「アマゾン Audible」対象作品。

アマゾンリンク
メモの魔力

 

→モチベーション革命(尾原和啓)
→アウトプット大全(樺沢紫苑)
→脳を最適化すれば能力は2倍(樺沢紫苑)
→1日30分を続けなさい!(古市幸雄)
→ゼロ秒思考(赤羽雄二)
→仮説思考(内田和成)
→すごい効率化(金川顕教)
→ずるい考え方(木村尚義)
→2020年6月30日にまたここで(瀧本哲史)
→君に友だちはいらない(瀧本哲史)
→僕は君たちに武器を配りたい(瀧本哲史)
→金持ち習慣 貧乏習慣(ayaka)
→インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自己啓発・雑学
関連記事&スポンサーリンク
本の名言サイト
タイトルとURLをコピーしました